Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★アメリカ市場で2016年のスポーツバイクの売上が4.7%減少

Sponsored Link

2016年のアメリカ市場でスポーツバイクの売上が減少したとのこと。この記事の最後に筆者が色々と考察を延べてはいますが、2016年の他のセグメントのバイクの売上がどうだったのか?2016年のアメリカの景気がどうだったのか?などを同時に見ていかないと、推測は難しいのではないでしょうか? f:id:teletele916:20170228102947p:plain Powersports Businessがリリースしたデータによると、2016年10月までの12ヶ月間に、アメリカ市場におけるスポーツバイクの売上は4.7%現象しているという。Statistical Surveysがまとめたデータによると、昨年にアメリカで登録されたスポーツバイクは75,469台で、その前年には79,225台のスポーツバイクが登録されていた。


アメリカの全体的な傾向としてスポーツバイクの販売は低迷しているが、スポーツバイクの販売が急激に増加している地域もある。これはスポーツバイクの販売低迷に地理的な要素があるのかもしれないということを示している。大きく販売が伸びているのはアトランタとダラス、フォートワース地域で、ここでは10.3%(1,408台)と10.2%(1,730台)スポーツバイクの販売が伸びている。またヒューストンに関しても6.6%という伸びを記録している。


しかしながら、スポーツバイクの販売が減少しているところは、スポーツバイクの主要市場である。カリフォルニアはアメリカにおける40%のスポーツバイクが販売されている地域であるが、そのうち2つの主要都市部でスポーツバイクの売上は大幅に減少している。サンフランシスコ・ベイエリアの販売は7.6%減少し、サンディエゴでは6.7%の減少を見せている。ロス・アンジェルスは恐らくスポーツバイクにおける最大の市場であるが、その減少はなだらかで1.1%となっている。


その他の地域で大きく販売が落ち込んでいるのは、マイアミ、フォートローダーデールエリアで、13.8%の減少(アメリカ全体で最大の減少幅)となっている。ニューヨークにおける販売も減少しており、その減少幅は1.4%だ。まだ疑問は残っているが、今回の結果はモーターサイクルコミュニティの好みを変える機能なのだろうか?これはメーカーがスポーツバイクカテゴリーで、ここ数年新しい、もしくは魅力的なモデルをリリースしてこなかった結果なのだろうか?それともその両方なのだろうか?

www.asphaltandrubber.com