気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★アッセンGP決勝プレスカンファレンス ほぼ全文翻訳

Sponsored Link

さて「気になるバイクニュース」恒例のプレスカンファレンスほぼ全文翻訳です。今回は完璧とも言えるレースを展開したロッシ選手でしたが、マルケス選手との舌戦もジョークを交えつつ展開しています。
そして、いつもどおり「我関せず」を貫き通すロレンゾ選手でした(笑)
f:id:teletele916:20150630081020j:image

アッセンGP優勝 ロッシ

ニック・ハリス
「さて、どこから始めましょうか。最終シケインも凄いバトルでしたが、今週は今までの努力が全てが報われた展開でしたね。」
ヴァレンティーノ・ロッシ
「今週は最初から良い調子でした。チャンピオンシップにおいてこういう時は最大の力を発揮していかないとならないですからね。今日は最初から良いレースだったと思います。集中していましたし、ポールスタートだったので3列目スタートに比べると楽でしたね。スタートもノーミスでしたし、プッシュして良いペースで走行出来ました。ホルヘが直ぐ後ろにきているのがわかっていましたが、1周目は素晴らしいラップだったと思います。」
 
「自分のペースのほうが少し速かったので、ホルヘとの間にギャップを作ることが出来ました。でもマルケスとのギャップは十分ではなかったですね。最大限の力でプッシュしましたがついてこられてしまいました。その後も最大限の力で走りましたが、徐々に自分もバイクも100%の力なのに引き離せないということを心配し始めました。その後マルケスにパスされてから彼の走行を後ろから見ていたんです。確かに彼は速いと思いましたが、自分はもう少し速く走れると思ったので彼を抜きに行きました。その後のラップは素晴らしいラップで彼を引き離せたと思ったんですが、その後、マルケスも良いラップを刻んで追いついてきました。」
 
「最終シケインでは限界のブレーキングでした。マルケスが突っ込んでくるのが見えましたが、自分は既にコーナーに入った後だったので彼の進入は既に手遅れだったんです。その後マルケスに突っ込まれて、シケインをショートカットせざるを得ませんでした。グラベルの上でマシンをしっかりとコントロール出来たのはラッキーでした。でも今日のバトルは良いバトルでしたね。前回のバトルでは彼に負けてますから(笑)」
 
ニック・ハリス
「チャンピオンシップでのリードはホルヘに対して10ポイントなりました。」
ヴァレンティーノ・ロッシ
「大事なのは今週ホルヘより前に出れたということですね。過去4戦でホルヘは完璧なレースをしました。今回の勝利はバルセロナから引き継いだものだと考えています。バルセロナではいくつものセッティングを試してバイクの調子を上げることが出来、レースも良いペースでしたがホルヘには届きませんでした。ただ波に乗っていることはわかっていましたし、M1はこのサーキットでは強いということもわかっていました。これから11戦、いや10戦ですか。長い戦いですけど、今週のように良いコンディションで良いレースをして出来るだけ多くのポイントを獲得することが大事ですね。中にはこういうふうにいかないレースもあるでしょうから。」
 
ニック・ハリス
「ここでは9勝目ですね。」
ヴァレンティーノ・ロッシ
「ムジェロと同じような感じですね。そういう意味もあってお気に入りのサーキットですね。2009年は100勝目だったのもあって、今週とどちらが良かったというのは難しいですけど、チャンピオンシップにとっては重要な1勝でしたね。」
 
f:id:teletele916:20150630081040j:image

アッセンGP2位 マルケス

ニック・ハリス
「シケインに関しては違う見解かもしれませんが(笑)素晴らしいレースでしたね。そして久しぶりの表彰台獲得ですね。」
マルク・マルケス
「とんでもなく嬉しいですね。ようやく優勝をかけて戦う事ができるようになりました。ここではいつも苦戦しているので、バイクが操縦しやすく仕上がって良かったですね。勿論まだ改善が必要ですけどね。今回は落ち着いてヴァレンティーノの後ろで彼を観察しながら、どこで彼を抜けば良いかどこで準備をしたら良いのか勉強させてもらいました。最終ラップ付近でミスをしてしまい離されてしまったんですが、その後良い走行をして最終シケインでヴァレンティーノにスペースを与えないように進入したんです。彼がシケインをカットするとは思っても見ませんでしたけどね。判定で自分が優勝になると思っていたんです。ただ、今回のレースはポイントが云々というよりも戦えるレベルに再び帰ってこれたということが重要です。」
 
ニック・ハリス
「ホンダとしてはあなたに表彰台を獲得して欲しいわけですよね。」
マルク・マルケス
「勿論重要ですね。自分にも、ホンダ、チームにとってもね。特に自分たちが普段苦手としているトラックでは特にね。ただ、一番大事なのは今も言った通りバイクに乗ることを再び楽しめるようになったことですね。レース後半のペースをもう少しなんとかしたいですね。ドイツではそのあたりを改善していきたいですね。」

f:id:teletele916:20150630081102j:image

アッセンGP3位 ロレンゾ

ニック・ハリス
「さて、ホルヘ。今回の1周目は素晴らしかったですね。」
ホルヘ・ロレンゾ
「特にここではこういう順位でのスタートは暫く経験がなかったですからね。今日はフロントに立つのは難しいと思っていたんですが、スタートも1コーナーも上手くいきましたね。直ぐに3位まで上がることが出来たので、マルクとヴァレンティーノについていくことに集中しました。しばらく彼らについて行ったんですが、徐々にタイムが落ちていってしまってね。特に自分が苦手にしている2つのセクタータイムが伸びませんでした。努力はしたんですがこのトラックではいつもの自分よりも良い調子では無かったですね。逆にマルケスとヴァレンティーノは最初から良い調子だったということですよね。でも正直言って、この厳しい環境の中では最高の結果だと思います。」
 
ニック・ハリス
「次はドイツでヴァレンティーノと10ポイント差ですね。」
ホルヘ・ロレンゾ
「そうですね。ドイツは少し難しいサーキットです。一度も勝ったことがありませんし。ここと同じような展開にはならないようにしたいと思いますが、ポイント差は10ポイントですからね。」
 
 
Q
「ヴァレンティーノからはいつも多くを学ぶと語っていますが、今日は何を学びましたか?」
マルク・マルケス
「モトクロスかな(笑)(※管理人注 ロッシ選手がシケインをカットして一瞬オフロード走行のような状態になったことを揶揄している。」
 
Q
「ヴァレンティーノ、ランチ(※私設の練習場)でもグラベルトラップを走る練習をしているんですか?(※すかさずジャーナリストから嫌味なツッコミ)」
ヴァレンティーノ・ロッシ
「いやいや、そんな練習はしないよ(笑)」
 
Q
「完走直後にヴァレンティーノが行き場を閉じたから接触になったというようなコメントをしていましたが、ヴァレンティーノが意図的にやったと思いますか?」
マルク・マルケス
「いや、ただ自分はシケインでの立ち上がりに備えて完璧なコーナー進入だと思ったんですけどね。2人共既に並んでいましたし、同じ位置を走っていましたから。ただ最終ラップは素晴らしいラップでしたし、最終シケインも昨日シミュレーションしていたとおりの良い出来でした。」
 
Q
「残り7、8周目あたりでピットボードにBRKとありましたが、あれは何ですか?
ヴァレンティーノ・ロッシ
「この質問は多分3回目くらいなんだけど、エンジンブレーキに関する指示だよ。」
 
Q
「マルクとヴァレンティーノに質問です。いつも良い関係の2人ですが、アルゼンチンに続いて今回の接触があったわけですが、2人の関係は変わりますか?」
ヴァレンティーノ・ロッシ
「いや、それは無いだろうね。」
マルク・マルケス
「変わらないと思います。と言うか変わらない事を願います(笑)ヴァレンティーノはチャンピオンシップでポイントを稼ぎたくて、自分はただレースに勝ちたかったということですよ。」
 
Q
「この質問はあなたを怒らせるかもしれませんが、ヴァレンティーノとレースディレクションが今回の出来事に関してはあなたと反対の意見を持っているようですが、それについてどうこうして欲しいという気持ちはありますか?」
マルク・マルケス
「う~んわかりません。ただ、今日(のショートカット)が前例になるかもしれませんね。ヴァレンティーノが(コースをショートカットして)何もお咎めが無いんなら、自分もやろうって具合になるかもしれませんよね。(※それを見ている別のライダーが)」
ヴァレンティーノ・ロッシ(すかさず口を挟んで)
「ただ、実際にはラグナセカでも同じようなことをやっているんだけどね。」

f:id:teletele916:20150630081139j:image
Q
「ヴァレンティーノ、ショートカットは故意にやったんですか?」
ヴァレンティーノ・ロッシ
「これに関してははっきりさせておきたいんだけど、自分が思うに最終シケインでは自分のほうが完全にフロントにいて、ハードブレーキングをして最初の右コーナーに既に飛び込んでいた段階でした。マルケスのタイヤが突っ込んで来るのが見えて、自分の右肘の後ろにぶつかりました。自分は右のシケインに備えてハードブレーキングをして曲がろうとしていたところだったんです。自分は走行ラインにいたんだけど、マルケスが突っ込んできたことで、アウトに押し出されました。」
 
「あの状態でラインをキープするのは不可能でした。あの時はシケインの中にとどまるという事は出来ませんでした。スピードもかなりのものでしたからね。自分はそのままグラベルに突っ込んで、土の深さがわからなかったのでスロットルを開けました。幸運にもコントロールすることが出来ましたけど。これが自分のバージョンです。マルケスはマルケスの言い分があると思いますけどね。自分が覚えているのはこういうものです。」
 
Q
「マルケス、ヴァレンティーノが言っていることは正しいですか?」
マルク・マルケス
自分がわかっていることは自分が正しいってことです。自分はコースの外を走っていませんし、最終ラップも最終コーナーも素晴らしい走行だったと思っています。自分がブレーキングを終えた時自分は完璧にコーナーの内側にいましたし、あのシケインはとてもタイトですから、あそこでああいった事が起きるかもというのは分かっていたことです。ですからそうですね。自分は正しかったと思っています。」
 
Q
「あなたのチームはヴァレンティーノのショートカットに対して不平を述べる予定ですか?」
マルク・マルケス
「わかりません。一番重要なことは自分たちがどう感じているかですが、自分たちは問題無いと感じています。」

f:id:teletele916:20150630081209j:image
Q
「ホルヘ、横で彼らの話を聞いていたわけですが、どのように感じましたか?」
ホルヘ・ロレンゾ
「前で起こっていたことはわからないですよ。そう聞くけど、キミはどう思うの?」
Q
「私は記者なので、後で私の意見を書きますよ。」
ホルヘ・ロレンゾ
「いや、キミの意見を教えてよ。」
Q
「いや私は記者なので、ライダーのあなたが答えて下さい」
ホルヘ・ロレンゾ
「キミが自分の意見を言わないんなら、僕も自分の意見は言えないな。」※会場大爆笑
Q
「そうですね。彼らの話を聞く限りだと、ヴァレンティーノのほうが正しいように”私は”思います。マルケスすまないね。これであなたの意見を教えてもらえますか?(笑)」
ホルヘ・ロレンゾ
「僕はこれに関しては何も意見はないね(笑)」※会場再び大爆笑
 
Q
「マルクとヴァレンティーノにもう一つ質問です。レース直後にはあそこはどうだったとか2人で話をしたりはしなかったんですか?」
ヴァレンティーノ・ロッシ
「あえて話さないようにしていたんですよ。あの最終シケインでのことに関しては頭に来ていたもんでね(笑)レース直後は何もかもが熱くなっているから、少し落ち着いてからでないとね。」
マルク・マルケス
「ヴァレンティーノには”おめでとう”と声をかけて”いい最終コーナーだったよね”と言いました(笑)」
 
Q
「また蒸し返しの質問になりますが、ヴァレンティーノの話した内容には納得していますか?」
マルク・マルケス
「自分としてはどうでもいいことです。ヴァレンティーノはヴァレンティーノの理由があって、自分には自分の理由がある。ポイントは優勝と2位という形で振り分けられてしまったしね。それに何より、自分にとっては高いレベルで再びレースが出来るようになることが一番の目標で、次は優勝することが目標なので、正直それほど気にしていません。」
 
Q
「最終シケインのシミュレーションをしていたと話していましたが、それはどんなものだったんですか?」
マルク・マルケス
「これは結構練習してきていて、実はウォームアップの最終ラップでもやっていたんです。残念ながら今回は完璧に決まりませんでしたが、次回はまた挑戦しますよ。」
 
Q
「ヴァレンティーノがショートカットしていなかった場合、どうやって抜くつもりだったんですか?」
マルク・マルケス
「1コーナーに入って2個目の左でコーナーを閉めてしまうというプランですね。自分としては1つ目のコーナーに入って2つ目のコーナーの為の体制を作ろうとしたところにヴァレンティーノが入ってきたという感じなんでね。テレビではそう見えないかもしれないけど、自分は自分の操作が正しかったってわかっていますから。」
 
Q
「話題を変えて再びマルケスに質問です。今回の旧型シャーシへの交換でブレーキングの安定性、コーナーエントリーなどが向上したような事を述べていたと思いますが、この組み合わせでシーズン最後までいく感じでしょうか?(※多分こんな意味かと)」
マルク・マルケス
「今週は良くなりましたけど、今週だけ良くなったとかもという注意はしないといけないと思っています。これからドイツですけど、再びバイクの上で楽しんで乗れるようになったことは間違いありません。レース後半でのコーナーエントリーの部分は改善が必要だと思いますが、今週は最初から良いリズムで走行が出来たということは、とても喜ばしいことだと思います。ドイツでも同じフィーリングを維持したまま勝ちに行きたいと思います。」
 
Q
「再び2人に質問です。あのシケインでどちらが、より正しい位置にいたんでしょうか?」
ヴァレンティーノ・ロッシ
「自分が覚えているのは自分がフロントだったということです。だから自分なんじゃないかと思います。」
マルク・マルケス
「自分はあのシケインでイン側にいました。だから自分だと思いますよ(笑)」
 
Q
「おそらくこの話題はあと2週間くらいは話題になると思いますが、今後同じようなことがあった場合どうなるでしょう?(※というような意味かと)」
マルク・マルケス
「わからないけど、今回の経験からすると、次に自分がすることに関してはハッキリわかっているつもりです。(※シケインをショートカットするということかと思われます。)」

f:id:teletele916:20150630081229j:image
Q
「ホルヘ チャンピオンシップにおいてこの2人の間にいるというのは、有利に働きますか?」
ホルヘ・ロレンゾ
「彼らがもつれ合って転倒すれば自分には最高の展開だけどね(笑)今回は残念ながらそうはならなかったけど、そのうち起きるかもね(笑)」
 
Q
「チャンピオンシップ優勝は正直どうでしょうか?」
マルク・マルケス
「確かにポイント差は大きいし、2人も前にいるわけだけど、今回ようやく良い感じに乗れるようになってきましたからね。次の目標は優勝すること。これから失うことも無いですし、あとはひたすら勝ちにいくだけです。」
Remove all ads