Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ドルナ ブリティッシュタレントカップを2018年から開催

Sponsored Link

ドルナはイギリスにおいてもCEVジュニアチャンピオンシップ、アジアタレントカップに相当するレースを2018年から開始するようです。Moto3、Moto2クラスを盛り上げ、さらにそこから優れた才能をMotoGPに供給し続けるためにも重要な動きと言えます。 f:id:teletele916:20170124005804p:plain

MotoGPの主催者であるドルナは、イギリス国内からMoto3やMoto2に旅立つ選手を増やすため、ブリティッシュタレントカップの開催を計画している。ドルナは既にレッドブル・ルーキーズ、CEVジュニアワールドチャンピオンシップ、アジアタレントカップなどで若い才能を発掘しているが、アルベルト・プーチはイギリスにも同様のものが必要と考えている。

アルベルト・プーチ

「イギリスでもこうしたレースを広げていこうという調査をしています。今年に何らかのそうした選択のためのプログラムを走らせるでしょう。(※ドルナのエスペレーターは、イギリスGPが開催される8月のGP前に、こうした選考レース?をシルバーストーンで行うと延べています。)そして2018年にブリティッシュタレントカップを開催しようと計画しています。」


チーム編成については既に始まっており、ジョン・マクフィーを走らせる予定などがあるが、プーチはさらに計画を進めていきたい考えだ。


「イギリスでモーターサイクルレースを広めたいと思ったら、アジアやスペインで行っているように若者が参加出来るレースを作る事が必要です。しかし同時にそのレースには何らかのターゲット、つまり走ることが出来るチームが必要です。ですからチームの編成は今年から開始します。これは参戦を考えている若者の参考になるようなもので、そのライダーとしてジョン・マクフィーを考えています。そこから物事がどのように動いていくかを見ていきましょう。通常プロジェクトを開始する時はどこに向かうかわからないものです。ただスタート地点はわかっています。アジアタレントカップのような成功例を繰り返す事が出来れば嬉しいですね。ただ、今の段階では何とも言えませんね。」


ジェレミー・マクウィリアムズもこの活動の大使として、若きスターのコーチとして参加する。


「アイディアとして若いライダーをケア出来る存在としてジェレミー・マクウィリアムズを考えています。彼はチーム発足だけでなく、将来的なレースに関して、イギリスの若者のスカウトに関して大きな助けとなってくれるでしょう。イギリスにはレースの伝統があります。もしある国が何かで強かったという歴史があるなら、彼らにとってそれが既に終わってしまったと信じるのは難しいでしょう。このスポーツを重要なものとしているのはレースそれ自体です。モーターサイクルレーシングの最高の楽しみはそのスリル、興奮、激しさです。そしてそれこそが記憶されるべきものなのです。」

www.bikesportnews.com