気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ニッキー・ヘイデン「8耐は最低でも表彰台獲得が目標」

Sponsored Link

いよいよ今週は第38回"コカ·コーラ ゼロ" 鈴鹿8耐が開催となります。ホンダはスーパーバイクで活躍するヘイデン選手を迎え、昨年ヤマハに奪われた優勝を目指す形となります。

★ニッキー・ヘイデン「8耐は最低でも表彰台獲得が目標」

今回ホンダにとってはゴールをするという事が救いとなる。昨年の結果による失望のあと、ホンダは第38回"コカ·コーラ ゼロ" 鈴鹿8耐に参戦する。今回はHARC-PRO(ハルク・プロ)チームはニッキー・ヘイデンを起用する。アメリカ人ライダーのヘイデンが8耐に参戦するのは、今回13年ぶりとなる。ホンダがヘイデンに期待するのは、現在のタイトルホルダーであるヤマハの優勝を阻止すること。ヘイデンは先週のメーカーテストの後に日本入りしている。

ニッキー・ヘイデン

「こうしたレースに傘下するのは本当にエキサイティングです。ホンダは過去にこの大会で勝利を重ねていますからね。大きな挑戦になると思いますが、バイクに乗ってお客さんの熱狂を感じるのが待ちきれません。残念ながらこの2日間はあまり時間を取れていません。天候も芳しくなく、トラック上も混んでいたんです。チームワークが鍵になる難しいレースになると思います。最初から最適なセッティングを見つける必要があります。このレースの事は何年もずっと注目しています。ゴールは最低でも表彰台を持って帰ることですね。」


HARC-PROは高橋巧とマイケル・ヴァン・デル・マルクを起用。オランダ人のマイケル・ヴァン・デル・マルクは鈴鹿8耐をよく知る人物だ。彼は2013年と2014年に優勝を経験している。

マイケル・ヴァン・デル・マルク

「昨年は思ったようにいきませんでした。そのために目標は勝利することです。今回はニッキーとタクミをチームに迎えています。2人の経験あるライダーで、とても競争力が高いと思います。先週のメーカーテストは良い2日間でした。レースに向けてはもう少し準備が必要ですが、チームとして優勝出来るポテンシャルは十分にあります。」

www.gpone.com

Remove all ads