Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016ミシュラン サンマリノGP決勝プレスリリース

MotoGP2016 サンマリノGP ミシュランタイヤ

Sponsored Link

ミシュランタイヤによるサンマリノGPの決勝プレスリリースをお届けします。 f:id:teletele916:20160914005058j:plain ミシュランの新しいフロントタイヤは今日の午後に素晴らしい働きをし、ダニ・ペドロサがイタリア ミサノで開催されてサンマリノGPにおいて素晴らしい勝利を飾った。ペドロサは8番グリッドからスタートし、ファステストラップを何度も記録しながら、順位をあげていった。 彼はミシュランのパワースリック ソフトコンパウンドをフロントに使用。このタイヤをフロントに選んだ2人のライダーのうちの1人だった。ペドロサの勢いは止まらず、残り7周の段階でレースリーダーのヴァレンティーノ・ロッシを捉える。

f:id:teletele916:20160914005454j:plain ペドロサの勝利は、このサーキットで初めて1:32秒台でのファステストレースラップレコードとなっただけでなく、以前のレースレコードを22秒も短縮するというもので、さらに今シーズンのMotoGPにおいて8人目の優勝ライダーとなった。これは最高峰クラスのレースが始まって以来の出来事だ。 f:id:teletele916:20160914005546j:plain ロッシはペドロサにつづいて2位を獲得。4位で完走したマルク・マルケスとのチャンピオンシップにおける差を詰めた。ロッシはミディアムのフロントタイヤにミディアムのリアタイヤを選択。一方マルケスはハードのフロントタイヤにミディアムのリアタイヤという選択だった。これは、ミシュランの異なるコンパウンドのタイヤが様々なライダーにしっかりと使用されたという事を示すものでもある。


3位表彰台を獲得したのはホルヘ・ロレンゾ。彼は2輪における最速ラップとなる1:31秒台を4,226mのミサノ・サーキットにおいて土曜日に記録し、ポールポジションを獲得。5位シルバーストーンで優勝したマーヴェリック・ビニャーレス。その後にアンドレア・ドヴィツィオーゾ、ミケール・ピッロが続いた。ピッロはフロントにソフトを選んだもう1人のライダーである。カル・クラッチローは8位となり、ポル・エスパルガロが9位を獲得した。アルヴァロ・バウティスタが10位となってる。 (※原文ママですが、クラッチロー選手はショートカットのペナルティを食らってタイムが加算され、9位、エスパルガロ選手が8位となっています。)


レース当日の観客動員数は記録的な100,496人となり、イタリアの太陽により、気温は28℃、トラック温度は43℃となった。高温にも関わらずミシュランのタイヤは激しいストレスに耐え、イベント全体を最適なパフォーマンスで支えた。ミシュランとMotoGPパドックはスペインへと向かい、9月25日から第14戦アラゴンGPを迎える。

ダニ・ペドロサ

f:id:teletele916:20160914005632j:plain 「今週末にこうした結果を得ることが出来て本当に興奮しています。リズムはずっと良くて、レースでもこうしたリズムで走れたのは最高です。今日はミシュランにタイヤに素晴らしいフィーリングを感じて、トップとのギャップをカバーして前をいくライダー達と戦う事が出来ました。この勝利をチームに捧げたいと思います。今日は全体のパフォーマンスに非常に満足しています。次のレースでも同じ結果を得たいですね。」

ニコラ・グベール

「今日はここ8戦で8人目の優勝ライダーを迎える形になり、これはシーズン開幕には全く予想していなかったことです。我々の目的は、全てのライダー、全てのバイクにあらゆるコンディションで最高のタイヤを供給することです。こうした数多くのライダーが優勝しているのを見ると、この目的が達成出来ているように思います。ダニは今週末はずっと強い走りで、昨日の予選は彼の本当のポテンシャルを反映したものではありませんでした。ただ今日のレースでは彼は素晴らしいパフォーマンスを発揮し、ソフトのフロントタイヤの性能をフルに発揮し、彼自身今シーズン初となる優勝を遂げました。」

「ここでの我々のタイヤの性能については満足しています。今日は3種類のフロントタイヤ全てがライダー達に使用されました。ファステストラップを記録し、ラップレコードを破ったというのはとてもポジティブな内容です。しかしこれほど要求が厳しいコンディションで耐久性とコンスタントを発揮したというのは素晴らしい褒章であると言えましょう。今日はトラック温度が43℃で、この荒い路面はタイヤに多くを要求します。今回の結果は非常に嬉しい内容ですし、これを今シーズンのタイヤの進化の踏み石としたいと思います。これからアラゴンへと向かいますが、ここは天候が安定しないトラックです。しかし昨年MotoGPライダー達とテストを行っていますので、スタート地点として、ある程度良いデータが揃っています。」 f:id:teletele916:20160914005713j:plainf:id:teletele916:20160914005722p:plainf:id:teletele916:20160914005726j:plain
出典元:ミシュランタイヤ