Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★アプリリア 2017年型Tuono V4 1100 RR/Tuono V4 1100 Factoryを発表

Sponsored Link

アプリリアのTuonoが新しくなりました。色々とエレクトロニクス周りが最新のものになったようですが、ピットレーンリミッターとクルーズコントロールが同居しているというのは面白いですね。 f:id:teletele916:20161004214209p:plain アプリリアはTuono V4 1100 RRをTuono V4 1100 Factoryを2017年モデルとして発表。さらに先進のエレクトロニクスを装備する。両モデルのTuonoは完全に新しいエレクトロニクスパッケージを得る。アプリリア・トラクションコントロール(ATC)は、ライディングの最中にも調製が可能で、スロットルを閉じる必要もない。またアルゴリズムの見直しによってパフォーマンスを向上しているという。


アプリリア・ウイリーコントロール(AWC)はアジャスタブルとなり、こちらもアクセルを閉じる事無く調整が出来る。アプリリアによると慣性計測ユニットの見直しによって精度が向上したとのこと。


2017年のTuonoはBosch製のコーナリングABSを装備する。9.1MPのシステムは加速度、ブレーキプレッシャー、リーン、ピッチ、ヨーアングルを計測し、コーナリングでのブレーキを最適化する。このシステムはハードなブレーキングでリアが浮き上がる事を防止するシステムと共に機能する。両モデルともにカラーTFTのインストゥルパネルを装備し、オプションでV4-MPスマートフォンデータ・ロギングシステムが使用出来る。これはボイスコマンド、電話を受ける、電話をかける事が出来るもの。


クイックシフターはクラッチレスでシフトアップ、ダウン操作がスロットルを開けたまま出来るようになり、ローンチコントロール、ピットレーンリミッター、クルーズコントロールが装備される。エンジンはEuro4に適合するようになっており信頼性が向上しているという。エキゾーストシステムは新型で、エンジンECUも改められ、アプリリニアよると、500回転ほどエンジンが回るようになっているとのこと。


ピストンピンはDLCコーティングが施され、コンロッドヘッドはホーンング加工が施されている。燃焼室の製造方法が改められ、ギアボックスは新しいリニアセンサーを装備し、精度が上がっているという。


ブレーキはブレンボ製のM50モノブロックキャリパー、330mmディスクを装備し、ラジアルマスターシリンダーも装備する。リアショックはオーリンズのNIXリアショックとなる。

www.visordown.com