気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★Ducatiアメリカ 2015年に12,132台のバイクを販売

Sponsored Link

Ducatiが世界市場で好調であるというニュースは届いていましたが、北米市場でも大きな伸びを見せたようです。世界的にはやはりスクランブラーが売れて、899パニガーレ、モンスター821などのモデルも好調だったとのこと。Ducatiは出すバイクが次々に売れているような印象が強いですね。

★Ducatiアメリカ 2015年に12,132台のバイクを販売

Ducatiアメリカは2015年に12,132台のバイクを販売したと発表した。これはUS市場の販売台数9,674台(10%アップ)、カナダ市場の販売台数1,458台(12%アップ)、メキシコ市場の販売台数1,003台(85%アップ)の合計だ。このニュースはそこまで驚くべきものではないだろう。というのもDucatiの世界市場全体の販売台数は昨年の22%伸びて54,800台となっているのだ。Ducati北米の販売台数の伸びはここ6年連続の事で、特に昨年はDucatiスクランブラーの登場によって牽引された。

Ducatiアメリカによるとスクランブラー以外に899パニガーレ、モンスター821がこの地域でのトップセラーであったようだが、1299パニガーレ、ムルティストラーダ1200がアメリカ市場で特に売れていたようだ。この販売トレンドに関してはアメリカ市場だけではなく、世界市場でのトレンドとほぼ同じだったのだろうと考えられる。つまり販売増加はスクランブラーによるもので、他のモデルもこれに大いに貢献したということだ。

DucatiアメリカCEO ドミニク・チェラッキ

「Ducatiアメリカのこの結果は我々とディーラーネットワークのハードワークによるものです。過去5年の成功を非常に誇りに思っていますし、このブランドを待ち受ける将来に向けて非常に情熱を感じています。」

Ducatiアメリカは2016年の販売はムルティストラーダ1200エンデューロとXDiavelによって牽引されると考えている。XDiavelは春先には販売店に並ぶ予定で、同じくムルティストラーダ1200エンデューロも4月には販売店に並ぶ。

Ducatiアメリカ ジェイソン・チノック

「Ducatiアメリカを牽引するという事は、とてつもない栄誉と責任のある仕事です。プレミアムな経験をオーナーに届けるということと、ディーラーのパートナー達の利益を確保するという事を考えながら成長を続けるという明確な目的があります。素晴らしい内部マネジメントチームがいますし、優れたディーラーネットワークに強力な商品が組み合わさっています。これらが市場の中で利益を生み出していくという能力を我々に与えてくれるのです。」

www.asphaltandrubber.com