気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016 スズキ セパンでシームレスギアボックスをテスト

Sponsored Link

遂についにスズキにもシームレスギアボックスが投入されました!最初の感触は悪くないようですが、アレイシ選手が今回のテストには参加出来ていませんので、アレイシ選手は次回の2月のセパンテストに持ち越しとなります。シームレスについては自社開発なのか、アップダウン両方に効くシームレスなのかは情報として出てきていないようです。

f:id:teletele916:20151125081413p:plain

チームスズキ プレスリリース

「チームスズキECSTARはセパンで行われたプライベートテストを終え、マーヴェリック・ビニャーレスとチームはスズキの新型シームレスギヤボックスをGSX-RRでテストした。ビニャーレスは、日本でウィンターブレイクを迎える前に精力的な走りこみで研究開発を進めるチームを助ける津田拓哉、青木宣篤ら2人のテストライダーのサポートを得て走行。」

「残念ながら、練習中の怪我で脊椎に怪我を負ったアレイシ・エスパロガロは今回のテストには参加しておらず、2-3週間の安静が必要とされる。ビニャーレス、青木、津田がテストしたのは2016年からすべてのMotoGPチームが使用することになるミシュランタイヤ、共通ソフトウェア、そして待ち望まれていたシームレスギアボックスだ。セッティング、エレクトロニクスなどの向上に加えて、3人のライダーは素晴らしい仕事をこなし、テストを素晴らしい結果で終えた。」

 

「ビニャーレスは新しいエレクトロニクスとともにGSX-RRの進化、新型のシームレスギアボックスにポジティブなフィードバックを返した。なお、すべての分野に関しては、冬の間に日本で更なる開発が進められる。」

 

チームマネージャー ダヴィデ・ブリビオ

「素晴らしい2日間でしたが結果は非常にポジティブなものでした。いくつかテストする項目があったのですが、ビニャーレスが新型のシームレスギアボックスについてポジティブな感想を持ってくれたのは良かったですね。またシャーシのパーツに関してもいくつかテストを行い、冬期の開発に重要な情報を得ることが出きました。」

 

「ヴァレンシアで既にテストチームが作業を進めていましたが、2016年の共通ソフトウェアに関しても作業を進めマーヴェリックに試してもらいました。この分野に関してはやるべき事が数多くありますが、最初のテストとしては結果はポジティブです。我々にとっては冬の間の開発の方向性を決定するテストですので、今回のテストは非常に重要なものでした。ミシュランタイヤに関してもテストを行い、将来改善を続けていくための素晴らしい発見がありました。」

 

「2月にはここでまた初めてのIRTAテストを行い、特にエレクトロニクスでさらなる改良を見込んでいます。残念ながらアレイシは今回参加できなかったため、同じ内容を2月にテストしてもらいます。また、青木、津田等テストライダー達のサポートで、新しいソフトウェアのテスト、シームレスギアボックスのファインセッティングなどを進めています。」

 

マーヴェリック・ビニャーレス

「2日間のテストは素晴らしく、特にまだ試せていなかった2016年型のエレクトロニクスを試せたことが非常に嬉しいですね。最初の感覚としてはポジティブで、良いポテンシャルを持っているように感じましたが、まだ改善の余地は多分にあるだろうと思います。」

 

「また、期待していた新型のシームレスギアボックスを試せたことも嬉しくて、感触としてはとても良いです。トラックはそこまで綺麗ではなかったので、あまりプッシュ出来ませんでしたがチームとして良いテストが出来ました。冬の間に作業をするべき事が多数ありますし、次回の2月のテストに向けて準備が必要です。良い気分で冬休みに入る事が出来るのはポジティブな事ですし、さらなる向上に期待が持てますね。これから少し休みを取ってまた2月のテストに向けてトレーニングを始めます。」

www.autosport.com

Remove all ads