気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016 KTM ミカ・カリオ「シャーシにポテンシャルを感じる」

Sponsored Link

当初はKTMで2017年にファクトリーライダーとしてMotoGPに参戦したいというような事を語っていたカリオ選手ですが、残念ながら現状その道は絶たれてしまいました。RC16は徐々に仕上がってきたようにも思えますが、今のところ唯一のトラスフレームのMotoGPマシンですのでポテンシャルのほどは未知数です。

★MotoGP2016 KTM ミカ・カリオ「シャーシにポテンシャルを感じる」

KTMテストチームのカレル・エイブラハムと新たに加わったテストライダーであるミカ・カリオはKTMのRC16 MotoGPバイクのテストをチェコのブルノサーキットで成功裏に終わらせた。オーストリアのKTMの生産向上からほど近いこのサーキットで、2人のライダーは厳しいテストメニューをこなした。カリオはバイクが遂に彼が求めているようなものになってきたと語る。

ミカ・カリオ

「ブルノでのテストはミサノでのテストよりも良かったですね。自分がそう願っていたようになってきましたし、乗りやすくなってきました。まずはエレクトロニクスが上手く機能するようになってきましたし、フロントフォークに変更を加えた事でバイクが曲がりやすくなりました。ただ今最もポテンシャルを感じているのはシャーシですね。多くテストをこなすことで理解が進んできて、いかに個々の変更が互いに影響を及ぼすのかがわかるようになってきました。まだまだやることは多いですし、一夜では何も変わりませんが、テストをするごとに前進しています。」


また8月にMotoGPの開催地となるチェコは素晴らしい天候あり、KTMのオンロード部門テクニカルディレクターのセバスチャン・リッセは、すぐに結果がついてきたと語る。

セバスチャン・リッセ

「ミサノでは初めて素晴らしい天候で、大量のデータを回収する事が出来ました。テストの準備の為の時間はそこまでありませんでしたが、準備をしてブルノでいくつかの内容を試す事が出来ました。今回はフレームとスイングアームの剛性に関して進歩を遂げる事が出来ました。その他の分野に関してはエレクトロニクスで大きな進歩がありました。これにはこうしたトラックコンディションと、それに対応するタイヤが必要なんです。」


By Simon Patterson

www.motorcyclenews.com

Remove all ads