気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★EBR復活!「3月中頃には新型モデルの発表が目標」

Sponsored Link

色々と擦った揉んだがあったEBR(Buell)ですが、遂に今度こそ完全なる復活を遂げるようです。EBRを買収したLiquid Asset Partnersは投資/コンサル企業のようですが、今回のEBRへの資金の投入、買収してからの動きの速さなどから考えて、買収した企業の企業価値を高めて売却して利益を得るというビジネススタイルの企業なのかなと予想します。経営がイマイチで行き詰ったEBRからすると、非常に強力なパートナーを得たと言えるのでは無いでしょうか。バイク業界では外国企業に身売りする企業も多い中、アメリカ資本の企業が親会社になったのは本当に良かったなと思います。新型モデルが3月に登場するということ(※恐らく設計等は倒産の前に済んでいたんでしょうね)ですので、こちらも非常に楽しみです。

★EBR復活!「3月中頃には新型モデルの発表が目標」

Buellを嫌う連中とその周辺の人間は、エリック・ビューエルのEBRがLiquid Asset Partnersに買収され、1983年から続く血統を持つこのアメリカのスポーツバイク企業を存続させていくということを知って落胆しているだろう。EBRはRX、SXの再生産を開始し、エリックの独創的なアイディアを盛り込んだ新型モデルが既に構想されている。新会社は資金も豊富にあり、今まさに成長しようとしているところなのだ。

Liquid Asset Partnersのプレスリリースでは「最初のステップは来週から始まります。EBRのRS、RX、そしてSXモデルのアフターサービスの再開、リペアパーツの購入がLiquid Asset Partnersから可能になるようにし、以前EBRで購入が可能だった旧型Buellのパフォーマンスパーツも同様です。バイクの販売時期がすぐに近づくのに合わせ、経営陣は新型のRX、そしてSXモデルの生産準備に取り掛かっています。ゴールとしては2016年モデルのEBRを3月の中頃までにロールアウトすることです。」とある。

Liquid Asset Partners自体もEBRを今後任せられる買い手を探しているようだが、この新しい方向性に関するニュースはポジティブなものである。以下がLiquid Asset Partnersのプレスリリースの全文だ。

Liquid Asset Partnersプレスリリース

スタンドを跳ね上げ、準備は整いました。EBRモーターサイクルは昨年4月から長引いていたウィスコンシンの第128号事業再生を完了しました。EBRの2012-2015年モデルの交換部品の目録、ブランド名、トレードマーク、パテント、営業許可、テスト施設、組み立てライン、開発注だった新型モデルはミシガン州のLiquid Asset Partnersが所有することになりました。また、Liquid Asset Partnersはモーターサイクルビジネスを買い取る、もしくは資金提供を行いこのビジネスを次のレベルに成長させることが出来る個人、もしくは企業を探しています。

EBR創業者 エリック・ビューエル

「アメリカンスポーツバイクのビジネスにとって素晴らしいチャンス、大きなスタートとなります。今回の機会を作ってくれたこと、そして再びバイクの生産に取り掛かれるようになるということに対して、ビル・メルヴィン・ジュニア、ビル・メルヴィン・シニア、そしてLiquid Asset Partnersもチームにお礼を言わねばなりません。EBRのオーナー達の為にパーツの提供をはじめられるということも素晴らしいと思います。前の会社は成功に向けて多くの機会を持っていました。ただ今回新しい会社として素晴らしいオーナーシップと明確な方向性の元に再スタート出来るということにワクワクしています。」

 

マネジメントメンバーのキム・トーディックはエリックと30年を共にして来た人間だ。キムはBuellが始まったばかりの頃からのメンバーで、ハーレー参加となった頃、エリックビューエルレーシング(EBR)の立ち上げにも携わった人間で、その彼はこう語ります。

キム・トーディック

「私はずっとこの挑戦と成功に長年携わってきた人間です。エリックと共にお客さんを第一に考えてきました。エリック・ビューエルのエネルギーと情熱、彼の伝説的なブランドは今も変わって変わっていません。多くの資金があり、そこに彼の素晴らしい才能が組み合わさるわけですので、これから素晴らしい時が訪れると確信しています。」

 

EBRの最初のステップは来週始まります。EBRのRS、RX、そしてSXモデルのアフターサービスの再開、リペアパーツの購入がLiquid Asset Partnersから可能になり、以前EBRで購入が可能だった旧型BuellのパフォーマンスパーツもEBRから購入が可能となります。バイクの販売時期がすぐに近づくのに合わせ、経営陣は新型のRX、そしてSXモデルの生産準備に取り掛かっています。ゴールとしては2016年モデルのEBRを3月の中頃までにロールアウトすることです。

マネジメントメンバー スティーブ・スミス

「機は熟しました。EBRのサプライヤー、ディーラー、お客様、世界中のファンにアプローチする時が来たのです。事業再建のプロセスの中でスタッフにとって、その詳細について語る事は不適切でありました。世の中には虚偽の情報が溢れ、憶測が語られている中で自由に話せないという事はフラストレーションがたまることでもありました。BuellとEBRについてはありとあらゆる種類に意見や誤解に基づく話が、ここ9〜10ヶ月巷に氾濫していました。Liquid Assetがモーターサイクルに関する資産、知的財産を管理している中で、今は再スタートの時であると言えます。EBRを愛する人達からの変わらぬ熱狂は本当にありがたいものです。それはEBRの将来の成功を助けてくれます。我々もEBRに興味を持ってくれたライダーが、最寄りのディーラーと話せること、願わくば2016年のEBRモデルの購入を手助け出来ることを望んでいます。」

 

一度この計画が実現すれば次なる成長への道筋が開きます。BuellとEBRというアメリカの革命、スピード、根気強さは数百、数千と世界に広まり迎えられているもので、次なる章に向けてさらなる投資を必要としています。Liquid Assetはこのブランドの世話人として1983年より脈々と続く真のアメリカのスポーツバイク企業を守っていきます。RX、SXの生産を開始する事に加え、エリックの独創的なアイディアを盛り込んだ新型モデルも既に設計が進んでいます。新会社には資金も豊富にあり、これからまさに急速な成長を遂げようとしています。

 

EBRの取得等についてさらなるをご希望の方は、Liquid Asset Partnersまでご連絡を。
EBRのパーツについてさらなるをご希望の方はLiquidAP.com/EBRpartsまでご連絡を。

 

感謝を込めて。チーム EBR

blog.motorcycle.com