気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ドイツGP3位 ドヴィツィオーゾ「100%ハッピーというわけではない」

Sponsored Link

波乱のザクセンリンクでは最終ラップのターン12でスコット・レディング選手を抜いて3位を獲得したドヴィツィオーゾ選手。早めにバイクを交換していれば優勝も可能性があっただけに、少々悔いが残るレースとなりました。

Q

「カタール以来の表彰台獲得となりました。今の気分はいかがですか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

★ドイツGP3位 ドヴィツィオーゾ「100%ハッピーというわけではない」

「ザクセンリンクという自分達にはベストではないトラックでの3位なので嬉しいですね。嬉しいとは言え100%ハッピーかというとそうではなくて、この状況は本当にコントロールが難しく、ほとんどの選手と同様にエクストラソフトタイヤを履いて走ったんですが、タイヤを保たせるのが大変でした。それに集中し過ぎていたためにバイクを適切なタイミングで交換することが出来ませんでした。あと2、3周前にバイクを交換していれば勝利する可能性もあったと思います。これは自分達のミス、特に自分のミスですけど、これもレースです。こうしたコンディションで表彰台を獲得出来たのは良かったと思います。」


Q

「イアンノーネはインターミディエイトでマルケスはスリックタイヤを履いていて、チームはボックスに入るようにという指示を出したのでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「彼らは自分にボックスに入るという指示を自分がボックスに入る1周前に出していたんですが、その指示を出したタイミングが遅くて、そのせいで1周失う形となりました。」


Q

「表彰台で再びあなたの姿を見る事が出来たのは良かったです。次は夏休みの後にオーストリアですが、夏休みの予定、そしてオーストリアについてはいかがですか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「一日開けてオーストリアのテストを行います。新しいトラックを試すのは良いものですよね。机上で考える限り見る限り自分達に合っていそうです。夏休みは娘とガールフレンドと友人と過ごす予定です。」


Q

「バイクを交換した際はフロントにインターミディエイトタイヤを履いていましたが、これはあなたのレース前の選択だったのですか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「全てのコンディションでどのタイヤが良いかというのを判断するのは不可能ですから、どのタイヤかは知りませんでした。ピットがタイヤを決めたわけですが、正しい選択だったと思います。」

Remove all ads