気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016 ホルヘ・ロレンゾ「インドでもMotoGPで走りたい。」

Sponsored Link

この時期は各選手ともに休暇を取ったりトレーニングをしたり、各種イベントに出ていたりするものですが、ロレンゾ選手はインドでヤマハのプロモーションイベントに出ていたようですね。バイクメーカーにとってもインドは重要な市場ですので将来的な開催も十分に現実的かなと思いますが、そうなってくるとカレンダーから落ちるサーキットがどこになるのか?という点が気になりますね。

★MotoGP216 ホルヘ・ロレンゾ「インドでもMotoGPで走りたい。」

MotoGPチャンピオンのホルヘ・ロレンゾはインドに訪れ、インドのブッダ・インターナショナルサーキットでMotoGPクラスのレースで走行したいと語った。ロレンゾはインド、そしてこのサーキットにはヤマハのプロモーションイベントで2回目の訪問となる。

ホルヘ・ロレンゾ

「MotoGPがインドで開催出来たら良いですよね。マーケットは大きいしMotoGPにとっても重要になると思います。皆バイクレースを愛しているし、町もバイクのほうが車より多いですしね。ただ二輪最高峰のレースを楽しめる場所としてのサーキットが無いんですよね。人口も大きな国ですし、バイクに乗っている人を多く見かけます。より多くの人がモータースポーツに熱中してくれると良いですね。これだけの情熱を持って熱狂的な人がいる以上、彼らがモータースポーツの中で中心的な存在になる日が来ると思います。」

★MotoGP216 ホルヘ・ロレンゾ「インドでもMotoGPで走りたい。」

「このサーキットは国際的なサーキットとしても面白いですね。YZF-R3をインドのレースのファンとともに走りましたが、良い経験になりました。このサーキットはまだ若く、色々な種類のコーナーもあり、バックストレートは1km以上ありますので、ライダーの技量が試されます。テクニカルであると同時に面白いサーキットですね。今日は3つのグループの先導をしましたが、レインコンディションだったのもあり難しかったです。自分の後続のライダー達を先導しながら、安全に、その瞬間を楽しめるように注意を払う必要がありました。」

 

f:id:teletele916:20151204060853j:plain

ロレンゾはまた、世界でも有数の貧困に苦しむ地域であるアナンタプラムにあるチャリティー施設であるVincente Ferrer Foundationを訪れた。

By Darshan Chokhani

Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing with the Yamaha YZF-R3 at Jorge Lorenzo India Visit - All Photos

www.motogp.com