気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ジジ・ダッリーニャ「GP17はエンジン、シャーシ、エアロダイナミクスを見直した」

Sponsored Link

結構今更感の強いニュースですが、ジジ・ダッリーニャのバレンシアテスト前のインタビューがありましたのでご紹介します。極端な形のカウルを2017年型のデスモセディチは採用するのか?という問いにはジジも直接回答していません。 f:id:teletele916:20161127235052p:plain

Q

「明日はホルへが初めてDucatiの乗るわけですが、GP17にはどのような変更が加えられたのか関心が集まっていると思います。明日は何台のGP17が投入され、大きな違いとしては何があるのでしょうか?」

ジジ・ダッリーニ

「明日はドヴィツィオーゾに1台、ホルへに1台という状態です。ホルヘはまずはGP16からテストをする形になります。これは自分達もGP16に関してのほうが多くの情報があるからです。GP16とGP17の違いを説明するのは少し難しいですね。シャーシ、エンジン、エアロダイナミクスなどの点で変更を加えてあるんです。特にシャーシに関しては旧来のものとは大きく異なり、エンジンもまた同様です。これはライバル達もエンジンに関して性能の向上を果たしてくると思われるからです。ライバルとのエンジンにおけるリードを保ちたいので、新たなアイディアを見つける必要がありました。」

Q

「多くの人間がエアロダイナミクスに関して関心を寄せています。明日はエアロダイナミクス上は同じ効果を持つような極端な形状をしたカウルを見ることが出来るのでしょうか?」(※レギュレーションからの回避策としてウイングレットをカウルの中に持つカウルが生まれるとされているため)

ジジ・ダッリーニ

「明日の主な目的はバイクの違いをしっかりと理解することです。ですから、明日はGP16とGP17の両方にウイングレットを装着してテストを行います。まだ完璧なバイクではありませんから、そうすることでしっかりとした比較を行う目的があります。2人のファクトリーライダーはウイングレットを装着してテストを開始してもらいます。2台のバイクの比較を行う事が、明日の作業の中で最も重要なことですからね。」

Q

「ホルヘがスピードを発揮するまで、どの程度かかると思いますか?」

ジジ・ダッリーニ

「今の時点ではなんとも言えませんね。あと1日待てば答えが得られるでしょう。」

motomoto.hatenablog.com

Remove all ads