Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★BMWモトラッド 2016年に過去最高となる145,032台の車両を販売

Sponsored Link

BMWモトラッドは2016年に全世界で145,032台のモーターサイクルとマキシスクーターを販売し、6年連続で過去最高となる販売台数を記録しました。ドイツが最大の市場であり、R1200GSがベストセラーである点も変わっていません。 f:id:teletele916:20170118045511p:plain

BMWモトラッドは2016年に過去最高となる台数のモーターサイクルとマキシスクーターを販売しました。これは前年と比較して5.9%の成長となり、2016年12月までに合計で145,032の車両を販売したことになります。(※前年は136,963台)

BMWモトラッド社長 ステファン・シャーラー

「2016年はBMWモトラッドにとって再び素晴らしい成功の年となりました。これは6年連続となる記録です。我々のプロダクトに厚い信頼を置いていただいた世界中のお客様に感謝を延べたいと思います。過去6年に渡り、BMWモトラッドがお客様にお届けした車両の台数は50%ほど増えています。(2010年は98,047台)2020年までに200,000台という目標に向かって良い形で進んでいると思います。」

ヨーロッパとアジアでの素晴らしい成長

2016年に大きく伸びたのはヨーロッパ市場。フランスでは13,350台(+6.4 %)、イタリアで12,300台(+10.3 %)、スペインで9,520台(19.4 %)、イギリスで8,782台(+7.1 %)となり、ヨーロッパ全体では7.5%以上の成長となる。中国市場に関してもBMWモトラッドの市場の中で大きな成長を見せ、前年比52.7%の成長となり、トータルで4,580台が販売された。またタイランドでは1,819台(+42.1%)、日本でも+ 6.7 %となり前年を上回った。


今までと同様にドイツはBMWモトラッドにとって最大の市場であり続け、24,894台の車両が販売された。これは前年+4.5%の成長となる。BMWモトラッドは500c以上の車両として、スペイン、ベルギー、オランダ、ロシア、南アフリカで最も売れたモーターサイクルとなった。アメリカでは13,730台を販売し、これは過去2番目の記録となる。

水冷のR 1200 GSが最も売れたモデルとなった。

ボクサーエンジンを搭載したモデルは2016年に77,787台販売され、これは53.6%の成長となる。モデル別ではR 1200 GS とGSアドベンチャーがトップセラーとなり、合わせて前年+12.1%の成長。R1200GSは25,336台(+7.0%)、R1200GSアドベンチャーは21,391台(+18.8%)となる。ツーリングクラシックであるR1200RTが9,648台(-11.9%)と3番目に売れたモデルとなった。


スポーツモデルのS1000RR、パワーロードスターのS1000R、アドベンチャーのS1000XRが、さらにBMWの成長を支えた。これらSモデルはトータルで23,686台が販売されている。これらの合計のシェアは全体の16.3%に相当する。個別ではS1000RRが9,016台(-5.8%)、S1000XRが8,835台(+74.6%)となり、4番目、5番目に売れたモデルとなった。

さらなるラインナップ拡充へ

2017年にBMWモトラッドはさらにモデルラインナップを広げ、過去最高のラインナップ数を迎えます。シャーラーは「プレミアムモーターサイクルのベンチマークであり続けようとしています。この目標を達成するため、310ccから1600ccまでの車両をラインナップします。2017年には新車、モデルチェンジをした車両を合わせて14の新たな車両をラインナップします。」と語ります。


新型のG310GSは今年の後半に発売となります。G310Rがこのセグメントで成し遂げたように、BMWのGシリーズの2台目となるこの車両は、500cc以下でBMWのGSファミリーの特徴を引き継いだモデルとなります。ヘリテージモデルを求めるライダーは2017年には新たに5つのモデルから選択することが可能となります。R nine TはPure、Racer、Urban G/Sの3つが既存のスクランブラー、モデルチェンジをしたR nine Tに加わります。また、すべてのシリーズに関してそれぞれ新型車両(新型R1200GS、新型S1000R、新型K1600GT、GTL)がリリースされています。


新型のK1600Bはアメリカ市場をターゲットにしたモデルです。この6気筒エンジンのBaggerモデルが加わることで、BMWモトラッドはそのラグジュアリーセグメントラインナップを拡充する事となります。ステファン・シャーラーは「BMWモトラッドにとってアメリカはドイツに次ぐ重要な市場です。アメリカには大きなポテンシャルを感じます。この先数年でアメリカでのマーケットシェアを拡大していきます。実際、こうしたBaggerやクラシックなR nine Tなど、この市場で継続的な成長を続けるための土台は出来ています。さらに我々はアメリカ市場の販売店ネットワークの拡充にも力を入れています。」と語ります。


こうした説明のとおり、BMWモトラッドは世界で販売店ネットワークを拡充しています。特にアメリカ大陸、アジア地域合計では、販売店数を1500拠点に増やす計画があります。

2017年を見据えて

包括的な成長戦略の元、BMWモトラッドは成長の軌道上にいます。シャーラーは「こうした2017年の素晴らしいラインナップによって、我々は既に2017年を素晴らしい年とするための土台を築いています。安定した経済環境の中であることが前提ですが、新たな年を迎える事に大いなる自信を感じていますし、持続可能で収益性の高い成長を見込んでいます。」と語る。

(参照元:BMWモトラッドプレスリリース)