Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★スズキ ダヴィデ・ブリビオ「他とは違う事を考える必要がある。」

Sponsored Link

スズキにとってビニャーレス選手獲得はある種の冒険でもあったわけですが、ブリビオはリンス選手に関してもそれは同様だと延べます。ただ、トップライダーに育ったリンス選手を将来的に他のメーカーに奪われないかどうかという事を、スズキは気にすべきでもありますね。 f:id:teletele916:20170205025054j:plain (Photo courtesy of michelin)  

2015年に3年ぶりにMotoGPに帰ってきたスズキは昨年にシルバーストーンんで2007年ぶりとなる優勝を収めた。 マーヴェリック・ビニャーレスがヤマハに移籍したことで、スズキはDucatiのライダーであったアンドレア・イアンノーネとMoto2からアレックス・リンスを獲得した。ブリビオは経験の浅かったビニャーレスを獲得した事は独創的なことだったとしながら、ヤマハ、ホンダ、Ducatiと戦うには同じような形で進んで行く必要があると考えている。

ダヴィデ・ブリビオ

「さらに独創的になる必要があります。マーヴェリック・ビニャーレスがMoto2で1年しか経験がない時に彼を獲得した事は独創的な判断でした。多くの人が時期尚早だと言っていました。しかしそれは挑戦であり、同じことがアレックスにも言えます。将来を見据えると若いライダーがトップライダーに育つということに投資をするというのは興味深いものです。今年は難しいかもしれませんが、次の年のトップライダーを確保する事が出来るわけです。 アンドレアは強力なライダーです。彼がスズキに来たことで、我々は彼にナンバーワンライダーとしての責任を与える事が出来ます。こうした意味で独創的になる必要があるんです。まだやっていないようなことをやるんですよ。何か他とは違う事を考える必要があるんです。」


ビニャーレスはシルバーストーンで優勝し、その他にも3度表彰台を獲得しており、スズキはコンセッションを失う。これはエンジン開発の自由、レーシングライダーでのシーズン中のテストなどが含まれる。KTMが2017年に参戦したことで、今年MotoGPに参戦するメーカーは6となる、スズキが戻る前の3メーカーから大きく増えたことになる。ブリビオはスズキにとって再び道のりが険しくなったと感じているが、全体的に考えると良いことだと考えている。


「どんどん難しくなっていますね。ただこれがこのスポーツの側面でもあります。ファンの観点から見るととても面白いチャンピオンシップになっていると思います。そして我々にとってはさらに難しくなっているわけです。ただ同時にエキサイティングでもあり、スポーツでは何が起こるか予測出来ません。トップ争いが出来るように挑戦しますし、可能であれば好機を利用したいと思います。」

www.autosport.com