Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★サム・ロウズ アプリリアのMotoGPマシンテストはアッセンの後

Sponsored Link

目下のところファクトリーチームとしてはアプリリアが最も遅いわけですが、2017年は果たしてどうでしょうか。ロウズ選手はアプリリアはこれから良くなる方向にしか進まないと前向きですが、果たしてアプリリアへの移籍という選択が吉と出るでしょうか。

★サム・ロウズ アプリリアのMotoGPマシンテストはアッセンの後

Moto2でタイトル争いをするサム・ロウズはアッセンの後にアプリリアのMotoGPマシンをテストするようだ。オランダGPは6月の24日から26日に開催され、6月終わりから7月にかけて行われるとされているテスト時期と重なる。初めてのRS-GPでの走行を前に、現在アレックス・リンスに8ポイントのリードを許しているロウズは、MotoGPバイクの操縦の違いは大きいと思うとMotoGPサイトに語っている。

サム・ロウズ

「より大きな馬力と協力なストッピングパワーです。タイヤの違いもあります。でもこれはクラスを変えれば普通の事ですからね。今のところは考え過ぎないようにしようと思っています。ただ乗って楽しもうと思っています。」


彼は今週イタリアに向かい、Kalexでのウインドトンネルのテスト、そしてその後アプリリアに向かう。ワールドスーパースポーツのチャンピオンである彼は2015年にグレシーニのMoto2チームで過ごした後、アプリリアMotoGPとの2年契約にサインをしている。パドックの噂ではその後いくつかのMotoGPチームがロウズの獲得を目指していたようだが、彼はそんな事はないと語る。


「自分としては今回の契約には本当に満足しています。これは本当に素晴らしいオプションでした。アプリリアはこれからは良くなる方向にしか進みません。リンスやザルコを見ると彼らも来年MotoGPに参戦するようですが、彼らは自分ほど良いポジションにはつけないですよ。本当に嬉しいですね。素晴らしいパッケージ、チームがありグレシーニもついています。こういう状況でMotoGPに参戦出来るのは素晴らしいですね。マルケスやロッシと一緒のチームで走りたいと思うものですが、自分にとってはアプリリアと昨年に契約を交わして以来、他のオプションは一切目に入りません。」


いまのところロウズとジョナス・フォルガー(テック3)がMoto2のライダーとして正式に来年MotoGPクラスに参戦するライダーだが、リンスはスズキに、ザルコはテック3に加入すると見られている。


「彼らもMotoGPクラスにステップアップ出来ると良いですよね。それに来年はKTMもいます。全くプレッシャーは感じていないんです。MotoGPで走る事は間違いなくプレッシャーなんですが、自分達は出来る限り最高の事をするだけです。彼らが一緒にライバルとして走ってくれると良いですね。そうでないと自分がどれくらいよくやっているのか比較出来ませんから。」


ロウズのチームメイトはまだ発表されていない。ステファン・ブラドルかアルヴァロ・バウティスタが残るものと思われていたが、最近になったアレイシ・エスパロガロがアプリリアに加入するのではないかと言われている。

www.crash.net