Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★Ducati 2016年に55,451台のバイクを販売し、7年連続で販売記録を更新

Sponsored Link

Ducatiが7年連続で販売記録を更新しました。2016年はDucatiにとっては90周年の節目でもあり、中国市場では120%、アルゼンチンでは219%の成長と遂げたとのことです。 f:id:teletele916:20170117100900p:plain 7年連続でDucatiはその販売記録を更新した。Ducatiは2016年に55,451台のバイクを世界で販売、そしてこれはDucatiの90周年の年でもあった。2015年の販売記録から1.2%の成長であった。アメリカはDucatiにとって最大の市場で、アメリカ市場では8,787台のバイクをDucatiは販売した。Ducatiは詳細な数値を公表していないが、欧州市場においても成長を記録し、イタリア(+20%)、スペイン(+38%)、ドイツ(+8%)の成長となった。2016年は他の市場でも公表な成長と記録しており、中国は120%の成長となった。ブラジルは36%の成長で、アルゼンチンはなんと219%の成長となった。

Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ

「90周年をこうした素晴らしい記録で終える事が出来たという事を誇らしく思いますし満足しています。2016年はDucatiにとって7年連続の成長となり、Ducatiの健全性と戦略とその能力の証明だと感じています。」


Ducatiムルティストラーダファミリーにエンデューロモデルが加わったこともあり、その販売台数は2015年比で16%伸びた。あらにハイパーモタード939は15%、Xdiavelも5,200台と良く売れたという。Ducatiスクランブラーは全世界で15,500台と大ヒットとなった。スクランブラーは2016年から新たにエントリーレベルのライダー向けのスクランブラーSixty2をラインナップに加えている。


Ducati グローバルセールス アンドレア・ブッゾーニ

「新たなセールスレコードに加えて、2016年は2015年の記録を大きく上回る事が出来ました。これはスクランブラーブランドが増えたということによります。この成長はこのレンジ、ブランド自体の強さを示しており、さらに全世界の販売網のパフォーマンスによるものでもあります。」


Ducatiは2017年モデルとして新型モンスター1200、モンスター797、ムルティストラーダ950、スーパースポーツ、1299スーパーレッジェーラ、カフェレーサー、デザートスレッドという7車種が加わったことで、将来については「さらに大きな自信をもって見据えている」と語る。


なお、Ducatiの現在の従業員数は1,594人で、世界に783のセールス、アシスタントセンターがあり、90カ国で展開をしているという。

ultimatemotorcycling.com