Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★イギリスのバイクサイト「VisorDown」が選ぶ アクションカメラ5選

バイク用品 その他ニュース

Sponsored Link

日本ではGoProが圧倒的な人気だと思いますが、アクションカメラは実は色々なメーカーがリリースしています。イギリスのVisorDownが選ぶアクションカメラ5選という記事がありましたのでご紹介。

しかし、最新のアクションカメラはやはりいいですね。。管理人のは本体とカメラ別体の有線接続タイプなので、とにかく不便です。

Drift Ghost-S /Stealth 2

f:id:teletele916:20161105001138p:plain Drift Ghost-SとStealth 2は、風をあまり受けないようなデザインで、ヘルメットの脇に装着されるように考えられている。肩に取り付けるためのハーネス、バイクのほぼどこにでも取付可能なパッドなど、幅広いマウンティングシステムがある。

便利なことに、このアクションカメラは他のライバル商品と異なり、ほぼ360度回転させる事が出来るレンズが付いているため、カメラを装着してからアングルなどを考えるということが出来る。耐水性能もあり、オプションのプラスチックケースなどは不要だ。


素晴らしいことにこのカメラは驚くほどタフに出来ている。そしてレンズ、バッテリードアなどが壊れた場合は、それらのパーツをオーダーして交換することも出来る。 Stealth 2は1080pのレゾルーションで30FPS、3時間のバッテリーライフで32GBのmicroSDカードを使用出来る。Ghost-Sは同様のレゾルーションに60FPSm3時間半のバッテリーライフ、64GBのmicroSDカードを使用出来る。


Ghost-Sはカラービューファインダーを装備、Stealth 2はLCDのメニューディスプレイしかない。我々はStealth 2をオススメする。実用性に優れ、低コストであるのがその理由だ。さらにこちらのモデルはコンパクトで軽量なため、色々と便利だろう。

GARMIN VIRB ELITE

f:id:teletele916:20161105001223p:plain Garminの中ではトップレンジのカメラではないが、形状によってそこまで風の影響を受けないという意味で、モーターサイクルに使うには最も適したモデルだ。Driftの製品のようにレンズが回転するわけではない。しかしマウンティングアームのヒンジによって似たような事は可能だ。ヘルメットにマウントした際には、若干出っ張るが、いくつかのモデルよりはまだマシと言える。

1080pのレゾルーションに30FPS、カラーデザインとビューファインダーが付いている。Wi-Fi接続が可能で、3時間のバッテリーライフとなっている。ナビゲーションメーカーの製品であるのでGPSが付属し、どのルートを通ったのかを辿る事が可能。


便利なのはシンプルなサイドボタンだ。これはスライドすることで録画開始が出来る。非常に大きなボタンなので操作は簡単で、グローブを付けていても左利きでも問題ないだろう。またワイヤレスリモートも可能だ。

GOPRO HERO5

f:id:teletele916:20161105001258p:plain 安い製品ではないが、最新モデルは現在購入出来る中でも最高のアクションカメラだろう。そしてこのモデルはウォータープルーフとなっている。そのため今までのようなプラスチックケースは不要だ。4Kレゾルーションに30FPSm2インチのカラータッチスクリーン、ボイスコントロールが可能なので、「GoPro take a photo」などと操作することが出来る。撮影もトップにあるワンタッチボタンから可能。

風切り音を減らすためにリアマイクへ切り替えが出来るので、再生時にエンジン音を良く聞く事も出来る。GoProのアクセサリーは膨大で様々なマウントが選べるが、カメラの形状からヘルメットにマウントした時はライバル製品に比べて、風の音を拾いやすい。バッテリーライフはおよそ2時間20分。64GBのSDカードが使用可能。

TOMTOM BANDIT

f:id:teletele916:20161105001341p:plain Hero5のように、TomTom Banditは4Kレゾルーション時に15FPS、2.7Kレゾルーション時に30FPSとなる。ライバル製品に比べてやや大きいが、円筒状のためバイクでの利用に適しており、ヘルメットへのマウントにも良いだろう。

バッテリーライフは3時間までで、Garmin Virb EliteのようにGPSによって位置情報を記録出来る。Wi-Fi、Bluetooth接続が可能だがビューファインダーは無い。しかしアプリをダウンロードすることで、スマートフォンをビューファインダーとして利用出来る


恐らくモーターサイクルには最も使い勝手が良いと言え、ビルトイン・モーションセンサーがありGフォースをモニター出来るので、編集時に何か大きなアクションがあったことがわかりやすい。

CONTOUR ROAM3

f:id:teletele916:20161105001359p:plain Contour Roam3はヘルメット用カメラとして最適にもう一台のカメラだ。あまり外に出っ張らず、風の影響を受けることも少ない。ロテーティングマウントによって装着後にアングルの変更も出来る。Garmin Virb Eliteのように操作が簡単なスライディングスイッチがあるため、撮影は簡単だ。

ウォータープルーフでケースは不要。1080pのレゾルーションに30FPS、バッテリーライフは3時間ほどで、32GBのmicroSDカードを使用出来る。またContour+2という製品もあり、こちらはGPSマッピング、120FPS、レーザーアライメントなどの機能がある。

https://www.visordown.com/