気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★スズキから 2017年にターボチャージド隼が登場する?

Sponsored Link

スズキから2017年モデルとしてターボチャージャー搭載の隼が登場するかもしれないというニュースです。確かにそろそろ隼の新型も出ないとおかしい時期ではありますが、GSX-R1000と違って全く情報が出てこないので、本当にあと1年後に登場するのかについては怪しい気もします。早くても今年のEICMAでコンセプトモデルが発表されるというくらいのスケジュールではないでしょうか。ただスズキのアプローチからして、新型の隼はカワサキのH2のような棘々しい化物(※褒め言葉ですw)という存在感ではなく、もう少し落ち着いた雰囲気とスズキらしいヌメヌメした気持ち悪いデザイン(※褒め言葉ですw)で登場すると予想します。

★スズキから 2017年にターボチャージド隼が登場する?

この話題をずっと避けようとしてきた。というのもこの考えは色々なソースによる空虚な考えだと感じるからだ。ただどうやら、スズキは1500ccのターボチャージド隼を2017年モデルとして発表しようとしているという情報がある。現段階ではこの噂については確信が持てない。ただ明らかな事は2つある。

  1. スズキはようやくGSX-Rのラインナップにようやく新しい息吹を吹きこもうとしている
  2. スズキのGSX-1300R隼はアップデートの必要を迎えている。

まずは新型の2017年型GSX-R1000だ。同時に新型のGSX-R600、GSX-R750の姿も見ることが出来るだろう。GSX-R250、GSX-R300と呼ばれるバイクについてスズキが動いているという話もある。しかし、本当に4気筒の神様に感謝したいと思う。素晴らしいブランドあるスズキが生み出したモデルが、道端に打ち捨てられた業界の轢死体のようになっているのを見るのは耐え難いからだ。

 

私はズズキが隼をアップデートして市場に投入してくれることを待ち望んできた。私が言うアップデートというのは、本当の意味でのアップデートで、2008年のようなリニューアルではない。私にとってこの問題は本当に個人的に気にかけている問題なのだ。スズキの隼は私がモーターサイクルに親しみ始めた時にまさにデビューした。そのスピード、エアロダイナミクスを追求したデザインは私には後光が差しているようであった。

 

それは本当に筋骨たくましいバイクで、ホンダやカワサキに真っ向から対抗するバイクであった。トラックでは最速のバイクではあるまい。しかしストレートでの速さは凄まじい。10代の私にはそれはもう本当に魅力的なバイクだった。友人達が呼ぶように”Hayabuttugly”という言葉では表せない。あるライダー達はターボチャージャーを追加し、スイングアームを延長した。隼はある意味、モーターサイクルの文化になったのだ。(悪趣味なペイントはこの”クラブ”に入るための通過儀礼のようにも思える。)

(※管理人注 ”Hayabuttugly”というのは造語ですが、醜い=Uglyな隼ということでターボ追加、ロンスイ、ド派手な塗装をしたカスタムを揶揄した表現だと思われます。)

 

こういった出来事から時間が経ち、隼を特別なバイクにしていたものも現代では普通になってきた。1300ccもしくはそれ以上のバイクは沢山存在しているし、KTMの1290 Super Duke RやDucatiの1299パニガーレは200馬力以上の馬力を発生する。さらに過給装置を持ったバイクもこの業界では珍しくなくなってきた。しかし、現在スズキにとっては隼の再興の絶好のタイミングと言えるだろう。優れた企業は顧客が自分たちのバイクをどのように使うかをよく見ている。そしてその次のニーズを満たすものをより良い形で満たそうと考える。願わくばスズキはそうした企業であって欲しい。

 

カワサキのスーパーチャージャー搭載のニンジャH2/H2Rが馬力の世界であぐらをかいている以上、スズキからターボチャージド隼が登場するのは、スズキからの強烈な主張と言える。WSBKのルール変更によってホモロゲーションスペシャルモデルが復活する。そしてまたH2はハイパーバイクの世界において、各メーカーの新しい挑戦を打ち立てた。

 

実用的で、手頃な価格のバイクが市場では求められているのをメーカーは理解しているが、楽しく、限界を切り開くとてつもないバイクにも、ある程度の節制があることを願っている。OEMのスズキのターボチャージド隼はそうしたバイクになる可能性がある。そしてこの新型の隼は、間違いなく少年(もしかしたら少女も)を夢中にさせ、自分のベッドルームの壁にポスターを貼って、いつか乗る日を夢見させるバイクになるに違いない。
BY JENSEN BEELER

A Turbocharged Suzuki Hayabusa Really Should Happen

www.asphaltandrubber.com