気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

スズキ

★バレンシアテスト2日目 リンス「転倒にガッカリしている。」

スズキはMotoGPルーキーをバイクに慣らすためにまずは電制を全てオフで走らせるようですが、リンス選手がテスト中に怪我を負ってしまいました。イアンノーネ選手も脊椎の怪我が完治していないはずですので、開幕に向けて選手の体調が心配です。 (Photo cour…

★MotoGP2017バレンシアテスト 写真ギャラリー

初日のバレンシアテストが終わりました。この時期は新しいライダーとバイクの組み合わせ、そしてそのタイムに注目が集まりますが、この時期だけのスペシャルカラーリング、そしてカーボン地剥き出しの新型バイクを楽しむことが出来る季節でもあります。 とい…

★MotoGP2017 バレンシアテストで各メーカーは何を行うのか?

現地時間の火曜日から2017年シーズンの公式テストが始まりますが、その前に行われたスズキ、Ducati、ホンダの2017年のプランについてのプレスカンファレンスでの内容を、moto mattersのエメット氏がまとめていらっしゃいますのでご紹介。ホンダはスクリーマ…

★MotoGP2016バレンシアGP ビニャーレス「ライダーとして大きく成長した」

スズキでの最後のレースを5位で終えたビニャーレス選手。この2年でのバイク、そして自分の成長を実感したと言います。ヤマハに行っても素晴らしい走りを期待しましょう。 (Photo courtesy of michelin) マーヴェリック・ビニャーレスは2016年を素晴らしい…

★スズキ EICMAでV-strom250を発表

V-stromの250cc版が登場しました。ベースとなっているのは日本ではGSR250として知られるイナズマ250です。手軽なツーリングバイクとして使い勝手が良さそうなバイクです。ヘッドライトがデカすぎてバランスが悪いような気がしなくもないですが、その辺りはス…

★スズキ EICMAでGSX-S125を発表

スズキはインターモトで発表したGSX-R125に続いて、GSX-S125をEICMAで発表しました。このモデルは、GSX-R125と比較するとデザインの完成度はいまひとつというところでしょうか。 スズキは洗練された見た目のGSX-S125をEICMAで発表した。GSX-Rファミリーの最…

★ケヴィン・シュワンツ 新型スズキGSX-R1000Rを語る

ケヴィン・シュワンツ御大が新型のスズキGSX-R1000Rの魅力について熱く語っています。まぁそりゃ褒めるでしょうけど、この人が言うと説得力が違いますね。。 ケヴィン・シュワンツ 自分が今まで乗った中で最もハイテクなマシンだね。軽量で、アクセルを開け…

★マレーシアGP ビニャーレス「本当に悔しい。」

良い走りが期待されたビニャーレス選手ですが、トップ集団に追い付く事が出来ませんでした。最終戦ヴァレンシアで期待しましょう。 マレーシアGP6位 マーヴェリック・ビニャーレス 「本当に悔しいですね。ただ週末を通じて良い走りは出来ていました。FP4では…

★マレーシアGP ビニャーレス「強い走りが出来る実感がある。」

このところ安定して上位を走行しているビニャーレス選手。オーストラリアGPでは13位からの追い上げを見せましたが、普段は遅いライダーが予選でのタイヤの選び方や戦略によって上位に来ていたオーストラリアGPと異なり、今回は1位〜7位まで競合選手がひしめ…

★マレーシアGP アレイシ・エスパルガロ「明日はドライだと良い」

オーストラリアでは良い位置走行中に転倒となったアレイシ選手。スズキでのレースはあと2戦。なんとか表彰台を獲得して欲しいところです。 アレイシ・エスパルガロ 「今朝のドライセッションでは本当に良いフィーリングでした。ただ最後にさらに改善を進める…

★スズキ 新型GSX-250Rを発表

GSX-R250ではなくて、GSX-250Rが発表されました。ベースとなっているのはスズキのイナズマ。これにカウルを被せたと考えるとわかりやすいモデルです。つまりヤマハのR3、ホンダのCBR250RR、KTMのRC390などのような性格のモデルではありません。国内ではそこ…

★MotoGP2016スズキ 来シーズンからテクニカルコンセッションは無し

スズキが今まで適用を受けていたテクニカルコンセッション(技術的な優遇処置)を来シーズンから失うこととなります。とは言え、優勝をしているのも表彰台を獲得しているのもビニャーレス選手だけですので、来年からイアンノーネ選手とリンス選手が即座に同…

★オーストラリアGP3位 ビニャーレス「カルと十分に戦えたはず」

13番手スタートから10台抜きで表彰台を獲得したビニャーレス選手。最近はレース後半の強さが目立っています。本人も語っているように、今後、予選位置上位でスタートが出来れば、優勝出来る可能性はかなり高いでしょう。 Q 「本当に色々な事がありました。13…

★MotoGP2016オーストラリアGP アレイシ「早めにスリックに替えるべきだった」

予選4位を獲得したアレイシ選手。コンディションの変化が大きすぎて、戦略というよりは運だったと語ります。位置的には表彰台を狙える位置ですので、シーズン終了までに表彰台獲得なるでしょうか。

★MotoGP2016 ビニャーレス「優勝を期待する声へのプレッシャーはない。」

当然優勝の期待がかかっていることは知りつつも、それはプレッシャーではなくモチベーションになっていると語るビニャーレス選手。今シーズン2勝目なるでしょうか。 フィリップアイランドでのプレシーズンテストで最高の結果を残して以来、ビニャーレスはオ…

★MotoGP2016日本GP アレイシ「シーズン終了までに表彰台を獲得したい」

シーズン終了までになんとか表彰台は獲得したいと語るアレイシ選手。今回は序盤もいい位置にいたので、ひょっとしてと思っていましたが、チームメイトのビニャーレス選手にやられてしまいました。 アレイシ・エスパルガロ 「満足はしてますけど嬉しくはあり…

★MotoGP2016日本GP3位 ビニャーレス「タイヤ温存を考えていた。」

我慢の走りで表彰台を獲得したビニャーレス選手。トップで戦えると日本GPの前に語っていたとおり表彰台獲得となりましたが、本人の意向としては、ヤマハ2人の転倒が無くともトップ3で戦いたかったというところでしょうか。 Q 「シルバーストーン以来の表彰台…

★MotoGP2016日本GP アレイシ・エスパルガロ「あと1ステップ必要」

6位を獲得したアレイシ選手。今までマシンのフィーリングが感じ取れずに苦労していましたが、アラゴンからフィーリングが改善したと語っています。FP4のペースは好調なので、スタートで前に出られれば表彰台の可能性もあるかもしれません。 アレイシ・エスパ…

★MotoGP2016 ビニャーレス「どのレースでもトップを狙える」

このところのスピードを考えると、シーズン終了までにあと1勝くらいはしそうな勢いのビニャーレス選手。日本グランプリも自信があると語っています。マシンの特性として合いそうなのはフィリップアイランドだと思いますが、週末が楽しみです。 「いかなるレ…

★2017年型スズキGSX-R1000/GSX-R1000R 技術詳細

鈴菌の管理人として、globalsuzuki.comにある新型GSX-R1000、GSX-R1000Rの技術詳細がどうしても気になったので、気合を入れて翻訳しました。終わってみれば13,000字超えというとんでもないボリュームになってしまいました。いやしかし、この新型GSX-R1000買…

★スズキ 2017年型V-Strom1000とV-Strom1000XTを発表

スズキのV-Stromが新しくなりました。5軸の慣性計測ユニットによるコーナリングABSが最大の特徴で、2017年のスズキ車両から搭載されているイージースタートシステム、低回転アシストなども装備しています。 スズキは新しくなったV-Strom1000とV-Strom1000XT…

★スズキ インターモトでGSX-S750を発表

スズキからGSX-S750が登場しました。これは従来のGSR750の変わりとなるモデルで、GSX-S1000がGSR1000という名前で登場しなかったことで、そのかわりに名称の変更と共にアップデートを受けたようです。(※もともとGSX-S1000はGSR1000という名称で登場すると予…

★スズキ 新型GSX-R125を発表

スズキから新型GSX-R125が登場しました。このクラスのバイクにしては、かなりシャキッとした出で立ちです。タンクもしっかりとえぐれていてホールドしやすそうですし、可愛らしい見た目からは想像出来ないような走りが期待出来そうです。 スズキによると新型…

★スズキ 2017年型GSX-R1000とGSX-R1000Rを発表

スズキから2017年型のGSX-R1000とGSX-R1000Rが発表されました。「リッタークラストップの栄冠を取り戻す」というコンセプトのもと、エンジン、シャーシのコンパクト化などで最大出力、最軽量を愚直なまでに追求しています。メーター周りには金をかけないとこ…

★MotoGP2016 ビニャーレス「グリップを維持出来れば優勝争いは可能」

ここ最近のレースでは、ロッシ、マルケス、ロレンソ、ペドロサという4強の選手とバトルをする機会が増えてきたビニャーレス選手。フィリップアイランドあたりで2勝目、表彰台は行けると管理人は予想していますが、日本GPではどうでしょうか? マーヴェリック…

★MotoGP2016 ビニャーレス「暑いコンディションでも自信を持てるようになった。」

スズキは優勝、表彰台を獲得して勢いに乗るビニャーレス選手と、結果が思うようについてこないアレイシ選手という対象的な構図になっています。ビニャーレス選手は暑いコンディションでのグリップ不足の問題を克服したようですが、アレイシ選手のフィーリン…

★MotoGP2016 マーヴェリック・ビニャーレス5分間インタビュー

シルバーストーン戦の前に行われた、マーヴェリック・ビニャーレス選手へのインタビューがありましたのでご紹介します。まさか同じ週末に初優勝を遂げるとは本人も思っていなかったわけですが、管理人は恐らくフィリップアイランドあたりでもう1勝出来るんで…

★MotoGP2016サンマリノGP 予選3位ビニャーレス「バイクは良い感触」

シルバーストーンに続きフロントロースタートとなったビニャーレス選手。オーバーテイクが難しいサーキットですので、ラップタイム次第では優勝争いに参加出来るかもしれません。 Q 「シルバーストーンでの優勝の後3位で予選を終えました。明日の戦略を教え…

★ハリスフレームのレーサーShiny Harry

一見すると「まだバイク作ってる途中か。」と思いがちなこのバイク。これで完成です。これはベルリンに本拠地を構えるショップのBerhamが組み上げた、ハリスフレームのカスタムバイク「Shiny Harry」です。レース用車両として生まれたバイクですが、この割り…

★イギリスGP スズキ ダビデ・ブリビオ「素晴らしい初勝利だった」

遂にMotoGP復帰初の優勝を成し遂げたスズキ。ダビデ・ブリビオさんもホクホクです。シーズン残りで勝利を重ねていって欲しいところです。 Q 「今どのような気分ですか?」 ダビデ・ブリビオ 「未だに信じられないですね。皆これが新しいプロジェクトだと知っ…

★MotoGP2016イギリスGP キアラ・フォンタネージ「マーヴェリックが勝つ予感がした。」

今週のビニャーレス選手のパドックの中には、ガールフレンドのキアラ嬢(ウィメンズモトクロス世界選手権で4回チャンピオンを獲得しています。)がいましたが、キアラ嬢へのインタビューという面白い記事がありました。ビニャーレス選手は、キアラ嬢と未だに…

★MotoGP2016イギリスGP ビニャーレス「歴史を作るというのは最高」

遂にスズキの2015年のMotoGPクラス復活からの夢の1つである、MotoGPクラス優勝を達成することが出来ました。(※もう1つはチャンピオンシップ優勝です)練習走行、予選とスピードを発揮したビニャーレス選手が、全世界数億人の鈴菌の夢を達成してくれました。…

★MotoGP2016イギリスGP 予選3位ビニャーレス「チームには本当に感謝している。」

雨が苦手なGSX-RRで予選3位を獲得したビニャーレス選手。決勝で速さを発揮出来れば、表彰台争いが見られるかもしれません。 Q 「今日は予選で3位を獲得しましたが、皆にとって難しいセッションでした。明日は何が鍵でしょうか?」 イギリスGP予選3位 マーヴ…

★MotoGP2016ブルノGP アレイシ・エスパルガロ「バイクから出火していた」

アレイシ・エスパルガロはチェコGPにおいて、22周のレースの14周目で彼のバイクを放棄せざるを得ないという形でレースを終えた。6位を走行していたアレイシはこう語る。 アレイシ・エスパルガロ 「今シーズンはウェットコンディションで苦戦しています。ただ…

★MotoGP中間レビュー:マーヴェリック・ビニャーレス

moto mattersのエメット氏によるMotoGP中間レビューの第9段です。今回はスズキのマーヴェリック・ビニャーレス選手についてです。管理人のスケジュール的に今週末のレースまでに中間レビューの翻訳が全部終わるかどうか微妙なところです。。 マーヴェリック…

★2017年型GSX-R250いよいよ登場か?

今まで「今年こそは出る!」と噂されてきて登場していない新型のGSX-R250ですが、デザイン特許を取得したという事は、遂にその姿を来年あたり見ることが出来るかもしれません。フロントカウル、テールカウルは2017年型GSX-R1000のコンセプトモデルのデザイン…

★MotoGP2016 ダヴィデ・ブリビオ 2017年のチーム編成について語る

ホンダ、ヤマハ、Ducatiというファクトリーチームと異なり、ライダーラインナップを一新する事になったスズキとアプリリア。スズキのダヴィデ・ブリビオ氏が2017年のチーム編成を語った記事があったのでご紹介します。本当は3台か4台のバイクを用意して、皆…

★MotoGP2016ドイツGP ビニャーレス「もう少し安定感のあるバイクを作りたい」

FP2ではトップタイムを記録したビニャーレス選手ですが、土曜日にも同じような結果を出すことが可能でしょうか?また苦戦が続くヤマハ勢も土曜日が正念場です。 マーヴェリック・ビニャーレスはザクセンリンクの練習走行で勇敢さを見せ、MotoGPクラスのFP2で…

★MotoGP2016 ザルコのテック3移籍は今週末に正式発表

遂にザルコ選手のテック3ヤマハ入りが決定したようです。スズキとのオプションがあったとは言え2017年に走るチームがない現状ではやはり難しいということでしょう。ただダヴィデ・ブリビオは将来的には可能性はあるという発言をしていますので、2018年にはサ…

★スズキ 2017年型 RMX450Zエンデューロを発表

スズキから新型のRMX450Zエンデューロが発表されました。長らくスズキのラインナップからは欠けていたモデルで海外では公道登録が出来ると思われますが、日本ではナンバーを取れるかどうかは微妙なところですね。 RMX450Zエンデューロが2010年以来初めてスズ…

★MotoGP2016 Pramac「2018年はスズキでの参戦もあり得る」

PramacはDucatiファクトリーのジュニアチーム的な位置づけのチームとなっていますが、2017年にDucatiとの契約が切れることからスズキへの乗り換えも検討はしているようです。いずれにせよメーカーから供給されるマシンがファクトリーバイクにどこまで近いか…

★MotoGPアレイシ・エスパロガロ アプリリアと2017年と2018年の2年契約を締結

リンス選手のスズキ加入が発表されて以来、ほぼ確定でアプリリア入りするだろうと言われていたアレイシ選手。飛行機の遅れでプレスカンファレンスに間に合わなかったせいもあってか、アプリリアへの移籍の発表はレース後となりました。スズキと比較するとだ…

★アレックス・リンス 2017年、2018年の2年契約でスズキに移籍

前々から噂は出ていましたが、アレックス・リンス選手がECSTARスズキと契約を果たしました。スズキの思惑としてはベテラン枠としてイアンノーネ選手、若手成長枠としてリンス選手ということになります。リンス選手はファクトリーチームからのMotoGPデビュー…

★Mellow Motorcycles スズキGS1000 Babo45

カスタムバイクのニュースが続きますが、スズキのGS1000のカスタムバイクをご紹介します。クラシックなレースバイクというコンセプトで実に渋くまとまっている車両ですが、美しい仕上がりのチタンマニフォールドは実に見事です。これは切実に実車の音を聞い…

★ヨハン・ザルコ 日本でスズキGSX-RRをテストドライブ

ザルコ選手の言葉はル・マンGP時点のものですので、GSX-RRで行ったテストがどのような結末になるのかは定かではありません。来年ECSTARスズキで走るのはアレックス・リンス選手で、ザルコ選手はテック3というのがもっぱらの噂です。8耐にザルコ選手も出場す…

★ルドヴィク・ラザレスのスズキRG400

あのマセラティV8エンジンを搭載したバイク?の制作者であるルドヴィク・ラザレス氏が、自分で乗るために作ったというRG400をご紹介します。ベースがRG400でありながらフレームを新造、R1のスイングアームを使用したことでロングホイールベースとなり、ネイ…

★スズキ EXTRIGGERコンセプトを特許登録

そういえばこんなバイクがあった事をすっかり忘れていましたが、スズキが2013年に発表したEXTRIGGERコンセプトが、市販化に向けて動き出したようです。asphalt and rubberではホンダのグロムキラーとして紹介していますが、日本市場において125ccは「航続距…

★MotoGP2016ビニャーレス「新しいフレームには自信を感じる」

日曜の決勝レースを4位という素晴らしい位置で終えたビニャーレス選手ですが、優勝したロッシ選手からも3位のペドロサ選手からも大きく離された状態での完走となりました。今までスズキはストレートスピードが速くなれば良い結果が出るかと思われていました…

★MotoGP2016アプリリア アレイシ・エスパロガロと交渉中との噂

残りのスズキのシートがどの選手になるか不明ですが、アレイシ選手にとってはスズキと契約が出来ない場合、もはやまともなシート残っていないという現実が。。アプリリアはキャリアクラッシャーの匂いが濃厚なので、どうかなというところですが。。 アプリリ…

★MotoGP2016マーヴェリック・ビニャーレスの頭の中

ビニャーレス選手の長編インタビューというか紹介動画がAlpinestarsのYoutubeチャンネルにアップされていましたので、その内容をご紹介します。正直彼の英語ってかなり訛りがきついので翻訳はかなり苦労します。。普段のトレーニングはガールフレンドのキア…