Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2017 エアロダイナミクスデザインに関するルールアップデート

MotoGP2017

Sponsored Link

今年のMotoGPではウイングレットなど、エアロダイナミクス上の付加パーツが類が禁止となりますが、カウルデザインの変更回数の制限に関してはKTMはこのルールを免れるとのことです。 f:id:teletele916:20170120062118j:plain (Photo courtesy of michelin)

MotoGPのテクニカルディレクターであるダニー・アルドリッジは新たなエアロパッケージに関するルールを発表した。KTMはこのルールから免除されるが、各メーカーのライダー達は、フェアリング、マッドガードのデザイン変更についてはシーズン中に2度まで許可される。


新しい制限はウインドスクリーンの最大幅が300mm、最大長が370mmとされたことで、フロントのボディワークはホイールスピンドルから150mm前方までとなり、フロントタイヤの先端から〜mmという形ではない。

  • 2つのエアロダイナミクスコンポーネントのサンプル、もしくはデザインは、シーズンの最初のイベントでテクニカルディレクターに届けられる必要がある。

  • 各ライダーに関するホモロゲーションとなるため、同じメーカーであってもライダーによってエアロデザインが異なる事がある。

  • シーズン中は各ライダーごとに1回のフェアリングとマッドガードのデザイン変更が許可される。トラックで使用する前には、サンプルもしくはデザインがテクニカルディレクターの元に届いている事が必要。


これらのアップデートは以前ホモロゲーション取得したファクトリーバイクのコンポーネントを含む場合がある。そのため、サテライトチームはファクトリーチームによって使用されているフェアリングを受け取る可能性がある。旧型、アップデート版のフェアリングとフェンダーがシーズンを通じて使用される可能性がある。旧型、アップデート版の間でパーツの交換は出来ないが、旧型のフェアリングとアップデート版のフェンダーが組み合わされること、またその逆もありえる。

  • いくつかのホモロゲーションを受けたエアロボディコンポーネントはモーターサイクルの直接装着されていなくとも良い。(ウェットレースのみで使用されるハンドガードなど)

  • 何かしらマテリアルを減らす事が可能だが加える事は出来ない。(トリミング、ドリルでの穴あけ加工など)


エアロボディホモロゲーション導入の初年度ということもあり、1つの2016年のカウルに関しては2017年のホモロゲーション承認を受ける事が出来る。そのためライダーの中には2017年を、2016年、2017年両方のカウルでスタートする可能性がある。こうした2016年のコンポーネントに関しては、昨シーズンの最終イベントまでに、テクニカルディレクターによるホモロゲーションを取得している必要がある。


ライダー達が2017年のアップデートされたパーツを受け取った後は、2016年、もしくは2017年の初頭に使用していたコンポーネントはその後使用することが出来ない。そのため、全てのライダーにとって常に2種類のデザインのみが使用可能となる。

  • MotoGPへの参戦が初年度となるメーカー(KTM)は、エアロボディのアップデートに関して回数の制限はない。

www.bikesportnews.com