Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2017 アレックス・リンス「ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得したい」

Sponsored Link

プレシーズンテストで怪我をした影響で、しばらく体の回復に専念していたリンス選手が2017年の豊富を語っています。デビューイヤーである今年に1勝を上げる事が出来れば、ビニャーレス選手の記録を破る事が出来ます。イアンノーネ選手と共にGSX-RRを表彰台に導いて欲しいですね。 f:id:teletele916:20170117084439j:plain (Photo courtesy of michelin)

2016年にアレックス・リンスはMoto2のタイトル獲得可能性があった選手だったが、最終的にシーズン3位に終わっている。MotoGPデビューで良い感触を掴んでいた彼だったが、バレンシアのテストにおいて大きな転倒により、オフシーズンの序盤をまずは回復に集中することになってしまった。リンスはモヴィスター(※ヤマハチームではなくテレビのほうの)に転倒について、ステップアップのプレッシャー、今年のゴールなどを語った。

アレックス・リンス

「転倒はかなりハードでした。1ヶ月ずっとコルセットをつけて過ごし休養を取ろうと務めていました。背中の怪我というのは時に大きな怪我になりますからね。あの転倒は妙でした。自分が転倒した数周後にチームメイトのイアンノーネも全く同じ場所で転倒したんです。テレメトリーを見て原因を探そうとしましたが、結局何も見つかりませんでした。フロントがロックしてしまったんです。」


「肉体的な部分がMotoGPではMoto2より大きな割合を占めますね。バレンシアでも初日に少し疲れてしまいましたし、もう少しフィジカルを強くするためにトレーニングメニューを変更しました。そのおかげでMotoGPマシンをより簡単に扱えるようになりました。」


「今年の目標はルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得することです。そしてMoto2で戦っていたライバル達を負かすということです。これが今現在の目標ですね。さらに周回を重ねて慣れてくれば、この目標も変わっていくでしょう。トップ15、トップ10などという具合で。今はまだわかりませんが。」


「明らかにプレッシャーは大きいです。それはマーヴェリック・ビニャーレスに変わってスズキに加入したということもあります。彼とは今までずっと小排気量カテゴリーで戦っていましたし、Moto2でもそうです。彼がPaginas Amarillas HP40を去った後に自分がそこに加わったのもあって常に比較されてきたんです。それがMotoGPでも続いて欲しいですね。彼が成し遂げたことに並ぼうと努力しようと思いますし、彼の記録を破りたいとも思っています。」

www.motogp.com