気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016ムジェロGP マルケス「コーナー出口の安定性が必要」

Sponsored Link

なにやら問題が山積みという状況は一向に変わっていないホンダですが、加速力の不足、ウイリーの発生に続いて、コーナー出口の安定感にも問題があるとのこと。とは言えマルケス選手のことですから、なんだかんだ言いつつ表彰台争いは期待出来そうな気がします。

★MotoGP2016ムジェロGP マルケス「コーナー出口の安定性が必要」

マルク・マルケスは16戦連続となるフロントローをムジェロで獲得した。ただバイクに関しては安定性と加速性に関する問題を訴えている。マルケスが3位より下のポジションでレースをスタートしたのは17戦前の事で、マルケスはホンダのバイクはムジェロの高速で流れるようなコーナーからの脱出加速において、ヤマハ、Ducati、スズキについていくにはコントロールが難しいと感じている。

マルク・マルケス

「Ducatiはストレートで本当に速いんですが、ヤマハやスズキに対しても加速で少し負けています。ル・マンはストレートが短いのでほどはではありませんが、色々な部分で0.1秒ずつ失っていくような状況で、最終的には大きなギャップになってしまいます。リアの安定性が低いので、全てのトルクを使うことが出来ません。ただバイクの方向を変えるという事に関しては良いフィーリングです。明日にならないとわかりませんが、FP4ではバイクの感触は悪かったんです。予選で少しセッティングを変えたところ良い感じになりました。明日にどの程度のレベルになれるかは明日にならないとわかりません。エレクトロニクスに関してはハードに作業をしています。正直に言うと完璧ではないんですが、安定性に関して向上させる必要があります。まるで全然安定感の無いバイクのようなんです。トップはDucatiで物凄い安定感があります。そしてヤマハ。スズキは安定感は劣りますが、プッシュすることは出来ます。」


ホンダがいかにオフシーズンにMagneti Marelliのソフトウェアに手を焼いていたかは特筆すべきものがある。しかしマルケスのアルゼンチンとテキサスの勝利によって、最悪の時を乗り越えているという事は言えそうだ。しかしレプソルホンダの両ライダーともに、ムジェロで現行のシステムの変更が必要と語っており、コーナーでスムーズに脱出する事が難しいようだ。


「この問題に関して上手く調整することが出来ていません。本当にハードに作業していて、徐々に近づいてきているんですけどね。昨日は本当に大きくロスがあってバイクの動きは本当に神経質でした。今は最上の妥協点を探しているところです。パワーはあるんですが、昨年はエレクトロニクスでパワーをコントロール出来たんですよ。バイクは安定していてスライドも良い感じでした。今はこのエレクトロニクスではパワーをコントロールするのが難しいです。ですからパワーを減らす必要があるんですけどそうも出来ません。問題はパワーをしっかりと使えないということなんですよ。例えばル・マンではウイリーのせいでパワーを使えませんでした。ウイリーのせいで前に進まないのでウイリーを減らすためにパワーを落とす必要がありました。ここでもウイリーは発生しているんですが、最悪なのはコーナー出口の安定性です。安定性を欲しがってもエレクトロニクスではどうにもなりません。スムースに加速をするためにパワーを落とす必要があるんです。」


ロッシとビニャーレスの間で予選で”話し合い”があったのではという話も出ているが、マルケスは日曜は非常に厳しい戦いになるとしながらも、ル・マンで転倒していることもあって表彰台を獲得したいとしている。


「単独で良いラップをしようとしたんです。これはレースに向けては良いことだと思います。明日にならないとわかりませんが、ヴァレンティーノも単独で走っても良いペースですよね。ビニャーレスも単独で良いリズムです。ロレンゾやイアンノーネもいますし、表彰台獲得は難しいでしょうけど挑戦しますよ。」

www.crash.net

Remove all ads