Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★気になるバイクニュース【新サイト】完成のお知らせ

その他ニュース

TwitterやFacebook上で告知していました新サイトが完成しました。今後は新サイトでの更新がメインとなります。 元々はこの旧サイトの内容をそのまま引き継いでと考えていましたが、既に3000本以上のエントリーがありますので、画像の引っ越しなどの手間を考えて断念しました。こちらのサイトはこのままドメインも変えずに残しておきますが、新サイトでも宜しくお願いいたします!

f:id:teletele916:20170307122157j:plain

【新サイトはこちら】 kininarubikenews.com

★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「今年は各チームが接近する」

MotoGP2017 アプリリア

アプリリアのロマーノ・アルベシアーノが2017年のアプリリアについて語っています。アレイシ選手はトップ5、ローズ選手はトップ10が目標とのこと。

f:id:teletele916:20170306142233j:plain

(Photo courtesy of michelin)

2016年にスズキにおけるマーヴェリック・ビニャーレスは驚くべき成績だった。今シーズンのアプリリアとアレイシ・エスパルガロはどうなのだろう? RS-GPの性能は向上しており、エスパルガロは全てのテストをレースのように挑んでおり、フィリップアイランドではビニャーレスから0.8秒差、仮の表彰台からは0.4秒差という状態だった。開幕戦前の最後のテストとなるカタールを待っている状態のアプリリアのボス、ロマーノ・アルベシアーノにその開発の具合、2017年シーズンなどについて話を聞いた。

Read more

★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「KTMの長所は高速コーナー」

MotoGP2017 KTM

KTMのスミス選手はKTMのバイクについて長所と言えるのは高速コーナーだといいます。とは言え、実際に走行するまではなんとも言えないとも語ります。 f:id:teletele916:20170306082603j:plain (Photo courtesy of michelin)

ブラッドリー・スミスはKTMのMotoGPパッケージは、2017年シーズンスタートの時点で、そのポテンシャルの80%程度になると感じている。KTMはミカ・カリオがテストを行っていた2016年に続いて今年よりMotoGPに参戦。スミスとエスパルガロはテック3ヤマハからKTMに加入しており、11月からRC16で4つのうち3つのテストを終えている。エスパルガロは先月のフィリップアイランドでトップより1.308秒遅れのタイムを記録している。

Read more

★MotoGP2017 バルベラ カタールテスト参加は未知数

MotoGP2017 Ducati

バルベラ選手は鎖骨の手術を行ったようですが、骨折部をチタンプレートと骨で出来たネジで結合したということです。骨ネジなら後で取り出すのはチタンプレートだけで済みますし、最新の再生医療は凄いですね。とは言え、カタールテストに間に合うかどうかは微妙な様子。

f:id:teletele916:20170306031630j:plain

(Photo courtesy of michelin)

バレンシアで小排気量のバイクでの練習中に怪我をしたバルベラは、骨折した鎖骨の手術を行った。手術はバルセロナのUniversitario Dexeusで行われ、執刀したのはXavier Mir医師。

Read more

★MotoGP2017 ジャック・ミラー「ホンダで走るのが優先事項」

MotoGP2017 ホンダ

ジャック・ミラー選手はMarc VDSとの契約が今年一杯となります。その先もMarc VDSで走るのか、2018年からLCRが2台体制になるとしてLCRに移籍するのか、はたまたホンダ以外のメーカーに移籍するのか?いずれにしてもシーズン前半成績が鍵となります。

f:id:teletele916:20170306025514j:plain (Photo courtesy of michelin)

Marc VDSのライダーであるジャック・ミラーは、ホンダとMotoGP参戦について2018年、そしてその先までオプション契約がある状態だ。ジャック・ミラーはMoto3からMotoGPにダイレクトに2015年から3年契約(15年〜17年)で昇格し、初年度はLCRから参戦し、昨年からMarc VDSからMotoGPに参戦した。

Read more

★MotoGP2017 アレイシ・エスパルガロ ロングインタビュー

MotoGP2017 アプリリア

アプリリアのチームローンチの際に、アレイシ・エスパルガロ選手が今後のアプリリアでの期待、スズキを去るきっかけとなったイアンノーネ選手加入などについて語っています。こういう話を聞くとなんとか良い方向に行って欲しいと思わずにはいられません。 f:id:teletele916:20170305225642p:plain アレイシ・エスパルガロはアプリリアの新たなMotoGPライダーだ。彼はファクトリーがあるノアーレで新しいバイクの発表の後に、スズキを離れた後の思いを語った。彼は2016年の厳しいシーズンから、新たなパッケージで全てを引き出す事に集中している。


Q

「バイクの新しいカラーリングは良い色ですね。」

アレイシ・エスパルガロ

「格好いいですね。このカラーリングは好きです。より輝いて見えます。昨年のバイクも良かったですけど輝いてはいませんでした。自分はこっちのほうが好きです。パット見てわかりますし、イタリアの国旗のイメージも強いです。ホームプロジェクトのように感じます。」

Read more

★マルク・マルケス 雪山でX-ADVをテスト走行していた。

MotoGP2017 ホンダ

しばらく前にRC213Vでオーストリアのキッツビュールを走るマルケス選手の動画が話題となりましたが、実はその際に、ホンダの新型スクーターであるX-ADVでもスパイクタイヤで雪山を走行していたようです。X-ADVのインプレを語るマルケス選手も若干鼻声ですね。 f:id:teletele916:20170305064618p:plain

マルク・マルケス

「キッツビュールにRed Bullのイベントで来たんですよ。その際に新型スクーターのX-ADVのライディングも楽しみました。他と異なるスクーターですから非常に面白いと感じました。本物のSUVだと思いますし、雪の上でのライディング、スパイクタイヤなども合わせて非常に楽しみました。面白い体験でしたね。」

Read more

★MotoGP2017 スコット・レディング「今までのところ非常に厳しい」

Ducati MotoGP2017

MotoGPデビュー以来厳しい戦いをしているレディング選手。年齢的にはまだまだ若い24歳ですから、今後の成績次第ではファクトリーシートを目指せなくもないわけですが、果たしてどうなるでしょうか。 f:id:teletele916:20170301064635j:plain スコット・レディングは、MotoGP4年目のシーズンを、2年目となるPramacで過ごす事になる。Paolo Campinotiによって運営されるこのチームは最高峰クラス16年目で、2005年からDucatiを走らせている。このチームは若き才能を育て磨くチームでもある。

Read more

★MotoGP2017 アレイシ・エスパルガロ「アプリリア移籍は心配だった。」

MotoGP2017 アプリリア

スズキからアプリリアに移籍したアレイシ・エスパルガロ選手のインタビューです。マシンが彼のライディングにはより合っているとのことですし、結果的にはスズキからアプリリアに移籍したことは良かったんですね。

(Photo courtesy of michelin) f:id:teletele916:20170305025757j:plain バレンシアで11月にアプリリアを初操縦した後、アレイシ・エスパルガロは大きく安堵した。ノアレのアプリリアと契約した後、彼の心は疑いに満ちていた。彼はスズキのような優勝が出来る可能性があるバイクから、何の保証もないバイクに乗り換えたのだ。

Read more

★MotoGP2017サム・ローズ「テストでタイムに集中しても意味がないと学んだ」

MotoGP2017 アプリリア

今年からMotoGPクラスに昇格したサム・ローズ選手がチームローンチに合わせて色々と語っています。テック3の2人と比べて、「ファクトリーチームで車体開発をすることの重要性について」、そして「テストでタイムばかりを追っても意味がないと気づいている」という内容からして、かなり堅実な考え方をするライダーのようですね。 f:id:teletele916:20170304165901j:plain (Photo courtesy of michelin)

サム・ローズはMotoGPクラスルーキーだが、アプリリアRS-GPでいかに速く走るかについて、既に明確なアイディアがあるようだ。

Q

「Moto2とMotoGPでの違いはなんでしょう?」

サム・ローズ

「まず明らかなのは加速ですね。コーナ立ち上がりとバイクを時にこれを感じます。ただこれが普通になってきて、あとはいかにバイクを理解するか、いかに性能を引き出すかになります。理論的にはスタイルを変えるだけでいいんです。そうすればコーナーの立ち上がりで異なるポジションを取る事が出来て、バイクを起こして立ち上がりでバイクの馬力を使う事が出来ます。ですから、前回のテストではここに集中していました。テストでは非常にリラックスしてできたので良いフィーリングですね。良いプランを持って作業を進め、カタールでまた前進してスピードを得るために仕事をしたいですね。」

Read more