気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

Sponsored Link

カタールテストの翻訳を優先していたのでご紹介が遅れましたが、ジュネーブショーで発表されたクレイジーな車両、フランスのビルダーであるルドヴィク・ラザレスのLM847です。マセラティのV8エンジンに4輪、テールセクションとサイレンサーはDucatiのパニガーレの物を加工して使っているようです。ハンドルブラケット周りの貧弱さ、ライダーへの熱の影響を完全無視のエンジン位置、燃料タンク容量、冷却は追いつくのかなどなど、突っ込みどころ満載の車両ですが、一度見たら忘れられない造形であることは確かです。ちゃんと動く車両なのであれば、H2と0-400m勝負の動画など作成すると良いプロモーションになるのではないでしょうか。全開で走行したら分解しそうな気もしますが。。

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

ルドヴィク・ラザレスはクレイジーなバイク、トライク、クアッドなどを製作しているが、今年のジュネーブモーターショーで発表した車両は、来場者の目を釘付けにした。LM847はリーニング4ホイールで、エンジンは470馬力のマセラティV8エンジンを搭載、テールセクションはDucatiのパニガーレとなっている。これは以前発表したDodgeトマホーク(※Dodgeの8L、V10エンジンを使用したコンセプトバイク)を思いおこさせる。

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

数字から見ていこう。470馬力のエンジンは7,000回転まではそのピークパワーを発生しないが、457lbftものトルクは4,750回転から発生する。車重は400kgと重いが、恐ろしい加速性能を誇るだろう。実際のところトルクがありすぎるためにこの車両にギアボックスが存在せず、流体クラッチを用いてエンジンと1速しかないギアを接続しており、これが200サイズの両リヤタイヤを回転させる。

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

リムマウントのフロントブレーキは直系420mmで、両方にNissinの8ポットキャリパーを装備する。フロントタイヤはそれぞれ180サイズとなっており、まるでリアタイヤのように太い。ジュネーブショーの来場者は418km/hを記録するブガッティのChiron、ランボルギーのCentenario、ケーニグゼグのRegeraを目当てにショーに来た事は間違いないが、この車両が来場者の目に止まった事は確かだろう。

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

★マセラティエンジンを搭載したカスタムバイク?Lazareth LM 847

www.visordown.com