Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★アレイシ・エスパロガロ ヴァレンシアテスト3日目で10番手タイムを記録!

スズキ MotoGP2014 ヴァレンシアGP

Sponsored Link

スズキのヴァレンシアテストの3日目の結果がかなり良かったですね。スズ菌である管理人もここまで良いタイムが出るとは思っていなかったので正直驚いております。しかしトップスピードで25km/hも異なるというのは衝撃的な数値。ハンドリングはかなり良いみたいなので、トップスピードさえ出てくればシーズンの早い段階でQ2ペース狙えそうですね。

f:id:teletele916:20141116124505p:plain

レースウィークの最中にトップスピードに課題があることが明らかになったものの、ヴァレンシアテストの最終日にアレイシ・エスパロガロはスズキのヴァレンシアGPでの最速ラップを記録した。


明らかにGSX-RRに対して体が大きすぎるアレイシ・エスパロガロは水曜日の最終テストで1'31.874を記録した。これはスズキの2011年以降のこのサーキットでの最高タイムであり、ホンダのマルケスから丁度1秒遅れのタイムとなり、3日目のテストにおいては10番手のタイム。

 現状アレイシのタイムはマシンのトップスポード不足によってかなりロストされている。アレイシのトップスピードは312.7km/hに対して、ダニ・ペドロサのトップスピードは338.6km/hだ。とは言え月曜日のトップスピードだった305.7km/hからは大きく伸びており、月曜日のアレイシのタイムは1'32.315だった。

 

アレイシ・エスパロガロ
「皆わかっているとおり、自分はバイクに対してデカすぎるんですよね。カウルのモディファイで少しだけトップスピードが伸びましたね。残念ながら雨のため2日目のテストは走行しませんでした。でも代わりにバイクの事を良く理解する時間が出来ました。月曜日はバイクを理解して正しいポジションを見つけることだけで終わりましたが、今日は限界までバイクをプッシュできました。シャーシは物凄く良いですね。簡単にコーナリング出来るしハンドリングも良いです。」

 

「エレクトロニクスとトラクションコントロール、エンジンブレーキングに関しても改善が進みました。この全体のパッケージに関してはかなり楽観的に考えられますね。トップ集団からもそう離されていないタイムで周回することが出来ています。次のテストと開発が待ち遠しいですね。」

f:id:teletele916:20141116124751p:plain

ルーキーのマーヴェリック・ビニャーレスは月曜に記録したタイムとほぼ同じタイムを水曜日に記録。水曜日は18位、アレイシから1.243遅れのタイムを記録した。

マーヴェリック・ビニャーレス
「ユーズドのハードタイヤで走ってみてソフトタイヤも試してみたんですが、ハードではあまり良い感触が得られませんでした。今日はハードタイムで良いセッティングが見つかって、月曜のソフトタイヤと同じくらいのペースで走行出来ました。バイクについて多くを学んでいますし、このバイクをライディングすることが楽しくて仕方ないですね!次のテストのヘレスが待ち遠しいです。」

 

来年、スズキはDucatiやアプリリアと同様にファクトリー体制ながらオープンクラスのレギュレーション上の優位点(ファクトリーよりも多い燃料、エンジンの構造変更)を行使出来る。つまり、スズキのエンジニアが丁度今、改善を進めているはずのトップスピード不足も解消される可能性が高い。

 

ダヴィデ・ブリビオ
「最もポジティブな事は2人のライダーがバイクを気に入ってくれたことですね。テストを通じてバイクを操縦することを楽しんでくれています。もちろん改善を進めなければいけない問題点はまだまだあります。トップスピードの不足であるとかエレクトロニクスだとかね。今月末にヘレスでテストが出来るので2014年はそこでポジティブな結果を出して2015年はシーズン開始から最高の状態でスタート出来るようにしたいですね。」

 

なお、テストはヘレスの後来年の2月のセパンテストまで禁止となる。

f:id:teletele916:20141116124558p:plain

(※1日目〜3日目までの総合タイム)


MotoGP News - Valencia MotoGP Test: Espargaro sets fastest ever Suzuki lap