気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016 ジャック・ミラー「来年もこのチームで走れるのは幸せ」

Sponsored Link

前回の雨のアッセンを制したジャック・ミラー選手がMarc VDSで2017年も走る事になりました。ホンダと3年契約だったために他に行く可能性は極めて低かったわけですが、結果がようやく残せたことでホットした部分もありそうですね。

★MotoGP2016 ジャック・ミラー「来年もこのチームで走れるのは幸せ」

直近のレースでの勝者であるジャック・ミラーは2017年もMarc VDSホンダで走行する。ミラーは2015年にMoto3からダイレクトにMotoGPに加入。3年契約で2016年シーズンにLCRからVDSへとチームを変更した。ミラーはポイント上で20位、先月のアッセンにおいて初めての勝利を遂げているものの怪我も経験している。現在はチャンピオンシップ13位となったミラーはこう語る。

ジャック・ミラー

「本当にチームの中に家族を感じているので、2017年もこのチームで走ることが出来るというのは嬉しいですね。彼らも自分の事を好いてくれているみたいだし、全てが良い感じで動いています。今は本当に幸せですね。自分のパーソナリティを楽しんでくれるチームなんですよ。特別なチームですね。彼らは本当にオープンでレースに関するあらゆる事で助けてくれるんです。最高ですよ。」


彼のチームメイトのティト・ラバトも2016年に苦しんでいるが、2017年も継続すると見込まれている。アレイシ・エスパロガロが2017年にスズキからアプリリアへと移籍する事がダッチTTの終末において発表されたが、これがファクトリーライダーの移籍に関しては最後の発表となった。


現在の注目はサテライトチームに集まっている。テック3はヨハン・ザルコとの契約を発表すると予想されており、この発表はドイツグランプリ前の7月15日から17日に発表されると見られている。 これによって3つのDucatiサテライトチームが最後に残るが、スコット・レディングとダニロ・ペトルッチはPramacに残るものと考えられている。(※この記事が発表された時点ではPramacの発表はまだでした。)


アプリリアから放出されるアルヴァロ・バウティスタはAsparに加わると噂され、ユージン・ラバティは現在使用している1年古いGP14.2からマシンのアップグレードが出来ない場合、2011年から2014年に13勝を遂げたWSBKへの復活が噂されている。ヘクトル・バルベラはAvintiaでレースを続けると予想されており、ロリス・バズの将来は未定だ。

www.autosport.com

Remove all ads