気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016 アラゴンGP2位ロレンソ「ヘルメットが幸運を運んでくれた」

Sponsored Link

当初は5位から7位くらいでの完走を予想していたというロレンソ選手ですが、終わってみれば2位を獲得しました。今回特別に使用した鮫のヘルメットが幸運をもたらしてくれたと語っています。 f:id:teletele916:20160926064059p:plain

Q

「今日は午前中に大きな転倒があり、その後のレースでは2位となりました。」

ホルヘ・ロレンソ

「なぜ転倒したかわからない大きな転倒でしたから、そこから立ち直るのは難しかったですね。多分フロントタイヤが冷えていたんだと思いますけどね。ですから今日は厳しいレース、5位から7位くらいでの完走だと思っていました。ただレースはポジティブな方向で驚かされました。転倒したバイクで感触が感じられなかったハードタイヤで自信が感じられるようになりました。最終的に選んだこのタイヤも最初は使うとは思っていませんでしたからね。(※予選後はミディアムを使うかもと話していた。)ハードタイヤを選んだのは直感です。この直感が2位を獲得してくれたんだと思います。」

Q

「ここではマルケスを負かすのは非常に難しかったと思いますが、マーヴェリック、ヴァレンティーノとのバトルもありましたね。」

ホルヘ・ロレンソ

「今日のレースは序盤は特に激しいレースでした。最初の3周は、マーヴェリック、自分、マルク互いに一歩も譲らずでしたね。互いにアグレッシブで順位を変えながらの走行でしたが、楽しかったです。その後レースは落ち着いてきてしまいましたが、リアのグリップがもう少し欲しかったですね。ヴァレンティーノをパスした後にマルケスにも追いつきたかったんですが、リアタイヤがスピンを初めてしまって、2位を確保する事にしました。」

Q

「最後にヴァレンティーノがアタックするのはわかっていましたが、結局彼がターン12でミスをしました。あのコーナーでは互いにどれくらい接近していたんでしょうか?」

ホルヘ・ロレンソ

「あれは非常に近かったですね。自分のペースが落ちてしまったので、彼に追いつかれてしまったんです。彼があそこでブレーキをハードにかけ過ぎたのはラッキーでした。その後ボードを見て+2となっていたので安心しました。」

Q

「次は3戦連続のレースとなります。日本、オーストラリア、マレーシアと続きますが、まずはヤマハのホームとなるツインリンクもてぎです。日本に関してはどう思いますか?」

ホルヘ・ロレンソ

「もてぎは勝利も沢山していますし、自分にとっては良いトラックです。ヤマハにもそうですし、フラットなトラックでバンプもほとんどありません。自分達は少しエレクトロニクスに手間取っているのがあって、スズキとホンダが追いついてきた事で、シーズン序盤にあったリードがなくなってきています。ただ競争力は感じていますし、今日という厳しい状況を乗り切る事が出来ました。もてぎでのレースを楽しみにしています。」

Q

「トップ2で完走するのは、ムジェロで勝利してから初めてですが、実に長かったですね。」

ホルヘ・ロレンソ

「実に長かったですね。このルールとタイヤという状況で、チャンピオンシップが少しクレイジーな形になって、多くのライダーが勝利しています。ただ、ミシュランのタイヤは良くなっていて、あらゆるコンディションに安全なタイヤを提供してくれるようになってきました。これでコンスタントに走れるようになり、転倒も減ってきましたね。」

Q

「今日はSHARKの特別ヘルメットですが、鮫だけに大きくかぶりついたという感じでしょうか。」

ホルヘ・ロレンソ

「温かい気候だったし雨も降りそうでしたからね。ただ、結果的には多くの幸運をもたらしてくれました。実際のところかなり悪いレースになると予想していたんです。このヘルメットを使用するのはあまり良いタイミングではないと思っていたんですけど、最終的には良かったですね。」

Q

「日本にむけて何かありますか?」

ホルヘ・ロレンソ

「今はちょっとわからないですね。」

Remove all ads