Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

管理人が気になる世界のバイクニュース、MotoGP最新情報などを紹介しています。

★KTMファクトリーライダー ブラッドリー・スミス ロングインタビュー

MotoGP2017 KTM

Crash.netにブラッドリー・スミス選手のロングインタビューが掲載されていました。分析派のスミス選手にとって、KTMの充実したサポートのファクトリー体制の元でバイクを開発していくというのは、本当に幸せな環境なんだというのが伝わってきます。テック3での2015年と2016年の感触の違い、KTMとの比較などなどコアな話も沢山飛び出します。

サテライトではデータエンジニアをチームメイト同士で共有しているというような話も聞いたことがありますが、そうした人的なサポートという意味でもテック3の2倍とのことです。 f:id:teletele916:20161126150857p:plain (Photo courtesy of michelin)

スミスは過去6年間をテック3ヤマハで過ごしてきた。Moto2では3度表彰台を獲得しMotoGPに2013年に参戦。彼のMotoGPにおける最高位は2015年ミサノで獲得して2位だ。彼は同年ランキング6位、トップサテライトライダーとしてチャンピオンシップを終えた。スミスは毎年MotoGPで結果を向上させてきたが、2016年は怪我の影響でランキング17位となった。なおこの年はタイヤがブリヂストンからミシュランに、新たに統一ECUソフトウェアが導入されている。その後スミスはKTMのRC16をヴァレンシアとヘレスのプレシーズンテストでライディングしている。


Q

「まずは11月28日の誕生日おめでとうございます!」

ブラッドリー・スミス

「ありがとう!ちょっと年を食った感じですね(笑)」

Read more

★KTM MotoGPバイク RC16の市販版を2018年に発表

KTM

KTMはMotoGPバイクRC16の市販バージョンをサーキット専用モデルとして一般向けに2018年にリリースするようです。240馬力の90度V4スクリーマーエンジンで、価格は1,221万〜1,465万円ほどとされています。けして安くはありませんが、恐ろしくお買い得と言えるのではないでしょうか? f:id:teletele916:20161207045227p:plain Ready Raceを謳うKTMのMotoGPプロジェクトバイクであるGP16だが、KTMはRC16をトラックユースオンリーの市販モデルとして一般向けにリリースすると言う。価格は数十万ユーロと言われている。

Read more

★北米KTM 2017年から新社長にジョン・ヒンツが就任

KTM

北米のKTMの社長が交代するということです。今までは現社長のバーレソン氏の方針でオフロード偏重という形だったようですが、新社長のヒンツ氏の元ではオンロードとのバランスが取れることが期待されています。2017年からKTMはMotoGP、Moto2に参戦し、オンロードの比重が一気に高まる事となります。北米という大きなマーケットで戦っていく上で、オンロード経験が重視された人選と言えるでしょう。 f:id:teletele916:20161206092438p:plain KTMから大きなニュースが届いた。Ready to Raceを謳うこのブランドの北米の社長にジョン・ヒンツが2017年1が1日から就任する。ヒンツはアメリカ、カナダにおけるKTM、Husqvarna、WPサスペンションブランドの総指揮を取る形となる。

Read more

★マッシモ・メレガリ「ビニャーレスはロレンソと同等のスピードで良い性格」

MotoGP2017 ヤマハ

ヤマハのスポーティングディレクターのマッシモ・メレガリが、テストの内容、ビニャーレス選手について、2017年についてなど色々とインタビューに答えています。ビニャーレス選手のスピードへの期待は既にかなり大きいようです。 f:id:teletele916:20161206062225p:plain モンツァラリーはロッシが一般大衆と触れ合う機会でもあるが、同時にロッシと共に働く人物を掴まえるのにも良いイベントだ。昨日はマッシモ・メレガリもロッシのガレージにいた。ヤマハのスポーティングディレクターはフィエスタWRCを間近に眺め、彼の夢を語った。

Read more

★ROUGH CRAFTS ブルターレ800RR Ballistic Trident

カスタムバイク MV Agusta

実際の走行性能はどうなのかという疑問は残りますが、台湾のROUGH CRAFTSが製作した意欲的なMVアグスタブルターレ800RRのカスタムバイクをご紹介します。こうしたカウルを現代の車両に採用しようというのは興味深いアイディアですね。 f:id:teletele916:20161206052138p:plain MVアグスタをカスタムするというのは非常に勇気のいることだ。ヴァレーゼのこのメーカーのスローガンはMotorcycle Artである。 しかし、ウィンストン・イェーはMVアグスタ台湾から声がかかった時にこれを拒まなかった。美しいブルターレ800RRがすぐに台北のROUGH CRAFTSのワークショップに届けられ、ユニークなカスタムが施されることとなった。Ballistic Tridentはウィンストン・イェーをこの世界で有名にしたダークで威嚇的な雰囲気を持っている。

Read more

★ヴァレンティーノ・ロッシ 2015年に続き、2016年もモンツァラリーで優勝

その他ニュース

モンツァラリーに参加していたヴァレンティーノ・ロッシ選手ですが、今年もまたWRCライダーのダニエル・ソルドなど有力ドライバーを下して優勝を手にしました。これでモンツァラリーの優勝回数は5回目となります。なお、今回はウッチョ氏と、スズキのブリビオ氏もレースに参戦していたようです。 f:id:teletele916:20161205150404p:plain

MotoGPスターのヴァレンティーノ・ロッシは、2016年を5回目のモンツァラリー優勝で締めくくった。第37回目のモンツァラリーは、例年どおりライダーとドライバーが参加した。

Read more

★マルケス、ペドロサ Honda Racing THANKS DAY 2016に参加

ホンダ

先週末に開催されたHonda Racing THANKS DAY 2016は晴天に恵まれ、選手たちも十分にイベントを楽しんだようです。マルケス選手にとってはチャンピオンシップ優勝を決めた場所への凱旋という形となりました。

f:id:teletele916:20161205123932p:plain 週末にマルク・マルケスとダニ・ペドロサは、ホンダのHonda Racing THANKS DAY 2016のため茂木を訪れた。これはホンダの伝統的なイベントで、ホンダの様々なモータースポーツプログラムのライダー、ドライバーが一同に会するものだ。このイベントは毎年レーシングシーズンの終わりに開催され、2016年はMotoGP、トライアル、MXGPのワールドチャンピオンシップ優勝を遂げた事で特別なものとなった。ホンダがこうした成功を複数納めたのは今回が初となる。

Read more

★NCT BMW R100 RTカスタム Black Stallion #28

BMW カスタムバイク

オーストリアのNational Custom TechのBMW R100 RTのカスタムバイクをご紹介します。もはやオリジナルの面影は全くありませんが、センス良いカフェレーサーに仕上がっています。このショップは車両とパーツの通販も行っているようですね。 f:id:teletele916:20161205123229p:plain

クライアントがいるわけでもなく、急いで制作しているわけでもなくリラックスして制作されたバイク。それがこのNational Custom TechのBMW R100 RT dubbed Black Stallion #28だ。National Custom Techの他のカスタムと同様に素晴らしいアップグレードを施されている。

Read more

★データで振り返る2016年のMotoGPチャンピオンシップ

MotoGP2017

MotoGPの2016年シーズンも終わり、2017年シーズンはバレンシアでの公式テスト、ヘレスでのテストが終了したところです。(※ヤマハ勢はセパンでプライベートテストを終了) f:id:teletele916:20161204171633p:plain (Photo courtesy of michelin)

2016年シーズンはマルケス選手が日本GPでチャンピオンシップ優勝を決めましたが、今年のチャンピオンシップを様々なデータで振り返ってみましょう。今回は振り返る内容としては、獲得ポイント数/1位の状態での周回数/表彰台獲得数/ファステストラップ獲得数/ポールポジション獲得数の5つです。

※本記事はスマートフォン縦表示だとグラフの表示幅が足りなくなると思います。スマホ横向き、もしくはPC、タブレットでお楽しみください。)

Read more

★ヴァレンティーノ・ロッシ「ロズベルグの決断は尊重すべき」

その他ニュース

モンツァラリーに参加しているヴァレンティーノ・ロッシ選手が、F1のロズベルグ引退などについて語っています。まだまだ引退については考えていないようですが、ロッシ選手が引退する日というのは想像がつきません。 f:id:teletele916:20161204062507p:plain こんなニュースは予想もしなかったのでショックだ。というのが、ロッシがロズベルグのF1引退について語った言葉だ。ロッシはこのニュースをモンツァラリーのスタート前に聞いた。この時点でロッシはダニ・ソルドのペナルティなどがあってレースをリードしている。

Read more