Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★BMW 北米市場でS1000RRとS1000Rのリコールを発表

Sponsored Link

BMWが北米市場でS1000RRとS1000Rのリコールを発表しました。リアサスペンションの取り付けリンク部分のボルトのトルク不足ということですが、北米市場で対象となるのは僅かに21台。リコールの発覚から対応までの動きも非常にスピーディーですね。 f:id:teletele916:20170125095542p:plain BMWは2016〜2017年型のS1000RRと2017年型のS1000Rのリコールを発表した。これはリアサスペンションのボルトが緩むという可能性があるというもの。このリコールはアメリカ市場で21台に該当する。米国運輸省道路交通安全局の発表によると、リアショックのリンクのボルトの1部が緩む恐れがありハンドリングに影響がある可能性があるという。これはリンクのレバー部分とリアショック、レバーとスイングアームを繋いでいるボルトが緩む可能性があるというもの。


この2つのボルトのうち1つが指示通り組み付けられていない可能性があるためで、1つのボルトが外れるとリアサウペンションから異音がするようになるだろう。 BMWはこの問題を、2016年12月に内部の品質レポートによって把握した。BMWは生産記録を分析し、この問題を持つ可能性がある個体を特定した。その後12月20日にBMWはリコール手続きを開始している。


ディーラーはこのボルトで連結されている対象部分を交換し、規程トルクでボルトの締め付けを行う。全体ではS1000RRは20台、S1000Rは1台が対象となる。

blog.motorcycle.com