Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★もしもカワサキNinja H2がネイキッドバイクになったら?

綺麗に作られた「もしもH2がネイキッドバイクになったら?」というコンセプトをご紹介します。せっかくならスーパーチャージャーが見える車体左側をどうデザインしたのか見たかった気もしますが、H2のネイキッド版というのは確かに登場して欲しい1台です。そ…

★カワサキNinja H2カーボン アメリカ市場では僅か6台のみが購入可能

カワサキNinja H2の限定バージョンであるNinja H2カーボンは世界限定120台、アメリカ市場では僅か6台のみが購入可能となるようです。しかも先着予約順とのことですが、予約当日にサイトが落ちたりしないのか心配になりますね。 カワサキの2017年型Ninja H2ス…

★カワサキNinja H2カーボン UK市場では既に完売

Ninja H2のアップデートバージョンとして登場したNinja H2カーボンが、イギリス市場では既に完売したとのことです。性能を考えるとたしかにお買い得ですが、バイクの値段として考えると非常に高価なわけですが、これを待ち望んでいたライダーがそれだけいる…

★カワサキ 人工知能プロジェクト「Rideology」に関するビデオを公開

夏にちょっとした話題となったカワサキの人工知能「Rideology」ですが、カワサキからこれがどのように機能するのか?という事を示唆するビデオがリリースされました。走行中の周辺状況に関する注意喚起、メール受信通知などに加えて、ブレーキやサスペンショ…

★カワサキ ヴェルシスX300を発表

カワサキからヴェルシスX300というバイクが登場しました。最初からツーリングを意識したアーバン、アドベンチャーという2つのパッケージが存在します。気取らない旅バイクとして人気が出そうです。 カワサキは新しいヴェルシスの一員となる296ccのパラレルツ…

★Imbarcadero 14 カワサキZ1カスタム

日本でもZ1のカスタムは数多くありますが、セパハンとシングルシートを組み合わせてカフェレーサースタイルに仕上げた車両というのは、かなり珍しいのではないでしょうか。イタリアのImbarcadero 14のカスタムZ1は、ライジングサンと美しいキャンディメタリ…

★SLYFOX CUSTOMS KZ440カフェレーサー

有名ショップのカスタムに比べると細かい仕上がりの質感が低いですが、全体的にセンス良くまとまったカスタムバイクです。このKZ440というバイク、日本ではZ400LTDの輸出仕様の440cc版として知られているようですね。この車両のカスタムエキゾーストは見た感…

★カワサキ Z1000Rを発表

カワサキからZ1000Rというモデルが登場します。Z1000にハイスペックのブレーキ、サスペンションを装備したモデルで、後付でカスタムしていくことを考えるとお得なモデルになるかもしれませんね。 カワサキはRバージョンのZ1000を発表した。ハイスペックのブ…

★カワサキ 2017年型Z1000SX(ニンジャ1000)を発表

カワサキのZ1000SX(ニンジャ1000)は2017年モデルとなって慣性計測ユニット(IMU)を装備、LEDライトなど全体的にアップデートされました。2017年に搭乗する新車は、もはや慣性計測ユニットの装備がトレンドという感じですね。 カワサキはZ1000SXの2017年モ…

★カワサキ 2017年型Z900/Z600の写真を公開

カワサキの2017年型Z900とZ650の詳細がEICMAの前に明らかになりました。実車はEICMAで発表されると思われますが、前倒しで内容が出て来るというのも面白いですね。 (Z900) 今週インターモトで新型車両を登場させたあと、カワサキは来月のミラノショーに先…

★カワサキ 2017年モデルとしてZX-10RRを発表

カワサキからはZX-10Rのホモロゲ版とも言えるZX-10RRが登場しました。レース用のシリンダーヘッド、マルケジーニホイール、ブレンボのM50モノブロックキャリパー、慣性計測装置などなど盛りだくさんです。価格はまだ発表されていませんが、これだけのレース…

★カワサキ 2017年型ニンジャH2(Ninja H2)、ニンジャH2(Ninja H2)カーボンを発表

インターモトで発表となるバイク達の情報が出てきました。管理人が気になった順にご紹介していきます。まずはカワサキのニンジャH2(Ninja H2)、ニンジャH2R(Ninja H2 R)6軸の慣性計測ユニットを装備し、さらにH2には限定120台のカーボンバージョンが登場…

★カワサキ ZX-10R 2017年モデルに新色を追加

カワサキのZX-10Rに新色が加わるとのこと。と言っても欧州モデルのカラーリング変更ですので、日本に入ってくるZX-10Rにもこのカラーリングが適応されるかどうかは現時点では不明です。どことなくTRICK STARのH2Rのカラーリングに近いような気もしますね。 …

★ケナン・ソフォーグル カワサキNinja H2R(ニンジャH2R)でバーンナウト

トルコ出身のケナン・ソフォーグル選手が自らのfacebookのタイムラインに公開した動画が話題となっています。彼は以前もカワサキNinja H2R(ニンジャH2R)で時速400km/hを記録した事で話題となりましたが、今度は街中で夜間にバーンナウトしながら走行してお…

★ケナン・ソフォーグル カワサキNinja H2R(ニンジャH2R)で時速400km/hを記録

少し前のニュースですが、スーパースポーツ世界選手権で活躍するトルコ人ライダーのケナン・ソフォーグルが、登場時から多くのライダーの度肝を抜いたカワサキのNinja H2Rで公道の最高速記録として400km/hを記録しました。サクッと達成したように思いがちで…

★MotoGP2016 ユージン・ラバティ「WSBKも考えている。」

サテライトチームながら素晴らしい走りが目立つユージン・ラバティ選手。当然Ducatiで走るのであれば最新のバイクでというのが希望するところでしょうが、果たして来年はWSBKに行ってしまうのでしょうか? 2017年のMotoGPクラスのファクトリーシートのライン…

★MRS Oficina カワサキVULCAN S(バルカンS)カフェレーサー

非常に美しいカワサキ バルカンS ABSカフェのカスタム車両をご紹介します。ベースマシンがバルカンSというのは一瞬信じがたい車両ですが、エンジンとスイングアーム、フレームの一部を残した大改造を施したことで、軽やかなカフェレーサーに仕上がっています…

★第43回東京モーターサイクルショー「トライアンフ、ホンダ、カワサキ、ヨシムラ」

東京モーターサイクルショーで撮影してきた写真の最後のエントリーです。トライアンフブースは管理人個人的にも新しいスラクストンやボンネビルを見たかったのですが、足を運んだブースの中でも最も「カッコイイ!」というお客さんの声が多かったように思い…

★カワサキ ZX-10Rのステアリングダンパーマウンティングボルトのリコールを報告

カワサキの2016年型ZX-10Rにリコールです。内容はステアリングダンパーのマウンティングボルトの締め付けトルクが過大なため、使用を続けるとマウンティングボルトが破損するというもの。マウンティングボルトが破損する締め付けトルクって一体どれくらいな…

★MotoGP2016 フィリップ・アイランドでのテストで起こり得ること

現在テストが行われているフィリップアイランドでのテストの内容に関する予想、各チームごとの課題をMoto mattersのDavid Emmettさんがまとめていますのでご紹介。現時点では残り1時間30という状況でマルケス選手がぶっちぎりのタイムを記録。そしてペドロサ…

★カワサキ2016年型 ZX-10R開発者インタビュー

新型のZX-10Rに関する詳細な解説記事&開発者である松田さんのインタビューがありましたのでご紹介します。ライバル車両との比較、どのような部分がライバル車両はダメなのか?という点が非常に気になりますが、残念ながらその部分はオフレコだったようです…

★「気になるバイクニュース。」年間アクセストップ10 2015年第10位〜第5位

2015年も「気になるバイクニュース。」にご訪問いただきありがとうございました。2015年は現時点でこの記事を含めて780記事を投稿したことになりますが、せっかくなので2015年度の年間アクセストップ10記事の振り返りなんぞしたら面白いかなと思いまとめてみ…

★カワサキ アメリカで総額200万ドルのレース報奨金制度を2016年に開始

2015年、2016年モデルの該当車種を登録してレース結果の報告を行なうと報奨金が出る。というキャンペーンをカワサキがアメリカで2016年に行います。登録には車体番号、個人の社会保障番号(日本でいうマイナンバーみたいなもの)などが必要とのことですが総…

★カワサキ 2015年上半期UK市場の登録台数トップ10

先日はUK市場の上半期(1-6月)でスズキのどのモデルが最も登録されているのか?というトップ10の記事をお伝えしましたが、今回はカワサキです。ABSモデルはあまり選ばれていないのでは?という考察もありますが、確かに安全のためとは言え、価格が例えば£40…

★東京モーターショー カワサキブースギャラリー

遅ればせながら管理人も、第44回東京モーターショーに行ってきました。各ブースで写真を撮ってきましたのでアップしておきます。なお、興味があるブースでしか撮影を行っていないので悪しからず。 カワサキブースではやはり注目は新型のZX-10Rなわけですが、…

★カワサキ コンセプトスケッチを東京モーターショーで展示

米国特許商標庁にニンジャR2(Ninja R2)というものが登録されたというニュースはありましたが、650ccバージョンのスーパーチャージドエンジンのバイクが出てくるというのは、今の段階では信憑性を判断する情報がなさすぎるかなと思います。ニンジャS2(Ninja …

★カワサキからZ125が登場

本当に発売されるか謎でしたが、カワサキからホンダGromの対抗馬として、Z125が正式に発売されるようです。倒立フォーク装備、多めの燃料タンク容量など、思いっきりGromを意識したと思われる作りです。 カワサキはアジア市場向けの新型125ccバイクとしてZ12…

★Ninja H2(ニンジャH2) 2016年は新カラーリングを纏って登場

2016年モデルのNinja H2(ニンジャH2)には、新しいカラーリングが適用となるようです。そのカラー名はミラーコーテッド・スパークブラックとなるそうで、これまた表面に特殊な処理がされていそうな感じがします。下記の紹介ビデオでは、昨年秋の衝撃の登場か…

★カワサキ 北米のHQ(本社)を移転

一般ライダーレベルであれば、どこのブランドの本社機能がどこにあるとかはあまり意識しないものだと思いますが、カワサキの北米オフィスが50周年を機に移転するようですね。 カワサキ・モーターコーポレーションUSAは北米のHQ(本社)を移転する事を発表し…

★カワサキからZ125が登場するかも。

情報のソースとして非常に怪しいですが、カワサキからZ125というバイクが出るのかもしれません。確定した情報は何も無いのでツリである可能性もありますが、東京モーターショーでサプライズ的に展示されるとしたら嬉しいニュースですね。管理人も東京モータ…

★207馬力の2016年型 ZX-10R 写真ギャラリー

先にお伝えした記事では馬力や価格が明らかになっていませんでしたが、どうやら価格は通常版で$15,999、KRTエディションと呼ばれるグラフィックモデルで$16,299となり、エンジンはラムエア発生時に207馬力となるようです。しかしZX-10Rも初代の獰猛でいい感…

★カワサキから2016年型ZX-10Rが登場

2016年型のZX-10Rが遂に登場しました。一見しただけだとあまり変わった印象はありませんが、シャーシからエンジン、足回りまで新作となるそうです。今までの10Rがモデルチェンジのたびに全く別のバイクに変身していた事を考えると、WSBKで勝利したことでスー…

★カワサキ 2016年型ZX-10Rを10月に発表の見通し

いよいよカワサキの新型ZX-10Rが発表となります。WSBKからのフィードバックをダイレクトに受けたモデルとなるようで、セミアクティブサスペンション、各種最新の電子制御が搭載されると予想されていますが、カワサキだけに一番気になるのはそのエンジンパワ…

★Holographic Hammer ZX-10Rスクランブラー

スーパースポーツをオフロードモデルにというのは、相当に無理な気もしますが、この記事でも触れているように、過去にはパニガーレをダートバイクに無理やり魔改造したバイクもありました。スクランブラーくらいに改造するのであればアリかもしれませんね。 …

★カワサキ 新型ZX-10Rの開発の方向性は?

新型ZX-10Rに関する検証記事ですが、内容としては先進的な電子制御の搭載と新型エンジンというごくありきたりな推測記事です。ヤマハのYZF-R1が今までの次元を超えたバイクを作ってしまったために追随する各メーカーは大変でしょうね。電子制御技術を考えた…

★カワサキ 新型ZX-10Rを2016年に発表

カワサキから新型のZX-10Rが登場します。9Rから大きく進化した暴れん坊の初期型から迷走期間が長かった10Rも、気づけばスーパーバイクのチャンピオンマシンですね。恐らくは11月のEICMAで、通常モデルとホモロゲモデルの2種類が発表になるんじゃないでしょう…

★Ninja(ニンジャ)H2R マン島で331km/hを記録

先日ご紹介したニンジャH2Rのマン島でのデモランの話題ですが、最高速度はなんと331km/hを記録したとのこと。走行動画もいくつか上がっていますが、音量は他のTTマシンに比べても相当煩いように感じます。そう言えばマン島TTは今後の開催におけるプロモータ…

★Ninja H2R(ニンジャH2R)マン島TTのパレードランに出場

H2Rをマン島で走らせるのは結構恐いんじゃないかなと思います。エスケープゾーンなしの公道であるマン島TTを走る事自体が恐ろしいことでありますが、通常のレーサーに比べたらツアラーと言えるくらい重いバイクでしょうし、ブレーキの効きとかどうなのかなと…

★Ninja H2R(ニンジャH2R)VS ブガッティ・ヴェイロン その勝負の行方は?

まさに化け物同士の戦いと言える企画の動画が公開されました。カワサキのニンジャH2Rと1/2マイルを勝負するのはマクラーレンMP4-12C、ブカッティ・ヴェイロン、1350馬力までチューンされたGT-Rの3台。まさかヴェイロンと戦えるバイクが登場するとは、誰が思…

★カワサキ ニンジャ250SLレビュー

ニンジャ250SLは、このクラスのバイクの中では作りが丁寧なように見受けられますね。写真写りが良いだけかもしれませんが、安っぽさがあまり感じられないと思います。特にネイキッドバージョンのZ250SLは、無駄の無い作りで良いですね。 昨年アジア市場でデ…

★Ninja H2R(ニンジャH2R)ロサイルサーキットでの試乗レビュー

カワサキのNinja H2R、Ninja H2の試乗がロサイルで開催されていました。各国のジャーナリストによる興奮の試乗レポートがいくつか出ていますのでご紹介。 しかし、170db/326馬力って一体どんな世界なんでしょうかね。。 カワサキが発表したNinja(ニンジャ)…

★カワサキ 米国特許商標庁にニンジャR2(Ninja R2)を登録

カワサキがニンジャR2(Ninja R2)という名称を登録したそうです。これが一体何を意味するのか?Rが何を意味するのかにもよりますが、Rといったらだいたいレーサーにつける頭文字ですが、ラインナップ的に考えるとZ1000のようなツアラーか、はたまたメガスポー…

★カワサキのMotoGP復帰は、おそらく噂に終わる見通し

色々と紛らわしいニュースが多いんでアレですが、今回のヘレステストの内容から推測するに、カワサキのMotoGP復帰はなさそうです。金融危機の中、資金難で撤退してWSBKに注力して結果が出てきている中で、その力を分散する必要もないでしょうし、Akiraとして…

★H2Rストリートファイター コンセプト

フランスのデザイン会社AD KonceptによるH2Rのストリートファイターのコンセプトモデル(CG)です。確かにH2R自体ドラッグレースが良く似合う車両ですし、こういった方向だとは思いますが、カワサキらしいエグみが足りないような気がするのは気のせいでしょう…

★Ninja H2(ニンジャH2)をH2Rにコンバートすることは出来ない

そういえばH2もH2Rも既に購入の募集は締め切られていました。日本から注文した方も少なからずいたのかと思いますが、メンテナンスサイクル大変そうというか一体どこで整備するんでしょうね。。そしてH2からH2Rへのコンバートはやっぱり出来ないようです。 30…

★2015年型 カワサキ Versys1000 LT試乗レビュー

カワサキの既存モデルVersys1000の2015年型の北米レビューです。なんだか色々と辛口というか、良い点を探すのが難しそうなレビューとなってしまっております。。 カワサキのVersys1000は2012年から生産されていたモデルだが、USマーケットには長らく入ってこ…

★ニンジャH2(Ninja H2)公道走行PV

Ninja H2(ニンジャH2)の公道走行プロモが、カワサキの公式youtubeチャンネルに上がっていましたのでご紹介。 こうして見ると、ミラーのビルトインウィンカーや、ライトの配置などがわかりやすいですね。1000ccオーバーのメガスポーツ車と比較すると小さいで…

★11回のドラッグレースチャンピオン Ninja H2を語る

いつかこういう事をする人が出てくるんだろうなと思ってましたが、確かにレギュレーション上、ロードレースを走れないNinja H2の行く先はこっちなんですかね。しかしカワサキから話を持ちかけていたとは。。 リッキー・ギャドソン「2012年のディーラーミーテ…

★ニンジャH2(Ninja H2)の技術詳細について(その2)

単純に管理人の興味本位で翻訳しているNinja H2(ニンジャH2)の技術詳細に関する内容です。前回はNinja H2(ニンジャH2)の公式サイトより「CONCEPT」「TECHNOLOGY」の中から「The Quest For Power」をご紹介しました。 今回は「TECHNOLOGY」の中から「High…

★ニンジャH2(Ninja H2)の技術詳細について(その1)

いよいよEICMAで完全公開されたNinja H2R(ニンジャH2R)と公道バージョンのNinja H2(ニンジャH2)ですが、実は公式サイトにすべての詳細が公開されています。情報量的に物凄い&技術用語盛り沢山で管理人もよくわからん内容が多々ありますが、このバイクの…