Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★カワサキからZ125が登場

Sponsored Link

本当に発売されるか謎でしたが、カワサキからホンダGromの対抗馬として、Z125が正式に発売されるようです。倒立フォーク装備、多めの燃料タンク容量など、思いっきりGromを意識したと思われる作りです。★カワサキ Z125 EICMAで登場

カワサキはアジア市場向けの新型125ccバイクとしてZ125を発表した。これは明らかにホンダのGromの対抗馬として生み出されたものだろう。両方とものSOHCの125ccエンジンを搭載し、単気筒エンジンがフロントホイールに向かって搭載されている。

★カワサキ Z125 EICMAで登場

Z125は4速のトランスミッションを搭載。ベースモデルは遠心クラッチを採用し、Z125Proはマニュアルクラッチを装備する。エキゾーストはエンジンの下に搭載され、コンパクトに収まっている。アンダーカウルはヘッダーパイプを守るようなデザインとされ、ホンダと同様に12インチホイールを搭載する。タイヤはGromよりも細いフロントに100/90、リヤに120/70を履く。(※Gromはフロントに120/70、リヤに130/70)★カワサキ Z125 EICMAで登場

フロントホイールは200mmのディスクローターを採用、リヤは184mmとなる。シングルピストンキャリパーを搭載し、サスペンションは30mmの倒立タイプで、100mmのストローク量がある。リヤショックはオフセットして搭載される。

★カワサキ Z125 EICMAで登場

外見上、Z125はカワサキのZシリーズに良く似ている。角ばったシュラウド、テールライトなど。マルチリフレクターのヘッドライトも、その他のZモデルのアグレッシブなスタイルを踏襲している。

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

インストゥルメンタルパネルはアナログのタコメーター、マルチファンクションのLCDスクリーンに燃料計、ギヤインジケーター、速度計、時計、オドメーター、トリップメーターを備える。

重量は101.15kgで、Gromよりも僅かに軽い。燃料タンクは8.86LでGromよりも多い燃料を搭載する。またZ125はGromよりも僅かに背が高く、シート高は779mmとなる。欧州マーケットで発売されるかについてはアナウンスがないが、詳細は来月のEICMAで明らかになるだろう。

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

★カワサキ Z125 EICMAで登場

blog.motorcycle.com