Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ブラッドリー・スミス「4日間のテストは非常にポジティブだった」

MotoGP2017 KTM

Sponsored Link

バレンシアに続き、ヘレステストに参加したスミス選手は月曜日に26歳の誕生日を迎えましたが、バレンシアを含めた4日間のテストは非常にポジティブだったと感じているようです。 f:id:teletele916:20161118031933p:plain (Photo courtesy of michelin)

今月KTMは来シーズンのMotoGPへのデビューの準備をファクトリーライダーと共にずっと行っていた。スミスはバレンシアテストとヘレステストでRC16に乗ることが出来たが、ポル・エスパルガロはヤマハとの契約によってヘレステストではライディングが出来なかった。冬休みの前にこれらのテストの内容は新しいバイクの開発に使われるが、チームマネージャーのマイク・レイトナーは次のように語る。

マイク・レイトナー

「テストでのトップとの差は1秒、2秒というものでした。少しづつこの差を縮めることが出来れば、順位を上げていくのも時間の問題でしょう。」


1周のタイムでは、ポル・エスパルガロはトップからコンスタントに2秒落ち、ヘレスでは(※ほぼ全てのオフィシャルチームは参加していないが)ブラッドリー・スミスが完全な体調では無い中でトップから同様に離されていた。


ブラッドリー・スミス

「自分の怪我のせいで、簡単なプロジェクトのスタートというわけではありませんでした。ただそう言っても、KTMのRC16での最初の4日間は非常にポジティブだったと思います。ミカとポルのインプットがプロジェクトを加速したのもありますし。当然出来るだけ速く進化していきたいんですが現実的に考えています。3人のライダーがどのエリアを次に改善していくかということに関して明確なアイディアを持っています。セパンテストまでの2ヶ月で、自分もチームも多くの作業があります。自分はバイクに次に乗る時に良い体調でいたいと思っています。自分達はやるべきことの中では、まだ最初の部分にいます。ただ、レベルは既に想定していたよりも高い状態ですね。」

www.gpone.com