気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016日本GP優勝/2016年チャンピオン マルケス「最後は集中が難しかった」

Sponsored Link

ヤマハ2人の転倒に助けられ、残りの3戦で回収出来る75ポイント以上の差を築いているということで、2016年の世界タイトルを獲得したマルケス選手。ロッシ選手が転倒した後も100%でプッシュをしたと語りますが、ロレンソ選手転倒の知らせをピットボードで知った後は、集中が難しかったと語ります。これで5度の世界タイトルを史上最年少で獲得という記録をも塗り替えたマルク・マルケス選手。持ち前の一発の速さ、驚異的なリカバリー能力、タフな精神力に加えて、今年は安定感という強力な武器が加わった素晴らしい選手に大きく育った2016年となりました。今シーズンの残り3戦はどのような走りを見せてくれるでしょうか? f:id:teletele916:20161016161004p:plain

Q

「マルケス、ワールドチャンピオン獲得おめでとうございます。7年目にして5度のタイトル獲得となりました。残り3周でロレンソが転倒したというボードを見た時の心境は?」

マルク・マルケス

「正直最高の気分です。レースの前には予想もしていませんでしたから。ここでは無理だと思っていましたからね。ロッシがリタイアしたというのを見て、100%プッシュして優勝を狙おうと思っていたんです。その後ひたすらにプッシュしていて、残り3周でピットボードでロレンソもリタイアしたというのを見て、その周は多分4つか5つコーナーでミスをしました。集中するのが本当に難しかったんです。ただ昨年の事を考えると本当に嬉しいですね。トップに戻って来て、ホンダ、そして茂木という組み合わせですからね。チーム、メカニックに感謝と、今年無くなった祖母にも勝利を捧げたいですね。このタイトルに彼女も喜んでくれると思います。」

Remove all ads