Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★スズキ インドネシアでGSX-R150とGSX-S150を発表

新車情報 スズキ

Sponsored Link

スズキはインドネシアでGSX-R150とGSX-S150を、MotoGPライダーのアンドレア・イアンノーネ選手、アレックス・リンス選手をプレゼンターとして起用して発表しました。生産はインドネシアで10,500回転で18馬力を発生します。 f:id:teletele916:20170225022609j:plain チームスズキECSTARのアンドレア・イアンノーネとアレックス・リンスは、フィリップアイランドでのテストを終えた後、インドネシアで新型GSX-R150とGSX-S150の正式発表イベントに出席した。 2人はジャカルタのCilandak Town Squareで、2000人を超えるファン、地元メディアの前で新型バイクを発表。GSX-R150とGSX-S150は150ccクラスのバイクとしては、最もパワフルで最も先進的なマシンだ。このクラスを席巻する力を持つこのバイクは、ジャカルタで初めて公開された。2モデルともスズキのインドネシアはTambunにある工場で製造される。


インドネシア市場向けに開発されたこのモデルは、クラスで最もコンパクトで最軽量となる。シート高は市場のニーズにフィットしており、デザインはスズキのハイパフォーマンスマシンであるGSX-R1000とGSX-S750からインスパイアされたもの。GSX-R150とGSX-S150はDOHCの150ccエンジンを搭載し、最大馬力14.1KW(約18馬力)を10,500回転で発生する。最大トルクは9,000回転で発生する14nmだ。6速トランスミッションを搭載し、エンジンは13,000回転まで回る。イアンノーネとリンスはインドネシアのファンによる温かい歓迎を喜び、彼らのバイクに対するファーストインプレッションを聞きたいと願うジャーナリストに囲まれた。

アンドレア・イアンノーネ

「インドネシアでこうしてファンに囲まれ、熱狂を持って受け入れてもらうのは嬉しいですね。最新型モデルなので、残念ながらGSX-R150とGSX-S150をテストする事は出来ませんでしたが、数日前にオーストラリアでテストしたGSX-R1000Rに非常に似ていて感激しました。インドネシアでスズキは愛されているメーカーです。このバイク達はスタイルとパフォーマンスの両方を望んでいる人々の通勤バイクとして最高ですね。」

アレックス・リンス

「インドネシアは今回が始めてでした。ファンからの愛情が最高ですね。ファンの皆さんが自分達と新型マシンを待ち望んでいました。GSX-R150とGSX-S150が人々にいかに熱望されていたという事がわかるので、こうしてこのバイク達を紹介する事が出来たのは自分にとって名誉なことです。自分はまだ若いですから、自分の友達がこうしたバイクで通勤をしたり、週末のツーリングを楽しむのが容易に想像出来ます。」 suzuki-racing.com