Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★BMWモトラッド 4年連続で1−6月の販売記録を更新

BMW その他ニュース

Sponsored Link

BMWモトラッドの勢いが止まりません。1−6月までの2016年前期で80,754台のバイクとマキシスクーターを販売し、4年連続での1−6月の販売台数の記録を更新しました。ヨーロッパではスペインが22.6%増、アジアでは中国が74.3%増、タイで62.6%増と凄まじい伸びを見せています。それにしても、年度の前半と後半に上手く数字が上乗せになるタイミングで新車を市場へ投入するという見極めには本当に関心させられます。

★BMWモトラッド 4年連続で1−6月の販売記録を更新

BMWモトラッドは2016年前期を4年連続での売上増加という形で締めくくった。80,754台のバイクとマキシスクーターが全世界のお客様の元に6月にまでに届けられている。(昨年同時期は78,418台) 昨年同時期と比較してこれは3%の増加となる。最初の6ヶ月で8,0000台以上の車両を販売出来たのはBMWモトラッドにとっては初めてのこと。6月単体では14,933台(前年は15,490台)の販売となり、これは前年同時期と比較して-3.2%となった。

BMWモトラッド Sales and Marketing ヘイナー・ファウスト

「2016年6月に4年連続での6ヶ月間の販売記録を更新する事が出来ました。また、同時に80,000台ものバイクとマキシスクーターをお客様の元に届ける事が出来ました。こうした素晴らしい結果を元にして、年間での販売記録もまた同様に達成したいと考えています。」


この大きな成長は主にヨーロッパ市場の伸びによるところが大きい。スペイン(+22.6 %)、イタリア (+6.9 %)、そしてフランス(+5.6 %)となっている。市場が小さい南東ヨーロッパもまた好ましい伸びを見せている。中国市場はBMWモトラッドにとって販売台数の面で大きく成長するポテンシャルを見せている。昨年同時期と比較した場合、販売台数の増加は74.3%で2,388台となった。タイでのセールスは(+62.6 %)、日本は(+10.4 %) となり、同様に昨年同時期の数字を上回った。


ドイツは伝統的にBMWモトラッドにとって最大の市場であり、販売台数は13,792台(+2.0%)となった。また500ccの関連セグメントの中ではBMWモトラッドは、スペイン、オーストリア、ベルギー、オランダ、ロシア、ブラジル、南アフリカ市場のリーダーという立場となっている。


世界中で最も知られているエンデューロマシンであるR1200GSは、BMWモトラッドの中では最大の売れ筋モデルであることは変わりない。4年連続での販売増加となり、その販売台数は前年に較べて3.8%増となり、合計で14,630台が販売された。兄弟モデルのR1200GSアドヴェンチャーは同様に販売台数を伸ばし、3年連続での販売台数増加を達成。11,732台(+12.5 %) が最初の6ヶ月で販売された。 なおこの6ヶ月で販売された全てのボクサーGSタイプの車両の44.5%は、アドヴェンチャータイプの車両であった。


3番目に売れたモデルはアドヴェンチャーモデルであるS1000XRで5,480台。4番目に売れたのはスーパースポーツバイクであるS1000RRは5,291台となった。なお両者はハイパフォーマンスの4気筒エンジンを搭載している。ツーリングクラシックモデルであるR1200RTは5,123台となり5番目、カスタムバイクであるR nineTが4,629台と6番目となった。このクラシックボクサーエンジンのバイクは販売台数に関しては予想数字を大きく超えていた。C650マキシスクーターも昨年より販売台数を伸ばした。6月までに5,259台の販売となり (+73.2 %) これに加えてBMW Cエヴォリューションエレクトリックスクーターも同時期に較べて1.4%の成長を見せた。

BMWモトラッド Sales and Marketing ヘイナー・ファウスト

「よりタフで競争が激しい状況でしたが、我々の2つのトップセラーであるR1200GSとGSアドヴェンチャーは市場の中で大きな存在感を発揮しました。過去2年間の他のニューモデルもまたセールスに大きな貢献を果たしました。我々のスポーティーなSモデルであるS1000XRとS1000RRは、販売台数ランキングの中で3位と4位となりました。またC650マキシスクーターは年度の変わり目に登場したモデルですが、お客様に非常に好感を持って受け止めていただいたようです。この結果は我々の魅力的なモデルラインナップのおかげであることは言うまでもありません。」


2016年後期に関してはBMWモトラッドは現行ラインナップに対する確かな需要が続くものとみており、同時にBMWヘリテージの世界を体感させる新型のR nineTスクランブラー(市場ローンチは2016年9月から)がセールスに刺激を与え、新型のG310R(市場ローンチは2016年10月)、ボクサーシリーズ、Fシリーズのフェイスリフト(※マイナーチェンジ)が後押しするものと予想している。


出典元:BMWモトラッド