Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2017 6メーカーのリードエンジニア達が語るMotoGP

MotoGP2017 Ducati KTM アプリリア スズキ ホンダ ヤマハ

Manuel PecinoさんがMotoGPに参戦する6メーカーのリードエンジニア達に、現在のMotoGPを取り巻く環境について同じ質問をしてみた。という記事が面白いのでご紹介します。各メーカーともにいろいろな考えをしながら開発を進めているんですね。

f:id:teletele916:20170226121315j:plain

(Photo courtesy of michelin)

毎シーズン、各メーカーのレース部門のエンジニア達は、どんどん厳しくなるレギュレーションの中で彼らのモーターサイクルの開発、進化をさせる事に苦労している。各ブランドのリードエンジニア達、各メーカーのMotoGPプロジェクトで責任を負っている才能ある技術者達に、現在のMotoGPバイクがどういった方向に向かっているのかについて同じ5つの質問を行った。6人のリーダー達というのは、辻幸一(ヤマハ)、桑田哲宏(HRC)、ジジ・ダッリーニャ(Ducati)、河内健(スズキ)、ロマーノ・アルベシアーノ(アプリリア)、セバスチャン・リッセ(KTM)だ。興味深く、時には対立する意見を聞かせてくれた。

Read more

★MVアグスタ 北米でブルターレ800を遂に発売開始

新車情報 MV Agusta

アメリカ国内で新型になったブルターレ800が、発表から1年遅れで発売になるようです。アメリカ国内では販売網の立て直しから始めるようですが、しっかりと踏ん張って生き残って欲しいですね。 f:id:teletele916:20170226074917p:plain MVアグスタがリニューアルしたブルターレ800を発表してからおよそ1年が経過した。この3気筒のスポーツバイクはEuro4認証とマイルドなフェイスリフト(※外観の変更 本来は整形手術の用語)を受け、技術的にも若干の変更が施されている。MVアグスタにとってブルターレ800は言い訳の出来ないバイクだ。モーターサイクルジャーナリスト達はMVアグスタからの最新のバイクが最高のバイクだと冗談を言っているが、新型ブルターレは確かにそうしたバイクであるように思える。そしてついにこのバイクは2017年型モデルとしてアメリカにやってくる。2017年型MVアグスタのブルターレ800は13,498(約151万円)と高額ながらも手が届く価格だ。

Read more

★ホンダからV4エンジンのRVF1000が2019年に登場?

新車情報 WSBK ホンダ

ホンダがWSBK参戦用にV4スーパーバイクを製作しているというのは長いこと囁かれている噂ですが、この種の噂はその度に出ては消えていっています。本当に登場するのなら嬉しい驚きとなりますが、あまりにも長く言われ続けていてすでに現実感があまりありませんね。 f:id:teletele916:20170225102054p:plain 筆者がAsphalt & Rubberを始める前から、MCNのライター達はホンダからMotoGP直系のV4スーパーバイクが出ると噂していた。当初の噂というのは確かV5エンジンというものだったと思うが、そう言うとこの話がどれほど前から語られていたかが良くわかるだろう。腕の時計がついに現実と歩調を合わせる時が来たようで、MCNはホンダからさらにコストパフォーマンスに優れたRC213V-Sのバリエーションモデルが2019年型として登場すると伝えている。

Read more

★スズキ インドネシアでGSX-R150とGSX-S150を発表

新車情報 スズキ

スズキはインドネシアでGSX-R150とGSX-S150を、MotoGPライダーのアンドレア・イアンノーネ選手、アレックス・リンス選手をプレゼンターとして起用して発表しました。生産はインドネシアで10,500回転で18馬力を発生します。 f:id:teletele916:20170225022609j:plain チームスズキECSTARのアンドレア・イアンノーネとアレックス・リンスは、フィリップアイランドでのテストを終えた後、インドネシアで新型GSX-R150とGSX-S150の正式発表イベントに出席した。 2人はジャカルタのCilandak Town Squareで、2000人を超えるファン、地元メディアの前で新型バイクを発表。GSX-R150とGSX-S150は150ccクラスのバイクとしては、最もパワフルで最も先進的なマシンだ。このクラスを席巻する力を持つこのバイクは、ジャカルタで初めて公開された。2モデルともスズキのインドネシアはTambunにある工場で製造される。

Read more

★スズキ GSX-S1000/GSX-S1000F 2017年モデルから150馬力へ

新車情報 スズキ

スズキのGSX-S1000とGSX-S1000Fが、2017年モデルから6.5馬力パワーアップを果たしスリッパークラッチを装備します。これは既存モデルオーナーには悲しいアップデートですが、新オーナーにとっては嬉しいアップデートと言えるでしょう。

f:id:teletele916:20170225001128p:plain スズキはGSX-S1000とGSX-S1000Fの2017年型モデルに、さらなるパワーとスリッパークラッチを与える事を発表した。これで全年式の143.5馬力から150馬力にパワーアップ、トルクは78.2lbftから79.6lbftへとアップする。両モデルともにフェアリング以外は同じで、シフトダウンの際にリアホイールがロックする事を避けるためにスリッパークラッチが装備された形だ。

Read more

★ヤマハ マッシモ・メレガリ「冬の間にここまで開発が進んだのは驚き」

MotoGP2017 ヤマハ

ヤマハのメレガリのコメントから判断するに、ヤマハはカタールテストに向かう前に、シャーシ以外の内容に関してはほぼ方向性が見えたと言えそうです。新しいエンジンについて模索を続けるホンダ、旋回性の課題があるDucati、電子制御、チャタリングが発生しているスズキ、2017型のセットアップをこれから行うアプリリア、今年は開発の1年となるKTMと、各社それぞれの形で最後のテストを3月10日から迎えます。

f:id:teletele916:20170224091908j:plain

(Photo courtesy of michelin)

ヤマハチームボスのマッシモ・メレガリはヤマハのエンジニア達の冬期の仕事を讃え、フィリップアイランドで見せた2017年型M1の戦闘力に驚きを感じた事を認めた。マーヴェリック・ビニャーレスがオーストラリアで素晴らしい結果を出したことを受け、メレガリはヤマハがロングランにおけるコンスタントさにおいて大きく進歩したと結論付けた。これはヤマハが昨年苦しんでいた部分でもある。ヴァレンティーノ・ロッシは最終的に11位タイムとなり、自らのテストについて「満足していない」としたが、メレガリはエンジニア達がバイク全体を大きく向上させたとし、残りテストを1つ残した状態で、2つの新しいシャーシについてはまだ評価中であると語った。

Read more

★MotoGP2017 サム・ローズ「3日間で改善を進める事が出来た」

アプリリア MotoGP2017

アプリリアで今年からMotoGPデビューするローズ選手は、同じくMoto2出身のフォルガー選手(総合4位)、ザルコ選手(総合15位)と比較して苦戦している様子。バイクも次回のカタールテストで2017年型を使用するとあって、開幕までに全ての準備を整えるのはかなり大変そうです。

f:id:teletele916:20170224081110j:plain

(Photo courtesy of michelin)

サム・ローズはフィリップアイランドでの3日間のテストの総合タイムで最後尾となったことの不満を隠そうとしない。しかし2日間は継続的に改善が進んでおり、カタールでは良い走りが出来ると自信を持っている。2016年型のRS-GPをテストで使用し260馬力のバイクに慣れることをローズは進めている。彼は転倒が2回あった初日から金曜の午後には2.1秒もラップタイムを短縮した。

Read more

★Ducati パオロ・チャバッティ「ロレンソはまだ実力を発揮していない」

Ducati MotoGP2017

Ducatiのスポーティングディレクターであるパオロ・チャバッティは、ロレンソ選手はまだバイクの特性を理解しようとしているところであり、全力で走っているわけではないと語ります。カタールテストでは新しいフェアリングは持ち込まないとも語っており、その言葉を鵜呑みにするのであれば、新しいカウルはシーズン開幕後に投入されるという予想も出来ます。 f:id:teletele916:20170215043614j:plain

(Photo courtesy of michelin)

ウインターテストの3分の2が終わり、DucatiはGP17のコーナリングをスムーズにするためには、あと3日間しかない状態だ。初回のマレーシアでのテストは成功裏に終わり、新型のデスモセディチはドヴィツィオーゾ、ストーナーがその価値を証明し、最終日にはロレンソもスピードを発揮した。旧型のGP16でもバウティスタが存在感を発揮したが、フィリップアイランドにおいてDucatiの昔からの問題が顔を出した。それはまるで取り除くことが出来ないホクロのようなものと言える。

Read more

★MotoGP2017 DucatiカタールGPの後にヘレスでプライベートテストを予定

Ducati MotoGP2017

Ducatiは開幕戦となるカタールGPの後に、アルゼンチンへと向かう前にヘレスでプライベートテストを行うとのこと。カタールでは新たなエアロダイナミクスに関わる変更はないということなので、ヘレスでジャーナリストもシャットアウトした状態で新型カウルをテストするものと予想されます。

f:id:teletele916:20170224030051j:plain

(Photo courtesy of michelin)

カタールで今シーズンが開幕するまでには、後3日のテストを残すのみだ。各メーカーはそれぞれプライベートを計画しており、プライベートテストに関しては年間5日間行う事が出来る。ホンダはヘレスで2日間のテストを行う予定であるが、Ducatiも同様にヘレスでのテストを行う。

Read more

★MotoGP2017 PramacRacing 28日にナポリでチーム体制を発表

Ducati MotoGP2017

開幕に向けて各チームが次々にチーム体制を発表していますが、今月末の28日にPramacRacingがナポリでチーム体制を発表します。とは言え、PramacRacingの場合はライダー体制は昨年と同様にダニロ・ペトルッチ選手、スコット・レディング選手という布陣です。使用するマシンはペトルッチ選手がGP17、レディング選手がGP16となります。 f:id:teletele916:20170224023434j:plain

Read more