Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016ミシュラン ブルノGP決勝プレスリリース

Sponsored Link

ミシュランタイヤによるブルノGPの決勝後プレスリリースです。ドラマ満載のレースでしたが、難しいコンディションの中ソフトのフロントタイヤでレースを走ったライダー達は災難でしたが、マルケス選手は前後にソフトタイヤを履いて3位を完走しています。 f:id:teletele916:20160824150312p:plain ミシュランのハードコンパウンドのフロントとリアのレインタイヤは、カル・クラッチローによって完璧に使用され、チャレンジングなコンディションのチェコグランプリにおいて、彼は最高峰クラス優勝を遂げた。5,403mのサーキットを雨が激しく濡らした後に、ハードの前後タイヤを履いたライダーは、クラッチローを含めて3人のみだった。雨雲が消えた後、22周のレースはウェット宣言がなされた。しかし乾いていくトラックにおいてタイヤ選択は、いつも大きな要因となる。クラッチローは10番グリッドからレースをスタート、1周目の終わりで15位となる。彼は序盤はタイヤの限界を探り、タイヤを温める事に使用した。

f:id:teletele916:20160824150419p:plain その後、彼は16周でトップに立つまで追い上げを続けた。先のラウンドで優勝したアンドレア・イアンノーネを交わし、彼は歴史的な優勝を遂げた。これはバリー・シーンが1981年に最高峰クラスで優勝して以来のイギリス人選手による優勝となった。これは同時に独立チームのライダーとしての最高位となり、クラッチロー自身も3週間前に父親になったばかりであった。

f:id:teletele916:20160824150353p:plain 残りの表彰台は多くのライダーが順位を入れ替えながら争う展開となった。ハードのリアタイヤ、ソフトのフロントタイヤを履いたヴァレンティーノ・ロッシが最終的に2位を獲得。彼は7周目に13位に順位を落としてからの追い上げとなった。3位を獲得したのはチャンピオンシップリーダーのマルク・マルケス。彼は前後にソフトタイヤを使用し、タイヤを温存して3位を獲得した。ロリス・バズはウェットでの腕前を披露して4位、使用したタイヤは前後ハードだった。そして彼のチームメイトであるエクトル・バルベラが5位、ユージン・ラバティが6位、ダニロ・ペトルッチが7位。オーストリアGPの勝者であるアンドレア・イアンノーネは8位となり、5人のDucatiライダーの争いの中で最下位となった。マーヴェリック・ビニャーレスは9位、そしてティト・ラバトが10位となった。これにより、ハードタイヤを前後に使用したライダーはトップ10を獲得している。

f:id:teletele916:20160824150442p:plain トリッキーなコンディションの中では、多くのライダーが前後ソフトタイヤを選択した。これはさらなる雨によるピットイン、もしくは路面が乾く事によるフラッグtoフラッグのバイク、タイヤの交換、セッティングの変更を予想したためである。しかしどちらの選択も無いという天候の中、トラックが乾くにつれてタイヤを保たせるという事が重要な要因となった。これらの要因により、数名のライダー達は乾いていくサーキットで、ソフトコンパウンドのレインタイヤで走ることとなった。

その他のライダー達は自分達の選択したタイヤにおいて最高の結果を得ることとなった。しかし非常にエキサイティングなイベントに集まった82,066人のファンは、レース全体において1つの転倒も目にすることが無かった。ミシュランは月曜のテストのためにブルノにもう1日滞在し、次回は9月4日のイギリス戦の舞台であるシルバーストーンに向かう。

カル・クラッチロー

f:id:teletele916:20160824150531p:plain

「今日はこうして勝利出来て最高に嬉しいですね。自分のキャリアでとても特別なものとなりました。何度も優勝に近いところまで行ったんですが、とにかく今日の自分の選択は嬉しいですね。グリッドでミシュランの人間と話した後にハード/ハードで行くと話し、彼らもそれが良い選択だろうと語っていました。3周か4周走行した後に、自分の競争力が高くなるとわかっていました。でもレースの序盤でタイヤをマネジメントするのは非常に難しかったですね。というのもタイヤに熱を入れる必要がありましたから。一度本調子で走り出すと、これが正しい選択だったとわかりました。今日の結果は自分、そしてチームのためにも嬉しいです。」

ニコラ・グベール

「今日はまたおかしなレースとなり、コンディションの変化とタイヤの選択が結果に大きな影響を与えました。上位3選手は皆、ソフトとハードの異なるタイヤの組み合わせで、乾いていくトラックの中で最高の結果を得ようとしました。カル・クラッチローは前後ともにハードという勇気ある選択をし、これはレースが進むにつれて明確に正しい選択だったということがわかりました。数名のライダーはトラックが乾くにつれて、ソフトのフロントタイヤの異常な摩耗に悩まされましたが、これはこのタイヤがフルウェットのコンディションのためにデザインされているためです。今日の話ではありませんが、スリックタイヤがドライのブルノで示したパフォーマンスについても非常に満足しています。新たに持ち込んだリアタイヤはライダーにさらなるトラクションを与え、マルケスは2輪の最高ラップを記録、それ以前にもホルヘ・ロレンゾが以前の記録を破るという事がありました。これはまた別の前進と言え、シーズンが進むに合わせて築いて行くものでもあります。明日は1日の長いテストがあります。ここでは今シーズン残りの戦略について、そして2017年向けのタイヤなどのテストを行います。」 f:id:teletele916:20160824150552p:plain f:id:teletele916:20160824150631p:plain f:id:teletele916:20160824150628p:plain
出典元:ミシュランタイヤ