Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016ミシュラン ムジェロGP決勝プレスリリース

Sponsored Link

ミシュランタイヤによるムジェロGPの決勝後のプレスリリースをご紹介します。ロレンゾ選手も今回はパフォーマンスアップしたタイヤに関して満足というコメントを出しています。イアンノーネ選手も最終ラップでファステストラップを記録しており、プレスカンファレンスでもミシュランタイヤの性能アップに感謝のコメントを述べています。来週のカタルーニャGPでも同じようなレース展開になれば、ミシュランにとっても選手にとっても最高ですね。

★MotoGP2016ミシュラン ムジェロGP決勝プレスリリース

ホルへ・ロレンゾは素晴らしい2連勝をイタリアのムジェロで果たした。なお、ロレンゾはミシュランの新しいハード、ソフトコンパウンドのタイヤを使用して最終ラップで限界までプッシュ、フィニッシュラインを通過するギリギリで勝利を収めた。ロレンゾはこの日5番手グリッドからスタート。ミシュランの新しいミシュランパワースリックのハードコンパウンドをフロントに、リアにソフトコンパウンドを使用。これも同様に今シーズンで使用されたのは初めてとなった。

★MotoGP2016ミシュラン ムジェロGP決勝プレスリリース

ロレンゾは素晴らしいスタートの後、9度の世界タイトル保持者であり昨日ポールポジションを獲得したヴァレンティーノ・ロッシからのプレッシャーを受けながらもレースをリード。ヤマハのチームメイト同はロッシが不幸なテクニカルトラブルによってリタイアするまで8周にわたり激しくバトルを展開した。しかしレースはそれで終わらず、ホンダのマルク・マルケスが現在のワールドチャンピオンであるロレンゾを残り周週の段階で捉える。

★MotoGP2016ミシュラン ムジェロGP決勝プレスリリース

2人はムジェロの山々の中で歴史的なバトルを展開。そして最終的に息を飲むような最終ラップを迎えた。マルケスはロレンゾを抜きにかかり、ロレンゾが再び抜き返す。マルケスはその後ストレート上でロレンゾを抜き返す事は出来なかった。マルケスは勝利を掴んだかに見えたが、ロレンゾはミシュランタイヤから素晴らしい加速力を引き出して最終コーナーを立ち上がり、フィニッシュラインでマルケスを交わし、0.019秒差でレースに勝利した。ロレンゾの勝利タイムは41分36秒.535となり、昨年の勝利タイムよりも2分30秒以上も早かった。そしてこのタイムはムジェロの2012年のレースレコードを1秒以上上回るタイムだった。

★MotoGP2016ミシュラン ムジェロGP決勝プレスリリース

今回の勝利は彼にとって今シーズン3度目の勝利となり、チャンピオンシップのリードをマルケスに対して10ポイント広げた。3位を獲得したのは地元のアンドレア・イアンノーネ。イアンノーネはスタートに失敗しこれによって彼は5つ順位をロスし、そこからの追い上げとなった。イアンノーネは最終ラップにファステストラップを記録。厳しいサーキットであるムジェロでミシュランパワースリックの耐久性を証明した。

★MotoGP2016ミシュラン ムジェロGP決勝プレスリリース

ダニ・ペドロサはホンダで堅実なレースを展開し4位を獲得。彼の後ろにはもう一台のDucatiであるアンドレア・ドヴィヅィオーソが続いた。6位はスズキのマーヴェリック・ビニャーレス。ブラッドリー・スミスが7位となり独立チーム最高位となった。地元が応援するもう一人のライダーであるダニロ・ペトルッチは8位。アレイシ・エスパロガロとミケール・ピッロは9位、10位となった。カラフルな観衆は100,640に達し、ムジェロでの最多動員記録となった。イタリアの照りつける太陽によって気温は26℃まで上昇。トラック温度は40℃まで上昇し、最も暑い週末となった。最新のミシュランパワースリックはこのタイヤに厳しい極限の状況で素晴らしいパフォーマンスを発揮。ミシュランはシーズンを過ごすごとに各サーキットでパフォーマンスを向上させている。次のレースはバルセロナに程近いモントメロでのカタルーニャGPとなる。MotoGPパドックの激しい戦いは6/5に再び始まる。

ホルヘ・ロレンゾ

★MotoGP2016ミシュラン ムジェロGP決勝プレスリリース

「今日はタイヤのパフォーマンスに関して本当に満足しています。最終ラップで前の周に比べて少しスライドするようになりましたけど、ヘレスであったようなストレート上での問題(※ストレート上でタイヤがスリップする)は見られなくなりました。本当に素晴らしいレースウィークでした。接戦でしたし、皆さんにとっても素晴らしいショーになったと思います。マルケスに対してもチャンピオンシップで10ポイントリードとなりましたし、非常に嬉しいですね。」

ニコラ・グベール

「我々にとっても素晴らしいレースウィークとなりました。レースタイムもレコードタイムよりも短かったですし、最終ラップにイアンノーネがファステストラップを記録し、これはレースのラップレコードにも非常に接近したものでした。これは昨日のロッシの予選タイムにしても同様で、彼のタイムもトラックレコードから100分の1秒程度遅いものでしたね。私達にとって全てが上手い具合にいきました。転倒もありませんでしたし、これはフロントタイヤによるものでしょうね。ほぼ全ての選手が新しいフロントタイヤを使用した今日において、これは非常に重要なことでした。さらに技術を発達させていくなかで、これは大きな自信となりました。今回前進を遂げることが出来、次はカタルーニャに向かいます。カタルーニャでは(※レース終了後の)月曜日にテストを行いますが、レース全体が今回のようなものになれば本当に嬉しいですね。

★MotoGP2016ミシュラン ムジェロGP決勝プレスリリース

★MotoGP2016ミシュラン ムジェロGP決勝プレスリリース

★MotoGP2016ミシュラン ムジェロGP決勝プレスリリース



出典元:ミシュランタイヤ