Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016ミシュラン アメリカズGP決勝プレスリリース

MotoGP2016 アメリカGP アメリカズGP ミシュランタイヤ

Sponsored Link

今回のアメリカでのレースは、ミシュランにとってアルゼンチンで起きたタイヤの事故を挽回する最高のチャンスでもあり、物流の面でも2週連続での開催であることに加えて、新しいタイヤを工場で作って発送するというタイトなスケジュールのもとで開催されました。マルケス選手のフロントにソフトというタイヤチョイスもミシュランの技術者からのアドバイスだったようですね。

★MotoGP2016ミシュラン アメリカズGP決勝プレスリリース

マルケスがミシュランタイヤを履いてCOTAで圧巻のパフォーマンス
オースティンにあるCOTAでミシュランのデビューレースとなったアメリカズGPはマルケスが4連勝を飾った。ミシュランは先週のレース後の決定を受けて新しいタイヤを今回アメリカに持ち込んだ。タイヤは月曜からフランスのクレルモン=フェランで製造が始まり、テキサス州ヒューストンに発送された。タイヤはトラックに木曜、金曜、土曜の夜という形で届いた。新しいタイヤはソフトタイヤにより強固な構造を採用している。これはテキサスのトラックに特別にデザインされたもので、スコット・レディングのリアタイヤの分析データはまだ出ていないものの、アルゼンチンで起きた事象を受けて開発されたものである。

フリープラクティスと予選は新しいミシュランのパワースリックで行われ、すべてのチームとライダーは新しいタイヤに慣れていき、マルケスは土曜の夜に4度目となるポールポジションを獲得した。レースは温暖な気候で曇り空の元で行われ、56,000人のファンの前でレースがスタートすると、マルケスが抜群のスタートをするものの、ロレンゾがさらに良いスタートでマルケスをパス。ロレンゾは1コーナーでバイクを止めきれずマルケスが再びトップに立つ。ロレンゾは1位争いを諦めず、ロッシが2006年に成し遂げたミシュランタイヤでの連勝をかけて走行した。マルケスが圧倒的な走りをする中ロレンゾは孤独な2位ポジションで走行し、レース後も自分の走りに対して喜びを表す事はなかった。アンドレア・イアンノーネは3位を獲得し、表彰台には異なる3メーカーが並ぶこととなった。


4位と5位にはさらに違うメーカーのバイクであるスズキのマーヴェリック・ビニャーレスとアレイシ・エスパロガロが並んだ。2人は4位をかけて激しい争いを展開し、6位、そして独立チームのライダーの名誉をDucatiのスコット・レディングが獲得した。7位にはポル・エスパロガロが入り、8位に9位はDucatiのミケール・ピッロ、エクトル・バルベラが並んだ。10位にはアプリリアのステファン・ブラドルが入り、トップ10に5つの異なるメーカーが並んだ。マルケスはこの勝利でチャンピオンシップをリード、ロレンゾとロッシがこの後にならんだ。ロッシは3周目に転倒、これはスタートにも彼を悩ませたクラッチのトラブルによる。ミシュランとMotoGPパドックは大西洋を横切り、ヨーロッパラウンドの初戦、第4戦の舞台となるヘレスに向かう。ヘレスでのレースは4/24にアンダルシアの中心部で開催される。

マルク・マルケス

「レースウィークでは本当に良い仕事が出来ました。この勝利は自分と自分のチームだけではなく、ミシュランの技術者のおかげでもあると思います。彼は自分のライディングスタイルに合うから、フロントにソフトタイヤを履くように進めてくれたんです。この選択のおかげで素晴らしいレースが出来ましたしこの結果は本当に嬉しいですね。これからヨーロッパに向かいますが、どのサーキットも今までレースをしてきたサーキットとは作りが異なります。ただミシュランはこれらのサーキットでは経験が豊富ですし、また優勝出来るようにハードに仕事をしたいと思います。」

ニコラ・ グベール

「我々がここで示したかったのは、アルゼンチンでスコット・レディングに起きた出来事の後に、我々は正しい方向に動く事が出来るということでした。我々は自分達が話していた事を実現しましたし、アルゼンチンで使用する予定だったタイヤをもとにした新しいタイヤを持ち込みました。しかしコンパウンドに関しては、このトラックのほうが合っていましたね。工場でこうした事を実現するのは非常にタイトでしたが、彼らは素晴らしい仕事をしてくれ、我々はその成果に満足しています。この構造のタイヤをレーストラックで試すのは初めてでしたが、結果に関しては非常に満足しています。」

ピエロ・タラマッソ

「今週は本当に大変でした。アルゼンチンの後にすぐ行動する必要がありましたからね。まずタイヤを作って、発送して、税関を通してタイヤを受け取ってトラックまで運びました。ですから物流に関しては本当に大変でしたね。でも幸運なことにすべてが上手くいきました。すべてのタイヤが時間通りに届きましたし、すべてのチームとライダーは時間をかけて準備出来ることが出来ました。レースに向けても皆適切なタイヤを選択出来たのではないでしょうか。今回はトラックで今週ハードに働いてくれたミシュランの技術者とフィッター、そしてタイヤの製造と発送に関してハードに働いてくれたファクトリーのスタッフに特に感謝を述べたいと思います。」
出典元:ミシュランタイヤ