気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★バレンシアテスト1日目 ロッシ「新しいエンジンにはもう少し期待していた」

Sponsored Link

ロッシ選手はバレンシアテストの初日を2位タイムで終えましたが、昼頃の転倒によってニューフレームをだめにしてしまい、ニューフレームでの走り込みは2日目のテストに持ち越しとなりました。エンジンに関しては少し期待はずれのようです。 f:id:teletele916:20161117003705j:plain

(Photo courtesy of michelin)

ヴァレンティーノ・ロッシはヤマハの新しいエンジンにもう少し期待していたと語る。しかしロッシは初日のバレンシアテストで2位タイムを記録し、ポジティブな1日だったとしている。新しいエンジンとシャーシ、ニューパーツを試す事がロッシのこの日のメニューだったが、昼休み付近のクラッシュでロッシはフレームを壊してしまう。その後ロッシは旧型フレームで作業をすることとなった。


しかしそれでもポジティブな点はあり、ロッシのタイムは1:30.950秒となり、これはその日のベストラップから僅かに0.02秒遅れのタイムだった。またこれは彼がレースで記録したタイムよりも0.329秒速いタイムであった。

ヴァレンティーノ・ロッシ

「2位でタイムも悪くなかったので、ポジティブな日でした。ただ、これは古いバイクで記録したものなんですよね。新しいエンジンも試したんですが、正直あまりパッとしませんでした。もう少し期待していたんですが、あまり変わっていません。これは最初のバージョンですけど、作業を続けていかねばなりません。シャーシは最初のフィーリングがOKです。ただその後ハードのフロントタイヤを履いていて転倒してしまったんです。自分たちのバイクには十分なグリップがありませんでした。新しいフレームで転倒してしまって、バイクにダメージを与えてしまったことでその後試すことが出来ませんでした。ですから新しいシャーシは明日試すことになります。」


新しいエンジンについてロッシは「もっと期待したが、あまり大きな違いがない」と語る。恐らくロッシはチームメイトメイトのスピードを気にしているのだろう。21歳のマーヴェリック・ビニャーレスはM1のデビュー走行で輝いており、初日のテストで最速タイムを記録した。またホルへ・ロレンソはロッシより1つ下の順位となる3位で、2017年シーズンもファンにとって楽しめそうだ。

両ライダーのスピードは意外だったかと尋ねられて、ロッシは「ビニャーレスは速いですね。ただ、彼が最初から速いだろうことは想像していました。ロレンソも調子が良いですね。ただ、イアンノーネも一周目から速いわけで、彼らにとってもポジティブな1日だったと言えるでしょう。

www.crash.net

Remove all ads