Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2017 アプリリア「セパンに進化したバイクを持ち込む」

Sponsored Link

アプリリアのローズ選手はヘレスの転倒の影響がまだあるようで、本調子でのテストは出来ていないようです。一方アレイシ選手は、スズキからの乗り換えが上手くいっているようです。 f:id:teletele916:20161115175343j:plain (Photo courtesy of michelin)

サム・ローズはバレンシアでの転倒の影響により、2016年のヘレスでの最終テストで結果を向上することが出来なかった。ローズはMotoGPクラスにステップアップを果たし、3日間のテストで合計50周を走行した。ローズのベストタイムは1:42.312秒で、チームメイトのアレイシ・エスパルガロは1:39.675秒を記録して7位を獲得した。


彼のクルーチームのジュリオ・ナバは、「サムはバレンシアの転倒の後遺症に苦しんでいます。しかし彼はヘレスでテストを行いました。まだシーズンは長いですから、今のところは周回を重ねて、チームのメカニズムを知る事が重要でしょう。彼の体調にも関わらず、今回のテストはサムにとってこのテストで得るものはあったと思います。マレーシアでは彼のポテンシャルが明らかになってくるでしょう。今回のタイムのテストを、正確な指標として捉える事は出来ないでしょう。」


エスパルガロは合計で80周を走り、スズキからアプリリアへと上手く適合を果たしている。


エスパルガロのクルーチーフであるMarcus Eschenbacherはこう語る。「良い形で冬休みを迎える事が出来ます。アレイシはパフォーマンス、そしてRS-GPとのハーモニーという意味でもバレンシアで証明したことを成し遂げてくれました。彼のライディングスタイルに合う方向性がわかりました。この冬はセパンで彼に進化したバイクを提供出来るように作業を行います。天候は助けにならず転倒もありましたが、2017年シーズン関しては楽観的に考えています。」

www.crash.net