気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2017ヘレステスト ペトルッチ「GP17のポテンシャルは高い」

Sponsored Link

GP17を獲得したペトルッチ選手は、今回のヘレステストが2017年シーズンの初テストとなりました。既に性能向上を感じているとしながら、理解出来ていない点も多いようです。 f:id:teletele916:20161124220850p:plain ダニロ・ペトルッチはGP17を初めて試す事となったヘレスでのテストのタイムに関しては、そこまで気にしていない。家庭の事情でバレンシアの2日間のテストを欠場したペトルッチは、先週にホルへ・ロレンソとアンドレア・ドヴィツィオーゾがテストを終えたのと似たスペックのバイクを理解するために1日を過ごした。


彼のタイムはぱっとするものではなかったが、58周の走行の中で彼はバイクのポテンシャルが非常に高い事を感じ、彼がレースで使っていたGP15と比べて、ブレーキングパフォーマンス、コーナー脱出の部分の改善がされていると感じている。

ダニロ・ペトルッチ

「自分にとってはテスト初日でした。新しいタイヤは1本使っただけでしたけど、実に良かったですね。ミシュランの新しいタイヤはテストしていませんが、皆良いと話しています。順位としてはかなり下ですけど嬉しいですね。30周新品タイヤで走って30周は別のタイヤで走りました。自分の主な目的としては、ユーズドタイヤでこのバイクの事を理解するということで、変更を加えてバイクの挙動がどうなるかを知ることでした。最終的にはどんどん速く走れるようになり、実に満足しています。」


「向上を続けていく必要があります。未だにセットアップを見つけていく過程なんです。GP16のライダー達は既にベースを見つけているんでしょうね。GP16はシーズン最後でかなり熟成されていましたから。このバイクのポテンシャルはとても高いと感じます。現状ではまだ限界を理解出来ていません。また怪我をしたくないのもありますし。明日はさらにユーズドタイヤを使用して、限界がどこにあるかを見つけていこうと思います。誰よりも前でテストを終えたいですが、目標はガレージから笑顔で出ていくということです。」


「今はGP16では出来なかったエリアの調整なんです。これを理解する必要があります。フロントのリミットがどの程度なのかなどですが、既にブレーキングとトラクションが優れているのは実感しています。ただ旋回については、未だにどこでブレーキをリリースするのかを理解する必要があります。あとは高速コーナーのフィーリングも現状良くありません。」


ペトルッチはテストに坊主頭で現れた。これは彼の友人との賭けによるもの。


「友人との間で、自分がGP17を獲得したら、金髪にするか坊主にするかっていう賭けだったんです。最初は金髪にしたんですけど、余りにも酷かったので坊主にしたんです。自分が金髪で現れたらチームから解雇されたでしょう(笑)とんでもなく似合ってませんでしたからね。」

www.crash.net

Remove all ads