気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016 ビニャーレス「どのレースでもトップを狙える」

Sponsored Link

このところのスピードを考えると、シーズン終了までにあと1勝くらいはしそうな勢いのビニャーレス選手。日本グランプリも自信があると語っています。マシンの特性として合いそうなのはフィリップアイランドだと思いますが、週末が楽しみです。 f:id:teletele916:20161013100845p:plain 「いかなるレースでもトップポジションを狙えるでしょう。」これは日本グランプリの前にマーヴェリック・ビニャーレスが語った言葉だ。彼はシルバーストーンでスズキに2007年以来の優勝をプレゼントした。また彼はアラゴンでもトップで7周し、同じライディングがこの後も出来ると考えている。

マーヴェリック・ビニャーレス

「自信がありますね。毎レースごとに成長していますし、いかなるレースでもトップで戦える自信があります。これは良いことです。プレッシャーが少なく、自分達のやり方に集中出来ますからね。 バイクも成長しています。しかしエレクトロニクスに関する理解とセットアップの理解もまた、戦闘力を高めるのに役立っています。茂木ではさらに情報を取得して日本の開発者達に渡す事が出来るでしょう。昨年は雨で複雑な週末でした。今は雨の中でも戦闘力を発揮する解決策があるので嬉しいですね。」


ビニャーレスは来年ヤマハへと移籍するが、チームメイトのアレイシ・エスパルガロはアプリリアに移籍する。しかしビニャーレスはチャンピオンシップ4位をレプソルホンダのダニ・ペドロサと争っており、エスパルガロは12位となっている。彼は今シーズンGSX-RRのフロントに自信を感じる事が出来ていない。


アレイシ・エスパルガロ

「最近ずっと自分が思っていたような戦闘力を発揮出来ていないんです。フロントをどう使うかがわからないんですよ。チームは素晴らしい仕事をしてくれています。マシンも良くなりました。でも自分はライディングスタイルの中にトップと近づくための何かが足りない状況なんです。このレースにはかなり準備をしてきました。これから3連戦ですからフィジカルもメンタルも厳しい戦いとなりますし、トップで走りたいと思っていますからね。シーズンが終わるまでにスズキで良い結果を残して置きたいんですよ。今までの努力へのご褒美としてね。」


なお、来年はアンドレア・イアンノーネとアレックス・リンスがスズキのマシンを操縦する。

www.crash.net

Remove all ads