Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MVアグスタ 2015年に30%の販売台数アップを達成

Sponsored Link

MVアグスタのセールスが好調とのこと。本国イタリアでは変わらずながら、ヨーロッパを中心に大きく成長を遂げているようです。日本だと完全な高級車扱いなのであまり売れるイメージはないですが、ヨーロッパでは売れるもんですね。
f:id:teletele916:20151217103953j:image

MVアグスタは年間の販売台数が2015年に30%アップしたと発表した。過去数年に渡りMVアグスタは成長を続けている。MVアグスタは2015年に全世界で9000台近くのバイクを販売し、イタリア以外の国で大きく成長を遂げ、成長率はイギリスでは140%、スペインで54%、ドイツで26%、フランスで20%となった。

MVアグスタはアメリカでも大きな伸びを見せ、販売台数では50%の伸びを遂げた。面白いことにイタリアでのセールスは大きく変わらず、昨年と比べて0.1%の減少となった。MVアグスタによると2015年の歳入は30%アップ、ビジネスオタクのために説明しておくと、一台あたりの平均の限界利益は高くなっているという。これはTurismo VeloceやDragster RRなどの高級モデルの売上が良かったことに起因する。

 

MVアグスタ CEOジョバンニ・カスティリオーニ

「2015年はMVアグスタにとって素晴しい年となりました。Turismo Veloceの登場でアグスタ史上初めてのツーリングモデルが誕生し、ライバル車と異なる新次元の楽しみ、ライダーを興奮させる旅やツーリングの楽しみを提供する事ができました。これがMVアグスタを他のブランドと異なるブランドたらしめている理由です。このモデルはセールス、利益の成長を牽引する意味で重要なモデルでした。」
 
「我々の資本上のパートナーであるメルセデスAMGとの初年度において販売、マーケティングの成果に関しては満足しています。共に情熱とパフォーマンス、アドレナリンを象徴する同じ価値を共有するブランドです。2016年はセールスボリュームという面で非常に重要なモデルとなる新型のブルターレ800が登場します。発表に関するプレスは1月15日に行われます。全体で30,000台を販売したオリジナルのブルターレの発表から15年。この新型ブルターレは今までで最も美しいブルターレだと言えます。」
 
これらはMVアグスタの目標である20,000台の販売に向けてイタリアの国外を中心に進められており、さらにはヨーロッパ圏以外にも広がっている。しかしながらMVアグスタからのプレス資料によると、今回の発表は目標としていた12,000台の目標に対しておよそ25%ビハインドの数値となっている。
 
MVアグスタはEICMAで完全新型の2016年モデルを発表する事が出来なかった。これはおそらく来年の成長に対して影響を及ぼすだろう。Turismo Veloceは来年の始めにアメリカで販売が開始されるが、これがMVアグスタの2016年の世界市場でのセールスをブーストする要因となるかもしれない。
BY JENSEN BEELER