Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MVアグスタ 北米でブルターレ800を遂に発売開始

新車情報 MV Agusta

Sponsored Link

アメリカ国内で新型になったブルターレ800が、発表から1年遅れで発売になるようです。アメリカ国内では販売網の立て直しから始めるようですが、しっかりと踏ん張って生き残って欲しいですね。 f:id:teletele916:20170226074917p:plain MVアグスタがリニューアルしたブルターレ800を発表してからおよそ1年が経過した。この3気筒のスポーツバイクはEuro4認証とマイルドなフェイスリフト(※外観の変更 本来は整形手術の用語)を受け、技術的にも若干の変更が施されている。MVアグスタにとってブルターレ800は言い訳の出来ないバイクだ。モーターサイクルジャーナリスト達はMVアグスタからの最新のバイクが最高のバイクだと冗談を言っているが、新型ブルターレは確かにそうしたバイクであるように思える。そしてついにこのバイクは2017年型モデルとしてアメリカにやってくる。2017年型MVアグスタのブルターレ800は13,498(約151万円)と高額ながらも手が届く価格だ。

f:id:teletele916:20170226074953p:plain 筆者の個人的なインプレッションとしては、アグスタはようやくしっかりと熟成され、乗って楽しく、しっかりとデザインされたバイクを作ったというものだ。MVアグスタにとって厳しい時期に登場したこのバイクは、今までアグスタの3気筒バイクについてまわったスプラグクラッチ、バルブスプリング、ライドバイワイヤという問題を解消している。


MVアグスタの製品がようやくしっかりと形になってきたことを受けて、徐々にこのブランドの将来に向けて楽観的に考えられるようになってきた。ロシアをベースとする投資会社のBlack Oceanからの資金注入もあり、アグスタの資金的な問題も解決に向かっているようだ。またアグスタにとってアメリカでの状況も、オーストラリアのUrban Motoグループのコントロール下に入った事で、良い方向へと向かっているように思える。

f:id:teletele916:20170226075006p:plain アグスタとアメリカの経営側には、まだやるべき仕事が山積している。アグスタはここ10年ほど酷い状況であったが、それはアグスタの評判に暗い影を落としている、MVアグスタが前進するには、アグスタが現在所有する販売網からのサポートだけでなく、アメリカでの地理的なギャップを埋めるしっかりとした販売網が必要だ。アグスタのラインナップは、今までのアグスタの歴史の中でも最も充実している。もちろんF4のアップデートが行われたとしても、ファンとしては何の不都合もない。MVアグスタの大きな進歩は顧客にとっての体験を向上させるだけではなく、その変わっていくブランドの現実に、一般の認識を合わせていくことでもある。


MVアグスタは世界でも最高のバイクを作る事が出来る。ただそれはこのブランドの状況の1つに過ぎない。MVアグスタはそのオーナーと将来のオーナー達に、ブランドとして安定した財政的な未来があること、そのバイクの信頼性が高いということ、ブランドによってオーナー達がしっかりとサポートされているということを感じさせなければならない。アグスタにはただの変化では十分ではない。アグスタが変わったということを伝えるのが同様に重要なのだ。それが事実に基づいていようがいまいが、その変化について理解されるということが効果をもたらすのだ。

www.asphaltandrubber.com