Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ヨハン・ザルコ「2017年シーズンはルーキーにとっても希望が持てる」

MotoGP2017 ヤマハ

Sponsored Link

ザルコ選手は9人の優勝ライダーが生まれた2016年を考えると、来シーズンのMotoGPにおいてルーキー選手にとっては希望が持てると言います。スムーズなライディングスタイルとM1の特性も合っていますし、序盤からスピードを発揮してくれそうです。 f:id:teletele916:20161115143200j:plain (Photo courtesy of michelin)

2度のMoto2チャンピオンであるヨハン・ザルコは予期できない展開となった2016年から考えると、来年のルーキーは素晴らしい結果を期待出来るかもしれないと考えている。ザルコは2017年にMotoGPクラスにデビューする4人のルーキーの1人。彼はテック3に同じくMoto2の優勝ライダーであるジョナス・フォルがーと共に加入。アレックス・リンスはスズキ、サム・ローズはアプリリアからデビューする。


MotoGPは2011年から2015年の間、ファクトリーヤマハと ファクトリーホンダが独占していた。しかし、2016年シーズンはサテライトライダーであるカル・クラッチローとジャック・ミラーも優勝している。レースでの勝利後に行うバックフリップを次ぐにいつ見ることが出来るか?という質問にザルコは次のように応えた。

ヨハン・ザルコ

「良い質問ですが、次がいつになるかはわかりません。Moto2で2度目のタイトルを獲得することが出来て嬉しいです。自分達が勝利に向かって行っていた作業が正しかったということですね。このやり方を続けて、出来るだけMotoGPに適応したいと思います。優勝出来るかどうかは全くわかりません。大きな夢を持つことは重要だと思いますし、今年のMotoGPは9名のライダーが優勝しましたしのでルーキーにとっても大きな希望が持てます。ですから、常に楽しんで夢見ていようと思います。何が起こるかはわかりませんからね。」


ザルコは今シーズン半ばに茂木でスズキのマシンをテストしたが、ザルコはテック3と契約し、11月にバレンシアでテック3のマシンのテストを行った。ザルコのライディングスタイルは3度のMotoGPチャンピオンであるホルへ・ロレンソに例えられる。ザルコ自身もセパンテストの1週間前のバレンシアで多くの情報を得ることが出来たという。


「ホルへ・ロレンソとダニ・ペドロサと自分を比較する事が出来ました。Moto2出身だと、彼らはスムーズに走ることに関しては最高のお手本です。スムーズなスタイルというのは学習が必要なものですから。」