Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★フィリップアイランド3日目 リンス「速く走るのは簡単ではない」

Sponsored Link

総合6位タイムを獲得したリンス選手。そのスピードを疑問視する声もちらほら出ていましたので、この結果でそうした不安に回答が出来たと言えるでしょう。あとはロングランでしっかりとコンスタントなペースが刻めるかどうかが課題ですね。

f:id:teletele916:20170219063026j:plain (Photo courtesy of michelin)

素晴らしい結果のセパンから2週間、アレックス・リンスはフィリップアイランド最終日に6位タイムを獲得し、今年のMotoGPのルーキーのレベルの高さを強調した。Moto3とMoto2で発揮したスピードを考えると、リンスが250馬力のMotoGPに適応しているのも驚きではない。しかしリンスがビニャーレスから0.5秒差で、チームメイトのイアンノーネより0.4秒速いを記録したのは驚きだった。この日遅くに転倒したとはいえ、彼の3日間の走りの素晴らしさは色あせない。

アレックス・リンス

「今日のフィーリングは非常に良かったですね。ターン2で小さな転倒をしてしまいました。ただ小さなミスです。ただ毎回向上して行くことが出来たので嬉しいですね。とにかく自分のベストを尽くしましたし、周回ごとによくなりました。これが重要なことです。バイクとトラックにしっかりと適応出来たと思います。ここは周回中にパーフェクトなラインを走行し続けるのが難しいですね。周回するごとにそこに集中しようとしているんです。高速コーナーにおいても少し改善がありました。かなり速く改善が出来ているのが嬉しいですね。」


「段々とMotoGPライダーという感じがしてきました。やるべき作業は大量にあります。MotoGPバイクに今年始めて乗ってトラックで速く走るというのは簡単ではありません。ですから自分もベストを尽くしますし、フィーリングを掴めるようにチームとも懸命に働いています。ジョナスは悪くなかったですし、非常に速かったですね。サムとザルコも同様です。MotoGPではコンスタントに走る事が難しいですよね。トップに近い位置を維持したいと思います。トップで走る経験はありませんからね。ただトップ15、トップ10くらいで走れるようにしたいと思います。改善が必要なところは恐らく低速コーナーですかね。高速コーナーであれば安定感があってコーナリングスピードもあります。」

http://www.crash.net/motogp/news/240330/1/rins-shrugs-off-late-spill-always-improving.html