気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016オーストラリアGP ドヴィツィオーゾ「ポジティブなレースだった」

Sponsored Link

ビニャーレス選手、アレイシ・エスパルガロ選手と素晴らしいバトルをしていたドヴィツィオーゾ選手。全体的には満足出来る結果だったとしています。TV中継で見ていてもストレートの速さは圧倒的なものがありましたが、コーナーリングスピードはスズキに比べてかなり遅い印象を受けました。2017年にウイングが無くなった後のDucatiのパフォーマンスがどうなるのかというのは、気になるポイントです。 f:id:teletele916:20161025011433j:plain

Photo Courtesy of Michelin

Ducatiのアンドレア・ドヴィツィオーゾは自身のレース戦略を完璧にこなしオーストラリアGPの舞台であるフィリップアイランドで4位を獲得した。ドヴィツィオーゾは表彰台を獲得するために走っていたが、最終ラップでスズキのマーヴェリック・ビニャーレスに負けた。ドヴィツィオーゾはGP16のリアタイヤの消耗により、ビニャーレスを抜き返す事が出来なかった。しかしドヴィツィオーゾは全体的には不満は少ないという。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「ほとんど表彰台獲得という状態でしたね。素晴らしいペースでしたし、それに関して非常に嬉しいです。表彰台獲得に向けて何周もバトルをしましたけど、完璧な形でコントロール出来たことが嬉しいですね。いくつかのコーナーではかなりタイムを失っている状態だったんですが、ポジティブなコーナーもあってストレートは本当に素晴らしく、そこでかなりタイムを稼ぐ事が出来ました。全ての物事を完璧にこなす事が出来ました。最終的にリアタイヤがかなり消耗したことで、表彰台を獲得したライダー達についていくことが出来ませんでした。昨年は自分の中でも最悪のレースの1つでしたから、そのフィリップアイランドでこうして4位を獲得出来たというのは、自分にとっては本当にポジティブなことです。週末を通じて自分達の作業には満足していますし、中でも自分達がコンスタントにバイクを改善出来た事に関しては特にそう思います。全体的にバイクは本当に良く機能しました。アラゴンから大きな変化があって、どんどん(※優勝もしくは表彰台に)近づいていますね。」

www.crash.net

Remove all ads