気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016ホルヘ・ロレンゾ 困難な状況の中で答えを探して

Sponsored Link

レインコンディション、路面温度が低い時にフロントタイヤへの自信が持てないという問題を抱えるロレンゾ選手。残りの9戦を戦う中でも似た状況が再び訪れる事もあるでしょう。問題を解決して後半戦には力強く戻ってきて欲しいものです。

★MotoGP2016ロレンゾ 困難な状況の中で答えを探して

ロレンゾはモントメロでゼロポイント、アッセンで心理的に苦戦。ドイツには落胆した状態で到着した。また別の失敗はさらなる挫折に繋がるが、カレンダーの中でも(彼にとって)最悪のサーキットで勢いを再び得るということは打ち勝ち難いタスクに思えた。。そしてその予想は当たった。ロレンゾがターン11で転倒したのは金曜の最初のセッション開始から僅か8分後だったが、彼のGPウィークエンドはこの時点でどうなるかが宣告されてしまった。彼のこの転倒からザクセンリンクでリズムに乗ることはなかった。いかなるセッションでも結果を残せず、Q1以外でトップ10になることは無かった。何かがいつもの彼とは違った。


「何かをしなければいけません。何かはわかりませんが、何かをしなければ」と彼は日曜の午後に15位でレースを終えた後に語った。この”何か”は濡れた路面の上で戦う為に、M1の上で十分な安心感を感じるという能力だと彼は言及していた。

ホルヘ・ロレンゾ

★MotoGP2016ロレンゾ 困難な状況の中で答えを探して

「何かをしなければいけません。何をすべきかはわかりませんが、問題が自然と解決するのを待ちながらジムの中でトレーニングしているよりは良いでしょう。今の段階ではウェット路面での走行について鍛え直す必要があります。トラックを濡らして小さいバイクで練習すれば良いのかどうなのかわかりません。これが助けになるのかわかりませんが、フィーリングを取り戻すために今見えている唯一の解決策です。」


現在のロレンゾの状況を昨年の同時期と比較すると、全体の順位に関しては変わりがない。 マルケスでは無くヴァレンティーノ・ロッシの後ろという点が異なるが、昨年も暫定2位という状況であった。 しかし数値については大きく異なり、2015年には166ポイントを稼いでおり、ポイントリーダーとの差は13ポイントだった。今シーズンの数値は122ポイントで、ポイントリーダーとの差は48ポイントとなっている。

Q

「チャンピオンシップはもう決まりでしょうか?」

ホルヘ・ロレンゾ

「いや、まだチャンピオンシップは終わっていないと思います。9戦で50ポイント以下ですから、いろんな事が起きる可能性があります。新しいエレクトロニクスとタイヤによっていつもよりも多くのミスが起こります。信じ続けなければいけないと思っています。ただ、まだ向上出来ると思っていますし、問題に取り組んでいれば、また再び競争力を取り戻せるでしょう。ミシュランタイヤでここまで苦戦すると思っていませんでした。でもこうした普通ではない状況では苦戦しているんです。多くの問題を抱えています。特に自信を持って止まること、コーナーの中で自信を持つために必要なフロントのフィーリングに関して問題を感じています。」


ロレンゾにとってこうした普通ではない状況というのは、急いで意思決定をしなければならない状況だ。彼が無敵な状態というのは全てがあるべき場所に収まっている時であり、アッセンやドイツで起きたような状況に直面すると、彼はバランスを崩すことになる。ロレンゾのライディングスタイルでは特にフロントタイヤに絶対の信頼を必要とする。濡れた路面、冷えた路面で彼が必要としているタイヤへの信頼を、彼はミシュランタイヤには持っていない。これは彼がミシュランが世界選手権に戻ってくるのを誰よりも望んでいた1人である事を考えるとパラドックスであると言える。


「ええ。シーズンの最初ではミシュランであればさらに自信を持てるだろうと言っていました。ブリヂストンよりもプッシュ出来るだろうし、さらに速くなれると思っていました。しかし全てが複雑なんです。特に特別な状況下ではね。雨だったり路面が冷えていたり。。ザクセンリンクでの週末は色々な理由から災難でした。ポジティブでいるために作業をしなければいけませんし、より完璧なライダーになって、いかなるコンディションでも速くなければいけません。」


★MotoGP2016ロレンゾ 困難な状況の中で答えを探して

ドイツとオランダの過去2戦は、ロレンゾにとっては悪夢だった。アッセンでは10位で6ポイントを獲得。ザクセンリンクでは15位で1ポイントという状況だ。ロレンゾがボロボロのレインタイヤでトラックを這いずりまわっている間に、マルク・マルケスは完全にレースを支配した。「マルケスは時分がウェットタイヤを履いている時にスリックで抜いていきました。あれはムジェロで負かしたマルケスと同じです。チャンピオンシップにおける状況は変わり得ますよ。」とロレンゾは語る。


「実際のところ、ミシュランタイヤを履いて冷たい雨の中で、ここまで悪い状況になるとは思っていませんでした。速く走ろうとした時にそれを妨げる「フロントへの自信」という問題があるという事がわかり、驚きました。これが他の選手とは大きく異る自分のライディングスタイルによるものか、何か別のものなのか理解する必要があります。もしそうであれば、特定のトレーニングが少し助けになります。もちろんトレーニングで使用しているバイクはMotoGPのバイクからは大きく異なりますけどね。ただ、感じとる事を素早く学ぶ事が出来ます。人生の中では、時には予想もしない問題に直面するものです。それが過ぎ去るのを待って良い状況になるのを待つことも出来ます。もしくはそれに向き合って何かをしようとするかです。


落ち込んだ状態だが完全に終わったわけではない。ホルヘ・ロレンゾは今、夏休みを迎えている。しかしワールドチャンピオンにとっては夏休みではなく、彼の問題の解決方法を探すことだ。ロレンゾが乗り越えるべき極限の状態に直面したのはこれが初めてではない。今までのところ、彼は今まで以上に力強く帰ってくる。ロレンゾがこの困難に負けるという事には賭けないほうが良いだろう。

pecinogp.com

Remove all ads