気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★Ducatiパオロ・チャバッティ「Moto3の参戦も将来的に考えている。」

Sponsored Link

Ducatiは2018年頃にMoto3への参戦も考えているようですが、そうなってくると市販車でもDucatiが250ccクラスのバイクを用意して若いライダーにアピールするという未来もあるかもしれません。 f:id:teletele916:20161201033614p:plain DucatiはMotoGPに2003年から参戦。それ以来33勝をし、2007年にはケイシー・ストーナーがタイトルを獲得している。来年はホルへ・ロレンソとアンドレア・ドヴィツィオーゾが最高峰クラスに参戦する。DucatiはMotoGPパドックで3つのサテライトチームを走らせ存在感を発揮している。しかし、Ducatiはさらにジュニアクラスにも参戦をする計画があるようだ。

MotoGPクラスのライバルであるホンダはKTM、マヒンドラと共にMoto3クラスに参戦しており、Moto2クラスにエンジンを供給している。KTMは来年からMotoGPとMoto2への参戦を開始し、若きライダーに3つのクラスを通じてKTMでステップアップするという道を開いた。Ducatiのチャバッティは、Ducatiが早ければMoto3の参戦を2018年頃から行うという事を考えていると明らかにしている。

パオロ・チャバッティ

「MotoGPにステップアップするライダーはほとんどMoto2から来ています。そしてその多くがMoto3でも成功を収めています。Ducatiはいくつかのサテライトチームを持っていますから、ファクトリーチームというプレッシャーを与えずにMotoGPに有望なライダーのシートを確保することが可能です。Moto3は興味深いクラスです。計画と言えるものではありませんが、いくつか考えている事はあります。まだ決定してはいないので来年には実現しませんが、MotoGPでのプロジェクトがすべて上手くいけば、Moto3への参戦も検討しようと思っています。」


DucatiはWSBKでもファクトリーチームを走らせており、1988年から、カール・フォガティ、トロイ・ベイリス、ジェームス・トスランド、ニール・ホジソンなどがタイトルを獲得している。

www.autosport.com

Remove all ads