Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ダカールラリー2017 KTMのトビー・プライスがステージ4で大腿骨骨折

KTM ダカールラリー

Sponsored Link

ダカールラリーの伝説のライダーであるマルク・コマが今年のダカールは今まで以上に厳しいと語っていたようですが、KTMファクトリーライダーのトビー・プライスが大腿骨骨折という痛々しい形でリタイアとなりました。16連覇を狙うKTMですが、今後の結果に注目が集まります。 f:id:teletele916:20170107031759p:plain 2017年のダカールラリーが始まる前にマルク・コマが語った「今年のラリーは今まで以上に厳しいものになる」という言葉はほぼ正しかったことになる。彼はダカールラリーで5度の優勝をし、現在はダカールスポーツディレクターだ。


ステージ3において、8人のライダーが既にリタイアとなり、ステージ4ではダカールでも最も有名と言える、KTMのファクトリーライダーのトビー・プライスが犠牲となった。彼はステージのゴールまであと数キロというところでホンダのホアン・バレダにオーバーテイクされる。その後彼は川底を走る道で転倒し、左大腿骨を骨折した。


ダカールメディカルチームはこの事故に対し、プライスをヘリコプターでラパスにある病院に搬送。その後ボリビアで治療が予定される。残念ながらプライスにとっては2017年のダカールラリーはこれで終了となる。またこれはKTMにとっても昨年のような素晴らしい結果を繰り返すことが出来ないことを意味する。


これはまた、KTMの今まで受け継がれてきたダカールラリー16連覇が怪しくなったことでもある。現在はマティアス・ウォーカーがKTMの希望だ。彼は(このニュース時点で)現在総合2位を走っており、ハスクバーナのパブロ・クウィンタニッラから僅か2分差のところにいる。ホンダファクトリーラリーチームへの痛烈なペナルティが適用された後は、4人のKTMライダーがトップ5に残ることとなるだろう。

www.asphaltandrubber.com